2010年05月27日

日本の防疫

日本の防疫

 わが国はOIEの口蹄疫清浄度区分でも最も高い清浄度に位置付けられている。このため,国際家畜衛生規則による輸入相手国の口蹄疫清浄度に応じて,農畜産物に輸入禁止,条件輸入などの制限措置を講じ,その清浄度を維持している。また,同時に関連法規に基づいて厳重な検疫体制が敷かれている。しかし,万一わが国で口蹄疫が発生した場合には,「家畜伝染病予防法」(法律第166号,昭和26年5月31日)並びに「海外悪性伝染病防疫要領」などの関連法規に基づき,移動制限と殺処分方式を基本とする防疫措置がとられる。病性決定までの措置や決定後の措置などもこの防疫要領に定められている。

 それによると,患畜及び疑似患畜はすべて殺処分と埋却あるいは焼却する。疑似患畜には,患畜と同居する感受性動物の全てと,口蹄疫の伝播において発生農場と関係のある飼養施設の感受性動物全てが対象になる。口蹄疫の伝播はきわめて早いので,発生した場合に最も重要なことは,可能な限り早期に発見して,発生農場の家畜を移動禁止とし,病性が決定したら早急に殺処分して,蔓延防止を図る。汚染飼料,畜舎及び汚染の可能性のある全ての器具,資材も消毒または焼却する。発生時に防疫資材として使用する消毒液には,安価で大量に調達できる確実な消毒液が望ましく,2%苛性ソーダや4%炭酸ソーダ(いずれも工業用で可)などが適している。一方,蔓延防止のために発生地を中心にした段階的な移動制限措置がとられる。患畜と疑似患畜の所在する発生地では,48時間を越えない範囲で通行遮断が実施できることになっている。また,発生地から半径20Km以内を汚染地とし,最終発生例の措置後3週間までの範囲で牛や豚など感受性家畜の移動を禁止,家畜市場や食肉センター等を閉鎖する。さらに,発生地から半径50Km以内を警戒地域とし,初発後3週間以内の範囲で牛,豚,緬山羊などの感受性家畜の域外への移動を禁止する。こうした蔓延防止措置はきわめて重要かつ有効であるが,その実施に当たっては綿密な追跡調査の結果に基づいて実施される必要がある。

 ワクチンの使用は国が必要と判断した場合にのみ指示によって使用することができる。このため,わが国では不測の事態に備えて近年の流行株の抗原性状を勘案してワクチンが備蓄されている。しかし,上述したように口蹄疫ワクチンは不活化ワクチンで,その効果は,例えば豚では豚コレラワクチンの様に優れたものではない。また,ワクチン製造に用いているウイルスの抗原性が,流行株と同一である確率は理論的には低く,著しく異なる場合には効果がないか,あっても弱いので感染を阻止できないという問題や,ワクチンによる免疫成立までに日数を要するなどの問題がある。さらに前述したように,免疫持続期間が比較的短いこと,幼獣の免疫応答が弱いこと,ワクチン接種後の抗原変異や移行抗体の問題など多くの問題もある。また,ワクチン接種しない清浄国の地位を保つことが,畜産物の国際競争力を維持できるという経済的な理由もある61)。このため,ほとんどの先進国では,口蹄疫の発生があった場合にも迅速な殺処分を防疫の柱とし,ワクチンの使用は,発生が多く殺処分のみでは防疫が間に合わない場合に一時的に地域を限定して蔓延を防止する,いわゆる周辺ワクチネーション(戦略ワクチン)を実施することにしている5,36,87,94)。この方法は,清浄国に復帰するまでの期間を短縮し,その経過を容易にするためでもある。さらに,ワクチンを接種した動物は,ウイルスの感染を隠すため,接種動物は移動を禁止して発生が終息した時点で淘汰する方法がとられる85)。このため,防疫のためであってもワクチンを使用した際には,OIEは清浄国への復帰条件として病原並びに血清学的な全国調査を義務付けている85)。こうした事態に備えてすでに家畜の個体識別制度を導入した国や地域もある36)。このように,清浄国で発生時の緊急防疫のために使用するワクチンは,OIEが国際衛生規則で定めている清浄国への復帰条件を見据えて使用されるべきものである。



 口蹄疫には,伝染力が強い,宿主域が広い,早期発見が難しい,及び,ワクチン効果に限界があるなどの防疫上の基本的な問題があり,世界の畜産業にとって,輸出国,輸入国のいずれの立場でも,最も重要な家畜伝染病に位置付けられている。このため,農産物の流通を著しく制約する口蹄疫に対しては,汚染地域では周辺国との協力で広域の清浄化計画が進行中であるとともに,清浄地域では周辺国あるいは経済圏単位で共通の防疫対策がとられている。一方,わが国は世界でも最大級の畜産物輸入国であると同時に,国際的には依然相当数の飼養家畜を有する畜産国でもある。こうした状況下で,口蹄疫が侵入,蔓延して防疫に手間取るような最悪の事態を想定すれば,国内畜産業は多大の直接的な経済被害を受けるばかりでなく,現在制限されている地域の畜産物との内外価格差を考慮すると,わが国の畜産業全体が極めて厳しい立場におかれる恐れがある。ワクチンを使用しない完全な口蹄疫清浄国の立場を保つことが,国内畜産業の安定の前提になっている。従って,万一本病が発生した場合にも,被害を最小限にとどめ常在化させることのないよう,口蹄疫の病性を理解し迅速,的確な対応をとる必要がある。

(動衛研論文より引用)
ニックネーム りぼん。パパ at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際獣疫事務局のこと。

OIEの概要
概要
国際獣疫事務局は、1924年に28カ国の署名を得てフランスのパリで発足した世界の動物衛生の向上を目的とした政府間機関で、2010年2月現在175の国と地域が加盟しています。我が国は1930年1月28日にOIEに加盟しました。この時の加盟条約において日本語で「国際獣疫事務局」と記載されています。

国際獣疫事務局はフランス語で「Office International des Epizooties」で、その頭文字を取ったOIEの略称とロゴが使われています。また、2003年には、通称として「World Organisation for Animal Health」を使用することが決まりました。

OIEの作業対象は設立以後拡大してきており、現在では動物衛生のみならず、食品安全及びアニマルウェルフェアの分野も作業対象に含まれています。また取り扱う動物も、哺乳類、鳥類、蜂、魚類、甲殻類及び軟体動物に加え、2008年に両生類が対象となりました。



OIEの目的は以下の6つです。

世界で発生している動物疾病に関する情報を提供すること。
獣医学的科学情報を収集、分析及び普及すること。
動物疾病の制圧及び根絶に向けて技術的支援及び助言を行うこと。
動物及び動物由来製品の国際貿易に関する衛生基準を策定すること。
各国獣医組織の法制度及び人的資源を向上させること。
動物由来の食品の安全性を確保し、科学に基づきアニマルウェルフェアを向上させること。



ニックネーム りぼん。パパ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺処分 国に強制力 与野党合意 特措法案成立へ

口蹄疫対策 殺処分 国に強制力 与野党合意 特措法案成立へ
2010年5月27日 00:07 カテゴリー:社会 九州 > 宮崎
 宮崎県の「口蹄疫(こうていえき)」問題で、民主、自民、公明の3党は26日、農林水産大臣が指定した地域では牛や豚の殺処分を国が強制的に行えるようにすることなどを柱とする「口蹄疫対策特別措置法」を今国会で成立させることで合意した。27日の衆院本会議で可決し、28日の参院本会議で可決、成立すれば、同日施行される。

 法案は2012年3月末までの時限立法。特措法に伴う必要経費は約1千億円の見込み。この間に、家畜伝染病予防法の見直しを求める。

 法案は26日の衆院農林水産委員会(筒井信隆委員長)に委員長提案され、可決した。自民党と公明党がそれぞれ提出していた法案は取り下げた。

 法案では、口蹄疫のまん延を防止するため、国が家畜の殺処分が必要と指定する地域内で、県知事が家畜所有者に処分を勧告でき、従わない場合は、県知事が獣医師に処分を強制できる。県知事が応じないなど必要な場合には、農水大臣が処分措置を実施できるとした。

 殺処分の遅れの原因になっている埋却に関しては、埋却地の確保と人員の派遣を国が行うことも明記。指定した地域内を通行する車両や物品の消毒を義務付けた。

 現行の家畜伝染病予防法では、通行者への消毒規定がなく、健康な家畜へのワクチン接種後の殺処分には所有者の同意が必要だった。さらに、埋却地は、農家が自ら準備し、処分も農家が行うとなっていた。このため、埋却地が見つからず、殺処分の遅れが感染の拡大を招くという悪循環が起きていた。

 特措法案は、勧告に従って家畜を殺し、損失を受けた所有者に対し、県は生産費と損失を補てんし、最終的に国が全部または一部を負担すると明記。農家の経営と生活安定のため、必要資金の無利子貸し付けや設備などの費用助成、基金の設置を行うとしている。

 殺処分などに伴う費用についても、農家が実質的に負担が生じないよう、必要な措置を講じ、県の負担分も国が補てんするとした。

=2010/05/27付 西日本新聞朝刊=

ニックネーム りぼん。パパ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

宮崎県が心のケア

「処分の牛、鳴き声つらい」宮崎県が心のケア
5月26日17時37分配信 読売新聞

 家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で、宮崎県は農家や周辺住民の心のケアに力を入れている。

 県内各地の保健所などに電話相談の窓口を開いており、感染の恐怖や被害拡大の罪悪感にさいなまれる農家などから相談が寄せられている。高齢者や独り暮らしの農家に対しては、自治体が直接電話をかけ、こころの健康を確認する取り組みを始めることも検討している。

 県障害福祉課によると、相談窓口は4月26日から県下10か所の保健所などに開設し、保健師が対応している。今月24日現在、7件の相談があり、「隣接農家が被災したが、自分のせいで感染が広がったかもしれない」「知人が外出できず、疲労していて心配」「処分された牛や豚のにおい、鳴き声がつらい」など、切実な声が寄せられているという。

 一方で、子どもたちへの影響も懸念される。県教委は、県内すべての公立小中高に対して、〈1〉農業高生や畜産農家の生徒に対する差別やいじめがないよう正しい情報提供の徹底〈2〉心のケアが必要な場合はスクールカウンセラーを活用すること――などを求める文書を各市町村教委を通じて配布した。今のところ、被害報告はないという。

 また、県は各市町村とも連携して、精神疾患を患う危険性が高いとされる高齢や独居の農家などへ電話をかけ、こころの健康状態を確認するケアの実施を検討している。発生地などを対象とする予定で、自治体の担当課の職員や保健師らが体調を聞き取る。

 県障害福祉課は「口蹄疫で緊張状態が続き、重いストレスにさらされているケースも多い。うつ病などに発展してしまう恐れもあり、こころのケアが大切だ」としている。 最終更新:5月26日17時37分


ニックネーム りぼん。パパ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口蹄疫対策、殺処分強制化へ 特措法成立で与野党合意

2010年5月26日 19時22分 ( 2010年5月26日 20時20分更新 )
口蹄疫対策、殺処分強制化へ 特措法成立で与野党合意
 宮崎県の口蹄疫問題で、民主、自民、公明の3党は26日、ワクチン接種後の殺処分を国が強制的に行えるようにすることなどを柱とした「口蹄疫対策特別措置法」を今国会で成立させることで合意した。法案は殺処分した家畜は国が評価額を全額補償することや、これまで各農家が確保することとされていた殺処分後の埋却用地を国や県が用意することも盛り込む方針。関連予算規模は約1千億円。


ニックネーム りぼん。パパ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンティックビルコンSの続き。

アンティックビルコンSは、今までは、豚舎から豚を放牧する。豚舎の清掃。水洗い>消石灰を撒く>床を乾燥させる>石灰を箒で集める>ビルコンSを500倍に薄めて、じょうろで、縦と横に、交差するように撒く>ある程度、床を乾かす>豚が豚舎に戻る。

と、言う手順でしたが、今の状況では、豚が、外へ、出しにくいので、豚舎を清掃>水洗い>床乾燥>豚が豚舎に入る。。豚舎周りと、入り口を、ビルコンSで、幅1mくらいで、500倍で床に撒く。

と、変わりました。

また、靴底を洗うバットは、100倍の液で、真っ赤ですね。

豚舎の空気中は、1,000倍で、霧吹きポンプで、散布するって、感じですね。

アンティックビルコンS   バイエル薬品  03−6266−7345

ビルコンSは、やはり毒ですので、豚が床を舐めたり、えさや飲水に、混ざらないように、注意しないと、いけません。
ニックネーム りぼん。パパ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特例だらけ。。

<口蹄疫>「区域外」処理も検討 早期出荷へ農水省
 宮崎県の家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)問題で、発生農場から半径10〜20キロの搬出制限区域内の牛と豚を早期出荷する新たな防疫対策を迅速に進めるため、農林水産省は県内7カ所の食肉処理センター活用の検討に入った。また、移動制限区域の牛と豚計約14万5000頭に対するワクチン接種は25日、98%が終了の見込みとなった。

 早期出荷の対象頭数は、未感染の健康な牛約1万6500頭、豚約3万2000頭。制限区域外の5施設を含む7施設での処理は、運搬車両の消毒を徹底し、関係自治体の理解を得て特例措置として運用する方針。

 搬出制限区域でも、精肉やハムの出荷は可能で、口蹄疫発生後も日向市にある豚の処理場は稼働している。移動制限区域(半径10キロ内)の都農町にある食肉処理場でも近く処理が可能になる。7施設合わせた1日の処理能力は牛約280頭、豚約5990頭という。

 一方、ワクチン接種後に殺処分される牛や豚の埋却地として、航空自衛隊新田原基地(新富町)の用地を活用することが決まった。山田正彦副農相が24日明らかにした。【石田宗久、小原擁】


口蹄疫ウイルスと口蹄疫の病性について


村 上 洋 介

農林水産省家畜衛生試験場ウイルス病研究部病原ウイルス研究室長


FOOT-AND-MOUTH DISEASE VIRUS AND THE DISEASE NATURE BY THE VIRUS


Yosuke MURAKAMI

National Institute of Animal Health, Tsukuba, Ibaraki 305-0856, Japan


感染動物はウイルス血症を起こすため,皮膚,臓器,筋肉,血液,リンパ節,骨などすべての組織にウイルスが含まれ感染源となる24,56,71,72,115)。一般にと殺動物では,死後硬直が始まり最大硬直期に至るまで,解糖産物である乳酸が筋肉内に蓄積してpHが低下する。このため,筋肉内に含まれる口蹄疫ウイルスは徐々に不活化される。牛の筋肉ではこの傾向が顕著で,牛の筋肉内pHは,2℃ではと殺後3時間で低下しはじめ,通常48時間でpH5.5近辺まで低下する(極限pH)11)。しかし,乳酸の生成によるpHの低下は豚肉では牛肉ほど明瞭なものではなく,さらに個体ごとにばらつきがみられる43)、4。豚の筋肉内pHは,実験成績では37℃では7時間以内にpH5.5まで下がるが,一般的なと体処理条件ではpH5.7以下にはならない場合が多い43)。筋肉をと殺後直ちに冷凍した場合にも,乳酸の生成は停止するのでウイルスは不活化されないことになる。また,大量のウイルスを含むリンパ節,骨髄,筋肉内の大きな血管に残存する血ぺいなどは,と殺後も乳酸によるpHの影響を受けないので,ウイルスは長期間残存する。牛の例では,リンパ節,骨髄,血餅中のウイルスは,4℃では3〜7ヶ月間不活化されていない71)。また,実験感染豚を用いて塩漬乾燥調理したハム,ベーコン,ハム脂肪及び付属骨髄には,ウイルスはそれぞれ182日,190日,183日,89日間生残する78,81,88)。(表5及び表6)

  表5.口蹄疫ウイルスの生存期間(1)

対象物
環境状況
生残期間
牛肉
4℃ 3日
-20℃ 90日
急速冷凍 240日
豚肉 1〜7℃ 1日
冷凍 55日
骨髄 (牛)1〜4℃ 30週
(豚)1〜7℃ 6週
腸管 (豚)1〜7℃ 250日
リンパ節 (牛)1〜4℃ 120日
(豚)1〜7℃ 70日
舌(牛) 冷凍 11年
牛乳 72℃,30秒 生残
堆肥(牛) 夏 1週
冬 24週
敷料(ワラ等) 4週
衣服,靴 夏 9週
冬 14週
飼料(ふすま) 20週
(乾草) 200日


(USDA, 1994より抜粋引用)

  

表6.口蹄疫ウイルスの生存期間(2) 対象物 環境状況 生残期間
内臓肉(豚) チルド 30日
内臓肉(豚) 冷凍 210日
パルマハム 170日
ラーノハム 182日
イベリアンハム 168日
イベリアンショルダーハム 112日
イベリアンロイン 42日
塩漬ベーコン 190日
ハム脂肪 183日
ソーセージ 56日
サラミ 7日


(FarezとMorley, 1997より引用)



口蹄疫1.pdf

口蹄疫は、ハム、冷凍食肉など、製品に混入すると、マイナス20度で、ウイルスは、5年以上、生存する。もちろん、その肉を解凍して、偶蹄目が食べれば、病気は、発症します。
ニックネーム りぼん。パパ at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

アンティックビルコンS

便利な豚舎用消毒薬「アンティックビルコンS」。
http://www.antecint.com/ アンティックビルコンS.jpg 英国、アンティック社の商品で、デュポン社の技術を使った、「アンティックビルコンS」と言う、ちょっと値段は、高いが、何にでも効果のある消毒薬が、あります。(動物用医薬品)畜舎・鶏舎用消毒剤です。 粉末1kgあたり、ネットや一般小売販売価格、9,000円くらい。たとえば、株式会社 アスコ 名古屋営業所 愛知県名古屋市北区西味鋺2-710 052-901-1366 で、1kg入り、5,040円(税込み)。 ( 家畜伝染病予防法指定消毒薬成分含有製剤 ) 今まで、外飼いの豚小屋の掃除は、箒で、ごみ、汚物、わら類など、取り除き、ホースの水で、コンクリート面をきれいに洗い流し、天日で、良く乾かしてから、消石灰を1面に撒き、それから数時間後、消石灰を箒で、かき集める。と言うものでした。集まった石灰は、畑などの肥料に、使えるように、袋詰めしておくと言う方法です。都市部ですと、1日、豚小屋が、全く使えないし、集めた消石灰の処分にも、困りますが、この「アンティックビルコンS」の原液を、ぬるま湯で、500倍に薄め、ハンドスプレー器で、たてと、よこに、丁寧に散布するだけで、OKなのです。 破傷風菌、真菌、MRSA、雑菌類以外に、エンペロープの有無に拘わらず、ウイルスにも効果があるので、大変、守備範囲の広い、何でも消毒できる薬剤です。また、ウイルスに効果がある次亜塩素酸ナトリウム(ハイターなど)のように、刺激臭もないし、発生塩素ガスの濃度調整が、難しくありません。 O−157、インフルエンザ、鳥インフルエンザ、ノロウイルスなど伝染性胃腸病等、最近話題になる病気にも、効果があります。 これらは、動物用複合系消毒薬と呼ばれていて、動物生体にも、ダメージが、少ないです。 ショウドクフウケイ.jpg 使い方は、500mlのペットボトルのキャップに1杯の粉末薬剤を入れる。(キャップすりきれ1杯で、7cc)これを、500ccのペットボトルに入れ、口まで、水を注ぐ。よく振って溶かす。これで、約100倍の希釈になります。これを、バケツに入れて、あと、4本分の500ccの水を入れて出来上がりです。これを、ちょうど、1坪(3.3平方メートル)の範囲に、ハンドスプレー霧吹きボトルに入れて、縦横に撒きます。床は乾燥していること。撒いたら、1時間、放置します。1時間後、普通に、小屋が、使えます。ただし、床が、有機物(糞便、餌等)で、汚れているときは、予め、水洗いして、乾燥させた後、上記の作業をします。壁などは、霧吹きで、希釈液をふりかけます。



アンティックビルコンSは、商品が不足していて、3,000円から8,000円くらいの価格で流通しているようですが、定価は、約5,000円です。

実際の消毒法は、10リットルのじょうろ、2リットルと500ccのペットボトル1本づつを用意します。アンティックビルコンSは、顆粒のような粉です。
蓋を開けるとアルミ製の内蓋があります。手で引っ張るようになっていますが、とても、硬いので、はさみとか、カッターナイフで、アルミの内蓋を切ります。

2リットルと500ccの空のペットボトルに、40度から50度のぬるま湯を入れておきます。アンティックビルコンSを、ペットボトルの蓋、すりきれ1杯が、7cc(5g)なので、これを、1杯、じょうろに入れます。先ほどのペットボトルのぬるま湯を2.5リットル、じょうろに入れます。きれいに解けて、赤色の液体になります。これを、豚舎の出入り口中心に、豚舎を囲うように、縦横に丁寧に撒きます。

2.5リットルは、あっという間に無くなるので、10リットルじょうろで、1杯づつ作って撒きます。10リットル以上のじょうろは、逆に重くて、細かくきちんと、撒けません。

なお、靴の消毒槽も作りましょう。消毒時間は、15秒です。ちょっと、長いです。 以上が、500倍の濃さの希釈液の製造法です。

ニックネーム りぼん。パパ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口蹄疫の国内での現状の発生状況図

hassei24.pdf


口蹄疫の国内での現状の発生状況図。
ニックネーム りぼん。パパ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットでの伝染病。

口てい疫 ペットのヤギも疑い
5月24日 1時18分
家畜の伝染病の口てい疫の問題で、宮崎県は23日夜、川南町などのあわせて12か所で、新たに感染の疑いがある家畜が見つかったと発表しました。この中には、ペットとして飼われていたヤギが含まれています。

宮崎県は23日夜、川南町で8か所、新富町で2か所、西都市と都農町でそれぞれ1か所のあわせて12か所の農場などで、口てい疫の疑いがある牛や豚などが新たに25頭見つかったと発表しました。この中には、川南町の一般の住宅の庭で、ペットとして飼われていたヤギ1頭が含まれ、22日に飼い主から宮崎県の家畜保健衛生所に連絡があったということです。宮崎県は、口てい疫に感染する可能性があるペットの数は把握していないということで、県は「ヤギや豚などをペットとして飼っている場合も、体調に異常があれば連絡してほしい」と話しています。今回、感染の疑いが出た家畜と同じ場所で飼育されていた牛783頭、豚6933頭、羊8頭のあわせて7726頭は、感染の拡大を防ぐためにすべて処分されます。これで、宮崎県内の口てい疫の感染または感染の疑いはあわせて193件となり、処分対象は14万4335頭に上っています。一方、特例として、離れた場所に移している主力の種牛5頭については、今月20日に採った検体の検査の結果は、いずれも陰性だったということです。


ニックネーム りぼん。パパ at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする