2010年09月16日

口蹄疫 宮崎県の対応批判 農水省検証委 中間報告 

口蹄疫 宮崎県の対応批判 農水省検証委 中間報告 「役割認識が不十分」
2010年9月15日 14:18 カテゴリー:社会 九州 > 宮崎
 宮崎県の家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で、国や県の防疫対応に問題がなかったかを調べてきた農林水産省の口蹄疫対策検証委員会は15日、県が農場の所在地や家畜の種類、頭数などの情報を把握していなかったことが初動対応の遅れや発生の拡大につながったなどとする中間報告をまとめた。10月中に最終報告をまとめる方針。

 県の対応について検証委は「日常的な予防や初動対応を含めて不十分なところが多く、原因としては、県が自らの役割を十分に認識していなかったことが大きい」と指摘。衛生管理基準が高いはずの県の試験場や県家畜改良事業団で感染が発生したことも問題視し「(施設関係者の消毒体制など)基準の内容自体も不十分だったのではないか」と苦言を呈した。

 国についても、都道府県や市町村などとの連携不足や、オーストラリアなどと比べ空港や港での国境措置が不十分だったことを問題点に挙げた。今後の改善方向として、国と都道府県などの役割分担を明確にし、国の責任で防疫方針を策定、改定するよう要求。早期発見、早期通報を促すため通報遅れへの罰則の検討や、殺処分と埋却の作業マニュアル、畜産経営に関するルールの策定を提言した。

 また、初例確認後すぐに専門家を現地に常駐させるほか、獣医師などの緊急支援部隊を派遣するなど都道府県の対応を支援する必要性にも言及。今回、感染拡大を防ぐため実施した予防的殺処分については、経済的な補償の法的裏付けがなく農家の同意を得るのに時間がかかったとして「経済的補償も含めて予防的殺処分を家畜伝染病予防法に明確に位置付けるべきだ」と法改正を求めた。

=2010/09/15付 西日本新聞夕刊=


ニックネーム りぼん。パパ at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

ミニブタのえさ添加剤。

宮崎の口蹄疫禍も、相変わらず、新型インフルエンザ、鳥インフルエンザ、茨城鳥インフルエンザ、愛知うずら鳥インフルエンザ問題同様、うやむやで、発生原因不明のまま、終わりそうな気配です。

ようやく、このブログも、本来のミニブタ話にもどる予定です。

今日は、ミニブタさんが、痩せてきたり、調子が悪くなってきたとき、病院にいくほどではないけど、どうにかしたいときに、普段のえさに、5グラムか10グラムくらい混ぜる、添加剤と言うえさの話です。

養豚用のえさですが、いま、ミニブタに実験中です。
まあ、にんにくをペレットにしたようなものなんですが。。。

母豚が出産すると、おっぱいをやるのが、優先して痩せるのですが、その痩せるのを最小限にしようという計画です。

豚添加剤.JPG

添加剤の中味は、ミルパンですと、ビタミンA、D3、E、C、ニコチン酸、パントテン酸カルシウム、ビタミンH、ペプチド亜鉛、ペプチド銅、ペプチド鉄、クエン酸、などで、原材料は、ガーリック粉末、パン酵母、米糠、その他です。

普段のえさの0.3〜0.5%添加混合するものです。

日本ガーリック(株)さんのをテスト中です。
ニックネーム りぼん。パパ at 11:14| Comment(2) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

川南にも観察牛 「やっとここまで来た」

川南にも観察牛 「やっとここまで来た」

kawaminami.jpg
【写真】農場に観察牛を搬入するための準備作業を行う関係者=13日午前、川南町川南


(2010年9月13日付)
 県は13日、口蹄疫発生農場の清浄性を確認するため試験的に飼育する「観察牛」の第2陣の導入を開始し、発生が集中した川南町の21戸に33頭が入った。家畜の鳴き声が3カ月近く絶えていた激震地・川南の一般農家に家畜が導入されたのは初めて。久しぶりに牛に触れた農家は「無事に観察を終えたい」と口をそろえ、飼育ができる喜びと復興への歩みを実感していた。

 同日入れた観察牛は愛媛、愛知県から仕入れた乳用種の雄。同町のJA尾鈴中央検査場に集められ、抗体検査用の採血を行った後、発生前の飼育規模に応じて1〜3頭が農家に引き渡された。

 試験飼育とはいえ、農家は再び牛を飼える喜びをかみしめた。2頭を入れた同町平田の繁殖農家甲斐栄さん(51)は「再開された市場で8頭(別の場所で飼育中)を購入した。牛舎の建て替えも進んでいる。防疫面にも入念に配慮して本格的に導入する準備を整えてきた」と決意を新たにする。

 同町川南の繁殖農家西森和弘さん(70)は「絶対大丈夫という証明に向けて、一つ一つハードルを越えたい。発生前は64頭いた。その規模に戻す願望はあるが、息を長くやっていかないと」と語る。

 農家の様子を感慨深く見守ったのはJA尾鈴の松浦寿勝畜産部長。「農家の表情を見て、ようやく一歩を踏み出せたことを実感できた」と話し「万全の対策を取ってきた。元の安全な地帯に戻ったという確認作業を無事終了させる自信はある」と意欲を見せた。

 同町では今後も観察牛の導入が進む。14日に導入予定の同町平田、繁殖農家江藤宗武さん(36)は13日、運搬用のトラックを洗い、牛舎に敷きわらを入れるなど準備に追われた。「久しぶりに生きた牛の顔が見られると思うと、やっとここまで来たと実感する」と導入を心待ちにしていた。

 観察牛は経過観察を5週間続け、1週間ごとに県の家畜防疫員が所見で症状がないかを確認。3週間目には抗体検査も実施する。

 県は14、16日に川南町、17日に高鍋、新富、木城町、18日に都城市、22日に高鍋、川南、都農町に順次導入し、計380頭を貸し出すことにしている。川南町を除く市町では3週間経過観察し、2週間目に抗体検査を行う。

(宮崎日日新聞)

ニックネーム りぼん。パパ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

口蹄疫で、犠牲者が居た。

不慮の死に友人沈痛 牛づくりに情熱阿久井さん(宮日新聞 2010/06/07)

 口蹄疫との戦いが長期化する中、牛づくりに打ち込んできた一人のベテラン農家が不慮の死を遂げた。都城市庄内町の肉用牛繁殖農家阿久井秀樹さん(56)。2日深夜、急性心不全のため自宅で一人息を引き取った。友人らは「防疫作業などで疲労や心労が重なったのだろう。無念だったろうな」と悲しみに暮れ、「同じ悲劇が起きないよう精神面、肉体面に気を配ってほしい」とほかの畜産農家を思いやる。

(略)

 近くに住む親友の荒川内福一さん(59)によると、阿久井さんは、県内で口蹄疫が発生した直後から、毎日、防疫に細心の注意を払ってきたという。牛への並々ならぬ愛情が懸命の消毒作業に駆り立てていたようだった。



 3日朝、荒川内さんは一人暮らしの阿久井さん宅を訪問。名前を呼んだが返事がなく、部屋へ上がると、布団の中で眠るように亡くなっていた。医師は死因を急性心不全と診断。荒川内さんらは「疲労や心労が重なったのが原因だろう」と悔しがる。



 阿久井さんは作業着姿のまま横たわっていた。「子牛の出産に備え、いつでも牛舎に行ける格好で眠りに就いていたのではないか」と荒川内さんは考える。

(部分抜粋)
ニックネーム りぼん。パパ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

ノンホモ牛乳って、ご存知ですか?

NONHOMO.JPG

ノンホモ牛乳って、ご存知ですか?
昔、新鮮でおいしくて、お腹がゴロゴロしないで、飲むヨーグルトのように、ドローとしているけど、すっぱくない牛乳です。
カルシウムの吸収が早く、とても健康的なんですが。。

ニックネーム りぼん。パパ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の手料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お昼ごはん。

私の昨日の昼食です。

DSC_2317.JPG


こちらが、今日の昼食です。

DSC_2329.JPG

昨日は、肉類一切なしでした。
ニックネーム りぼん。パパ at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

腰痛とストレッチ

ある程度の年齢になり、中年太りになると、ぎっくり腰になるようだ。

これを、治すために、過剰な腹筋運動やトレーニングジムでの背筋つくりマシンを愛用されるが、

実際は、表面に表れない筋肉が、弱っているか、筋力のバランスが取れてないことが、原因のようです。筋力が弱い、幼児や小学生低学年で、ぎっくり腰が、異常に多いかと言うとそうでもないし、筋肉モリモリの筋肉タレントさんでも、ぎっくり腰は、多いです。

答えは、体の内部の筋肉に刺激を与える、ストレッチが1番で、軽いストレッチを毎日数分続けることが、ベターです。

腰回転.jpg

これ、足のつま先の方向を前にして、5秒待つのがベターです。

腰.jpg

あわせて、こういうストレッチも、どうぞ。

いわゆるラジオ体操みたいな感じで、毎日するのが、良いと思います。

腹筋、背筋トレーニングは、皮膚に近い表面筋なので、体内にある回旋筋、大腰筋 を、ストレッチ(ラジオ体操くらいで、毎日)を併せて、やってください。
ストレッチが、重要です。特に、回転ねじりが。。ムキムキのスポーツマンでも、ぎっくり腰、多いです。それは、表面筋だけ鍛えて、内部筋が、それに、ついてこないから。。。浅田真央ちゃんのような筋肉がつけば、よくなると思います。

*この写真、どこかのブログから、拝借してしまいました。今となっては、どこから拝借したのか、わからないでおります。ごめんなさい。
ニックネーム りぼん。パパ at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

口蹄疫は、世界パンデミック?

世界での口蹄疫ウイルスの流行状況

世界口蹄疫.doc

汚染国は、中国内陸部だけだったのが、今年に入って、中国沿岸部や、首都 北京はじめ、東アジア、香港、台湾韓国。東南アジア、南アジア、中東、アフリカ諸国全域が、口蹄疫汚染国となってしまった。
ここには、記載されていないが、ロシア、フィリピンなども、汚染国である。

宮崎が終わっても、世界は、口蹄疫パンデミックです。全部、今年になってから、広がりました。

http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/FMD/country.jpg

china_map_20090615.gif
ニックネーム りぼん。パパ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

口蹄疫  ようやく終息宣言する!

宮崎放送(MRT)2010.8.27 地元のテレビニュースです。

http://mrt.jp/television/next/

口蹄疫  ようやく終息宣言する。
ニックネーム りぼん。パパ at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする