2010年04月22日

クローン豚

ゼナ豚.jpg
体細胞クローン豚「ゼナ」=09年(農業生物資源研究所提供)

2010年4月22日 17時04分 ( 2010年4月22日 19時14分更新 )
クローン豚「ゼナ」老衰で安楽死 00年に国内初誕生

 独立行政法人農業生物資源研究所(茨城県つくば市)などは22日、00年に国内で初めて誕生した体細胞クローン豚「ゼナ」が、老衰により起立不能になったため安楽死させたと発表した。生存期間は9年8カ月で、体細胞クローン豚としては世界最高齢だった。ゼナは中国系の雌豚で00年7月2日、英国に続き世界で2例目のクローン豚として誕生。約4カ月後には人工授精で14匹の子豚を出産するなど順調に成長。



ニックネーム りぼん。パパ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

東海地区のハナちゃん。(ミニブタ)

仰天ペット大集合
{イッポウ」というTV番組で2010年2月24日に、紹介されました。(番組欄から、転載)

http://hicbc.com/tv/ippou/special/100224/index.htm



取材先 / 新美信幸さんの個人宅
所在地 / 愛知県碧南市鶴見町


 愛知県碧南市で暮らす新美さんが飼うペットはミニブタ。名前はハナちゃんでメス。得意な芸はおすわりとお回り。そんなハナちゃんの小屋は2畳ほどでテレビとビデオがある。これは新美さんがハナちゃんと寝る為に設置したものだ。多い時は週に2〜3回一緒に寝るという新美さん。奥さんとの夫婦喧嘩の原因だ。 
ハナチャン。.jpg
ニックネーム りぼん。パパ at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

豚にも自己意識がある?:鏡像を理解できることが判明

豚にも自己意識がある?:鏡像を理解できることが判明.

http://wiredvision.jp/news/200910/2009101521.html


専門家の間では、鏡を利用できる能力は、複雑な認知処理と、ある程度の認識の目安と考えられている。ヒトや霊長類数種類のほかに、イルカ、ゾウ、カササギ、それに有名なヨウムのアレックス(日本語版記事)などにおいて、鏡を使って物を手に入れたり、自分の体に付けられた印を取り除いたりできることが知られている。そして、このような鏡の利用を習得できる賢い動物のリストに、ブタも加えてやる必要がある模様だ。

『Animal Behaviour』誌10月号に掲載された論文によると、畜舎に鏡を置いた実験において、5時間後には8頭のブタのうち7頭までが、鏡像を頼りに、隠された餌のボウルを見つけられるようになったという。

研究チームが畜舎に鏡を置いたところ、ブタたちはほかの多くの動物たちと同じように、すぐさまそれに興味を持った。ブタたちはこのキラキラと反射するものに近づいていって鼻先をぶつけると、今度は鏡の後ろに何があるかを確認した。ブタたちは平均して20分間、鏡に映った自分の姿を見つめており、その際には大抵、何度も方向を変えて自分の姿を複数のアングルから確認していた。

鏡を置いてから5時間後に、ブタたちを別のテスト部屋に移動させた。この部屋では、障害物の後ろに餌のボウルを置いており、ブタたちからはボウルが鏡に映っているのは確認できても、餌が直接は見えないようになっている(ボウルの上に換気扇を置いて餌の匂いを部屋中に拡散させ、ブタたちが匂いを頼りにご馳走に辿り着くことはできないようにした)。

あらかじめ鏡に慣れていたブタ8頭のうち7頭までが、鏡に餌のボウルが映っているのに気付き、その実際の位置を正しく判断できた。ブタたちは、餌の見た目上の位置である鏡の後ろを探ることなく、すぐに障害物を迂回して、一発でボウルの正しい位置に到達した。しかし事前に鏡を見ていないブタで同じ実験をしたところ、11頭のうち9頭は、鏡の後ろで餌を探そうとして混乱してしまった。

「これらの結果は、ブタが自分の動きと鏡上の像の関係を学んだだけでなく、彼らの知識が環境の配置も織り込んだものであり、空間の中で物体を探すことができることを示している」と、論文を書いた一人であるケンブリッジ大学のDonald Broom教授は書いている。

ブタが鏡の利用を習得できるという事実は、ブタが「判断の自覚」(assessment awareness)と呼ばれるタイプの認識が可能であることを意味する。言い換えると、ブタは自分の関わる状況の意味を理解でき、その理解がある程度持続するということだ。この場合、ブタたちは自分の動きが鏡にどのように映ったかを思い出して、その知識を、隠れたところに餌のボウルがあるという異なった状況に当てはめられている。

「自己意識を持ち、それを利用するというのは、判断の自覚の一形態だ」と、Broom教授は書いている。鏡を使った今回の実験は、ブタの自己意識を直接裏付けるものではないが、ブタたちがごく短時間で鏡の中の自分の動きを認識できるようになったことから、研究チームはブタにある程度の自己意識があるのではないかと考えている。

鏡を使った、これとは異なる実験によって、動物たちの自己意識がより直接的に確認された例もある。たとえば、カササギの黒い羽根に黄色い印を付けると、カササギは鏡を使ってその印を取り除いてしまう。だが残念ながら、Broom教授によるとこの実験はブタの場合はうまく行かない。ブタは体に泥の付いた状態に慣れているから、実験でさらに印を付けられても、それが気にならないようなのだ。「われわれはブタの体に印をつけたが、ブタたちはほとんど注意を払わなかった」とBroom教授は書いている。

[人間の発達論に鏡像段階論がある。幼児ははじめ、自分の身体を統一体と捉えられないが、生後6ヶ月から18ヶ月のあいだに、鏡に映った像が自分であり、統一体であることに気づくという理論]

{この翻訳は抄訳です}

[日本語版:ガリレオ-江藤千夏]
WIRED NEWS 原文(English)


ニックネーム りぼん。パパ at 08:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

良く読むと、大人豚は、30kg以上。。

大紀元日本10月22日

 英国では最近、ペットとしてミニ豚が流行っている。特にセレブなお金持ちの間で人気急上昇。

 生まれてまもないミニ豚の体はティーカップ程の大きさで、小さな豚足、大きな耳、たくさんの皺のある鼻、その外観はとても愛くるしい。生まれたときの体重は約255gしかないが値段は決してミニではない、一匹のお値段は約700ボンド(約10万5千円)以上である。

 
 
英国で流行っているミニ豚(ネット写真)

ミニ豚養殖業者のジェン・クロフトさんは、「最近注文が急増していて、毎日、世界中から購入の問い合わせの電話があり、対応するのにたいへん」と話した。

 生まれたばかりのミニ豚の体はティーカップの大きさしかない。大人の豚になるまでに2年程かかる。その時の体重は18〜30kgまで大きくなる。胴体の高さは31〜41cm。約人間の膝と同じ高さで、平均寿命は18年。飼育コストは非常に安く、物静かで清潔好きなのが人気になる理由であるという。

 クロフトさんは、「ミニ豚は散歩する必要がなく、極めて健康であまり病気にかからない。しかも、非常に清潔好きで、トイレを躾けるのも楽です、そして忠誠心があり人になつき易い。また、豚の皮膚が人間と非常に似ているため、犬や猫のような毛のアレルギーになりにくい」とミニ豚の特徴を語った。意外(失礼!)にも知的能力が高く、人間、猿、イルカに続く4番目であるという。


(翻訳編集・叶子)




(09/10/22 05:00)
ニックネーム りぼん。パパ at 19:15| Comment(1) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

韓国の臓器移植用ミニブタ

臓器移植用ミニ豚、国内で初めて誕生

( 関連タグ クローンアルファガラクトース韓国生命工学研究院国立畜産科学院移植 )

人に豚の心臓や肝臓を移植できる日が遠からずやってきそうだ。臓器を人に移植しても拒否反応が起こらない‘型質転換クローン豚’が国内でも誕生した。

韓国生命工学研究院・国立畜産科学院・檀国(タングク)大・建国(コングク)大・全南(チョンナム)大の共同研究チームは、臓器移植の際に急性で免疫拒否反応を起こす遺伝子「アルファガラクトース(αGal)」を取り除いたミニ豚を複製するのに成功したと22日、発表した。

アルファガラクトース遺伝子は霊長類を除いたほ乳類に存在し、異なる種の間で臓器を移植すれば数分−数時間以内に臓器を壊死させる。

ミニ豚の複製には遺伝子の除去と体細胞複製の2種類の方法が同時に使用された。まず豚の体から採取した細胞からアルファガラクトース遺伝子を取り除いた後、これを豚の卵子に入れて代理母に着床させた。卵子の核は遺伝子を操作した細胞を入れる前に取り出した。

アルファガラクトースを除去したからといって臓器移植の際の免疫拒否反応がなくなるわけではない。しかし他の免疫拒否反応を起こす遺伝子は症状が徐々に表われるため、応急患者に豚の臓器を移植すれば、人間の臓器を確保する時間を稼げることになる。

05年、米ハーバード大研究チームはアルファガラクトースを除いたミニ豚の心臓を猿に移植し、生命を6カ月間維持するのに成功した。

教育科学技術部はこのクローン豚を利用し、今後、移植用のすい臓、心臓弁膜、心臓などを作る技術を開発する計画だ。クローンミニ豚は成長しても体重が80キロ前後で、臓器の大きさも人間と似ている。一般の豚は大き過ぎるため臓器移植用として使用できない。

臓器移植 韓国.jpg

2009.04.23 07:40:41
中央日報 Joins.com

ニックネーム りぼん。パパ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国へ日本開発のミニブタが輸出される。

日本の血統付き無菌ミニ豚が韓国へ(1)

( 関連タグ 無菌ミニ豚霊長類センター黄禹錫ゲッティンゲン )
NIBS.jpg

世界で最も優秀で血統が維持された無菌ミニ豚が国内に入った。 韓国生命工学研究院国家霊長類センターは、日本文部科学省(文科省)傘下の日本生物科学研究所(NIBS)から無償で雌3匹・雄2匹の計5匹を受けた。

国家霊長類センターは8日、ミニ豚の検疫を終え、忠清北道梧倉里 (チュンチョンブクド・オチャン)にある無菌室で飼育に入ったことが確認された。 5匹は生後2カ月で、それぞれ18キロ。独ゲッティンゲン大学で開発され、数カ国に広まっている‘ゲッティンゲン系ミニ豚’だ。 成長しても体重は60−65キロで、臓器の大きさなどが解剖生理学的にヒトのものと似ている。

ゲッティンゲン系ミニ豚は血統が世界で最もよく保全されたもので、最も優秀だという評価を受けている。 このため生理代謝やヒトに移植できる臓器の生産などの研究に使われている。 現在、各国では無菌ミニ豚で生産した臓器をヒトに移植するのに先立ち、サルに移植する研究が活発に行われている。

日本生物科学研究所から無菌ミニ豚を受けるため、03−04年の黄禹錫(ファン・ウソク)博士をはじめ、これまで生命工学界が努力してきたが、実現しなかった。 日本政府が国外搬出を徹底的に統制してきたからだ。 単一血統を持つ無菌ミニ豚を開発するために20−30年の歳月と数千億ウォンの費用をかけた日本の生命工学研究の貴重なインフラだ。

韓国では一時、済州(チェジュ)黒豚を利用して純粋血統の無菌ミニ豚の開発を試みたが、長い歳月と費用が負担になりあきらめた。

日本生物科学研究所は1959年に設立され、無菌ミニ豚およそ400匹を飼育している。 毛のないヌードミニ豚やヌードウサギを開発するなど、日本の代表的な実験動物研究所だ。

今回の無菌ミニ豚の無償寄贈は、国家霊長類センターの張奎泰(チャン・キュテ)センター長と彼の日本東京大学博士課程の恩師である高橋教授が日本生物科学研究所側を繰り返し説得したことで実現した。 両機関の間で共同研究の了解覚書も交換し、日本生物科学研究所の科学者を韓国に招請してセミナーを開くことも怠らなかった。

こうした努力に感動した日本生物科学研究所側が種豚も譲ってくれたのだ。 さらに仁川(インチョン)空港までの航空費52万円も全額負担してくれた。 この研究所が外国に種豚を分譲したのは今回が初めて。 このため日本で関連手続きを踏み、無菌運送装置を製作するのに6カ月かかった。 普通共同研究をする場合、去勢した豚を提供する。 繁殖できないようにする措置だ。

これまで国内の需要量はほとんど輸入に依存してきた。 国内には研究用のミニ豚供給業者が一つあるが、準無菌(SPF)級で品質が落ち、実験の利用には限界がある。 年間の国内需要は70億−100億ウォン。 国家霊長類センターは今後、種豚を活用して大量繁殖させ、国内で必要な生命工学実験用の無菌ミニ豚を供給する計画だ。
NIBS2.jpg


2009.01.09 14:17:22
中央日報 Joins.com

ニックネーム りぼん。パパ at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豚は、ワンワンと鳴く?

犬と思ってる?「ワン!」とほえるミニ豚君

クロちゃん.jpg

ワンと鳴くミニブタ「クロちゃん」、上機嫌で埼玉県羽生市を散歩 



ワンと鳴くペットの豚が、近所で話題になっている。埼玉県羽生市の会社員川田光長さん(42)一家が飼う雄のミニ豚「クロちゃん」で、散歩中にトラックや電車などに出合うと、大型犬のような野太い声で「ワン!」とほえる。

 クロちゃんは昨年5月、川田さんの知人宅で生まれたポットベリー種の子豚6匹のうちの1匹。生後2か月で川田さんの家にやって来た。川田さんが犬のような鳴き声に気づいたのは昨秋。最初は「空耳と思った」という。

 川田さんと妻加代さん(40)、高校2年の長男光輝君(17)が交代でクロちゃんと散歩を毎日しており、今月11日には1時間半の間に5回ほど鳴いた。犬に近づいてにおいをかぎ、じゃれ合うこともある。

 クロちゃんが生まれた知人宅に犬がたくさんいたという。「自分は犬だと思っているのでは」と一緒に寝ている光輝君。東武動物公園(埼玉県宮代町)の下康浩飼育課長は「犬と一緒に暮らしていれば、まねすることがあるかもしれないが、ワンと鳴く豚なんて聞いたことがありません」と首をひねる。

 4キロだった体重は25キロになり、体長も35センチから80センチほどに。トマトやキュウリを好み、生の白菜や大根、調理した豚肉も食べる。

(2009年9月15日14時50分 読売新聞)
ニックネーム りぼん。パパ at 05:38| Comment(3) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

パリス・ヒルトンが、ミニ豚を購入した.

パリス・ヒルトン、新しいペットとしてミニ豚を購入
10月13日15時1分配信 シネマトゥデイ

flix-movi-view.jpg

「ミニ豚買っちゃった♪」パリス・ヒルトン - Ethan Miller / Getty Images


 パリス・ヒルトンが、新しいペットとしてミニ豚を購入したとTMZ.comが報じた。

 パリスが購入したのはミニ豚の中でも最も小さい品種と言われるロイヤル・ダンディの子豚で、金額は4,500ドル(約40万5,000円)。プリンセス・ピグレットという呼ばれる予定で、4、5週間でパリスのもとに到着するらしい。色は白と黒とピンクが混ざっており、パリスのところに来るころには生後9週間ほどになっているという。「パリスは大喜びです。彼女は動物が大好きで新しい子豚の到着を心待ちにしています」とパリスのスポークスマンはコメントしている。

パリス・ヒルトンのペット好きはもはや有名であるが、なんと今度はブタを飼い始めることを“Twitter”にて告白した。ジョージ・クルーニーもミニ・ブタの飼育者であったが、パリスが今回選んだのは、現在にわかなブームを呼んでいる、世界一小さな新種のミニ・ブタなのだそうだ。

小犬大好きなパリスは今年6月、彼らが暮らすための「ワンワン御殿」を自宅プールのそばに建ててあげた。こうしたことをすべて “Twitter” にて教えてくれるパリスの、今回の「見て、見て〜っ!」は鼻筋だけは白い線が入った、黒い子ブタちゃん。

パティさんというオレゴン州のブリーダーは、交配を試行錯誤した末、現在世界で最も小さいとされる「ロイヤル・ダンディー」というペット用のミニ・ブタを誕生させた。

「ロイヤル・ダンディー」は普通のミニ・ブタの2分の1、あるいは3分の1の大きさで、成長後の体重も10数キロ以内に抑えることが可能になっているという。

パリスはその情報を聞きつけ、さっそくパティさんのHPからメスの赤ちゃんをオーダーした。ただしプロによる飼育がしばらく必要なため、パリスの家にやって来るのは2か月近く先になるとのこと。

パリスの家には小犬とは言え、キバが生えた他のペットがゾロゾロいる。ちゃんとその可愛いミニ・ブタちゃんを守れるのであろうか、少しばかり心配である。

ローヤルダンディ.jpg

※パリスが一目惚れしたという子ブタちゃんの画像はこちら。
http://twitpic.com/kuuwf

※オレゴンのブリーダー、パティさんによる「ロイヤル・ダンディー」のHPはこちら。
http://www.royaldandie.com/
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

ニックネーム りぼん。パパ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

Guinea Hog

ギニアホッグ島
The Guinea Hog is a small, black breed of swine that is unique to the United States.ギニアホッグ島には、米国に固有のものです豚の小、ブラック飼育されています。 Also known as the Pineywoods Guinea, Guinea Forest Hog, Acorn Eater, and Yard Pig, the breed was once the most numerous pig breed found on homesteads in the Southeast.また、 Pineywoodsギニア、ギニア森林ホッグ島、どんぐりイーターとして、ヤード豚と呼ばれ、かつて最も多くの豚の飼育繁殖は、南東部でhomesteadsに発見された。 Today there are fewer than 200.今日では200未満です。

Hogs were imported from West Africa and the Canary Islands to America in conjunction with the slave trade.豚西アフリカ、アメリカにカナリア諸島からの奴隷貿易と一緒に輸入された。 The imports were documented as early as 1804 by Thomas Jefferson and other Virginia farmers.輸入はドキュメント化された1804年、トーマスジェファーソンやその他のバージニア州の農家がいる。 These large, square animals were called Red Guineas, because they had red or sandy colored hair.これらの赤だったので、砂色の髪や大きな広場の動物レッドギニー、呼ばれた。 Red Guineas were common throughout the mid-Atlantic region during the 1800s.レッドギニー、 1800年代中に、中部大西洋地域全体に共通した。 The breed disappeared as a distinct population in the 1880s, when most of the red breeds and types of hogs in the eastern United States were combined to form the new Jersey-Duroc breed.この品種は、 1880年代は、ほとんどが赤い品種の豚の種類は、米国東部のニュージャージー-デュロック種に統合された形での明確な集団として姿を消した。 Although extremely rare, occasionally Guinea hog breeders of today find red highlights in the hair of their Guineas and even more rare, is a completely red individual born.は非常にまれな、今日の豚の飼育が時折ギニーギニアの髪で、さらに多くの珍しい、赤は完全に生まれている個々の赤を強調して下さい。

The name Guinea occurs again a few decades later in the southeastern United States, though describing a different animal entirely – a small, black hog common on homesteads across the region.しかし全く別の動物を記述する-小、黒豚は、地域全体の共通の名前homesteadsギニア南東数十年後に再び米国では、発生します。 Guinea Hogs were expected to forage for their own food, eat rodents and other small animals, grass, roots, and nuts, and clean out garden beds.ギニア豚独自の食品、食事のげっ歯目や他の小動物、草、ルーツ飼料に、予想され、ナッツ、ベッドと庭園を空に。 The hogs were also kept in the yard where they would eat snakes and thus create a safe zone around the house.庭では、豚にもどこに、ヘビを食べており、家の周りの安全ゾーンを作成保管されていた。 These Guineas were hardy and efficient, gaining well on the roughest of forage and producing the hams, bacon, and lard essential for subsistence farming.これらのギニーされ、効率的な耐寒性、飼料のは過酷と、ハム、ベーコンを生産し、自給自足農業のために不可欠なラードを獲得。

Guinea Hogs were widespread, and descriptions of them varied.ギニア豚、普及され、それらの様々な説明。 Generally, the hogs were small, weighing 100-300 pounds, and black or bluish-black in color.一般的には、小豚たちは、重さ100から300ポンドと黒の色が黒または青。 They had upright ears, a hairy coat, and a curly tail.彼らは、直立耳としっぽを巻き、コートに毛が生えていた。 Beyond this, conformation varied, as hogs could have short or long noses and be “big boned,” “medium boned,” or “fine boned.” It is likely that many strains of Guinea Hogs existed.豚は"大きな骨" 、 "中" 、または"細骨骨短いか長い鼻があるとされるが、この以外にも、構造、様々な。 "可能性がありますが、多くの系統ギニア豚の存在。 Since most of these are extinct, it is now impossible to weave together all the threads of the Guinea Hog story into a single neat piece.これらのほとんど消滅しているが、今、 1つの作品にきちんとしたギニアホッグ島物語のすべてのスレッドを編むことは不可能だ。

The Guinea Hog became rare in recent decades as the habitat of the homestead hog disappeared, and it survived only in the most isolated parts of the Southeast.ギニアを独り占めに家産豚の生息地としてここ数十年で姿を消したまれになり、これは南東部のほとんどの地域で孤立した。 During the 1980s, new herds of Guinea Hogs were established, partly in response to the pet pig market. 1980年代に、ギニア豚の新たな群れは、ペットのブタの市場への応答の一部に設立された。

Several mysteries confuse the breed's history.いくつかの謎は、繁殖の歴史を混同する。 The relationship between the historic Red Guinea and the Guinea Hog may be simply the common use of the term “guinea” to refer to an African origin.歴史的なレッドギニアギニアホッグ島との間の関係は、言葉のは単純に共通に使用すると、アフリカ起源を参照するために"ギニア"になることがあります。 “Guinea” may also refer to the small size of the hogs, somewhat akin to the description of miniature Florida Cracker and Pineywoods cattle as “guinea cows.” The Guinea Hog may or may not be related to the Essex, a small, black English breed which was imported to the United States in about 1820 and used in the development of the Hampshire. "ギニア"は、豚の小さなサイズに、多少"ギニアミニチュア牛としてフロリダクラッカーとPineywoods牛の説明を参照していることに似ている"ことができるか、エセックスギニアホッグ島、小、ブラック英語に関連することができないこれは、米国に約1820年に輸入され、ハンプシャーの開発に使用される品種。 Essex hogs were known to exist in the Southeast until about 1900.エセックス豚は、南東部で1900年まで存在して知られていました。 The Essex hog's history is obscure and it eventually disappeared some time later that century.エセックス豚の歴史は、無名の世紀であり、結局は後にしばらく時間が消えてしまった。 “Guinea Essex” pigs were used in research at Texas A & M University and at the Hormel Institute in the 1960s, though there is little information -available about those stocks. "ギニアエセックス"豚の研究で、テキサスA & M大学で使用され、 Hormel研究所では1960年代にはこれらの株式についてはほとんど情報は入手可能です。

Though the Guinea Hog would greatly benefit from additional research and description, it is clear that the breed is genetically distinct from improved breeds of hogs and merits conservation.ギニアホッグ島には大幅に追加の調査や説明の恩恵を受けると、その遺伝子を豚の品種改良品種保存のメリット異なることは明らかである。 Like other traditional lard-type breeds, however, the Guinea Hog faces great obstacles to its conservation. These hogs do not produce a conventional market carcass, since they are smaller and more fatty than is preferred today.ラードのように他の伝統的なタイプの品種は、ギニアホッグ島の保全に大きな障害に直面している。従来の市場の枝肉を生産しないこれらの豚を飼育するため、小規模な脂肪よりも優先され、さらに、今日です。 Guinea Hogs are, however, appropriate for use in diversified, sustainable agriculture.ギニア豚しかし、多様化、持続可能な農業での使用に適しています。 They would be an- excellent choice where there is need for the services of hogs (such as grazing, rooting, tilling compost and garden soil, and pest control) and also the desire for a small breed.彼らはここでは豚のサービス(たとえば、放牧のために必要ですが、最高の選択、応援、たい肥と土耕庭、害虫駆除)とは、小さな種の願望だろう。 Under such husbandry, Guinea Hogs would thrive, as they always have.があるとしても、常にこのような飼育下では、ギニア豚は、成長するだろう

GuineaHog.jpg

GuineaHogPiglets.jpg



ニックネーム りぼん。パパ at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

豚の脳

ミネソタの豚脳組織採取労働者が謎の神経病 慢性炎症性脱髄性多発神経炎に似る 

農業情報研究所(WAPIC)

07.12.6

 米国・ミネソタ州の豚肉加工会社・Quality Pork Processors(QPP)の11人の労働者が神経病にかかった。11人すべてが豚の脳組織を輸出用に採取するパートに属している。

 工場は圧搾空気で脳組織を採取することはやめてきたし、豚の頭や器官を処理する工場のパートではヘルメットにフェイスシールドを付け、労働者の腕のカバーもしてきた。

 しかし、この11人が病気になったことで、豚の屠体から脳組織を採取すること時自体を中止した。会社のワディング社長兼CEOは、「これはまさしく予防措置だ。原因も、労働者保護の方法も皆目わからない。保健省が勧告したから、これらの措置を実施し、また続けるだけだ」と言う。

 11人すべてが既に退院、二人を除き仕事に復帰した。

 ミネソタ保健省(MDH)は4日、11人のクラスターの調査中で、国中の他の豚肉工場でも同様な例がないかどうかも疾病管理予防センターと協力して調べていると発表した。ワディング氏は、化学物質、ウィルス、細菌、どんな可能性も排除しない、MDHも症状の出た労働者の家やレクレーション施設もチェックしていると話す。

 MDHによると、5人の患者の症候は、末梢神経の髄鞘(ミエリン鞘)の損傷が原因となる慢性炎症性脱髄性多発根神経炎*(治療法未確立の難病とされる)に一致するという。

 Minnesota Pork Plant Stops Harvesting Brains As Precaution,Cattle Network,12.5

 *難病情報センター:慢性炎症性脱髄性多発根神経炎(http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/110.htm
豚の脳を吸い込んで神経障害か? 米で食肉処理作業員が発症
米国の豚肉処理場2か所で、作業員たちが原因不明の神経障害を相次ぎ発症したことが分かりました。

豚肉処理場2社とも、豚の頭部から脳を高圧空気で吹き飛ばす装置を使用しており、患者の多くがその近くで働いていたのです。米疾病対策センター(CDC)は「脳組織が微粒子となって空中に飛散し、作業員が吸入、または粘膜から吸収した可能性がある」と推定。疫学週報(電子版)に発表し、「似た症例があれば報告を」と呼びかけたのです。

患者はまず、ミネソタ州の工場で見つかったのです。21〜51歳の男女12人が2006年11月から07年11月にかけ、筋力の低下やまひ、知覚異常などの症状に襲われた。症状は最長で7か月間続き、2人が入院しました。

CDCが高圧空気による頭部処理に原因があるとみて全米の施設を調べたところ、2施設で同じ処理を行っており、このうちインディアナ州の施設で患者数人が見つかったのです。地元の報道などによると、この施設は三菱商事などが出資するインディアナ・パッカーズ社の加工所で、日本へも豚肉を輸出しているそうです。

1年余り前、米国の豚肉加工工場で働いていた24人が謎の神経疾患に冒されたそうなんだ。後にこの発症には、微粒子となったブタの脳を吸い込んだことが関連していると判明したのだそうだ。




「ブタの脳」を吸い込んだ労働者たちに謎の神経疾患

 24人は現在はある程度の健康を取り戻しているとのことで、大事にはいたらなかったんだけれども、当初原因不明。医師たちが必死に共通の手掛かりを探した結果、過去にもインディアナ州の食肉加工工場で似たような症例があったことが確認された。

 ミネソタとインディアナの工場は共にブタの脳を食用に加工する工場。さらに、ミネソタの工場で症状を訴えた24人は全員、「頭部を扱う台」がある部屋で働いていた。

 工場で加工されていた脳は、主に中国と韓国に食用として輸出されていた。また、米国南部の一部でもブタの脳を食べる習慣があるという。

 頭部を扱う台では、ブタの頭部を切断して開き、圧縮空気を勢いよく吹きかけて脳を取り出していた。この処理が1時間に約1400回行なわれ、脳が吹き飛ばされて細かい霧のようになっていた。とはいえ、室内にいた全員が病気になったわけではない。しかし、台の近くにいた人ほど発症する傾向が見られた。

 「ブタの脳組織を吸い込むと、体内で抗体が作られる」と、労働者たちの治療に協力したメイヨー・クリニックの神経科医James Dyck氏は説明する。抗体とは、体に入ってきたバクテリアや異物を認識するため、免疫系が用いる化学物質だ。「ブタの脳と人間の脳には重複する部分がかなりある。それが問題だった」

 労働者たちの免疫系は誤って、自らの神経を標的にしたというのだ。
その結果、倦怠(けんたい)感、脚のしびれやうずき、痛み、歩行困難といった症状が発症。幸い、ほとんどの患者で免疫療法やステロイドの効果があり、6人は治療なしで回復した。ただし、完治した患者は1人もいないという。


 牛海綿状脳症(BSE)の場合といい、動物の脳ミソに近い部分に手を出すとやばいってことだけは小耳にはさんでおいたほうがいいかもなんだ。

buta脳.jpg

buta脳.jpg

ニックネーム りぼん。パパ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

ペニーウエル牧場

pennywell_pigs_02.jpg

イギリス、ペニーウエル牧場のミニブタの赤ちゃん。
ニックネーム りぼん。パパ at 16:10| Comment(4) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

愛知のウズラに鳥インフルエンザ

2009年2月27日 11時58分 ( 2009年2月27日 14時25分更新 )
愛知のウズラに鳥インフルエンザ H7型、弱毒性か
 鳥インフルエンザウイルスが確認されたウズラ農場=27日午後1時3分、愛知県豊橋市で共同通信社ヘリから [ 写真拡大 ]
 農林水産省は27日、愛知県豊橋市のウズラ農場で鳥インフルエンザウイルスを確認したことを明らかにした。ウイルスはH7型。農場でウズラが死んでいないため同省は「感染力の弱い弱毒性の可能性がある」とみている。国内農場での鳥インフルエンザ発生は07年2月以来。農水省によると、愛知県が農場に定期検査に入り、ウイルスを確認。農場は25日からウズラの移動を自粛している。

うずら.jpg


鳥インフルエンザウイルスが確認されたウズラ農場=27日午後1時3分、愛知県豊橋市で共同通信社ヘリから


ニックネーム りぼん。パパ at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

ペット用ミニ豚飼料の作製

ペット用ミニ豚飼料の作製
山本弥生、神崎博子、神尾章子、藤森裕子、五味きみえ、唯村絵美、村田保徳、基常智之、山田武史、小牧 弘、矢沢 肇1)、水谷 誠1)、小松和英1)、松村芳秀1)
日本大学生物資源科学部、1)日本生物科学研究所
第3回 ペット栄養学会
要旨:【目的】近年、欧米諸国ではペット用ミニ豚が注目されているが我が国では普及が遅れている。通常、ミニ豚は制限給餌で個体管理によって飼育されているが、ミニ豚にはミニ豚用の制限給餌飼料やドッグフード、産業豚用飼料などを給与し、ややもすると肥満傾向になることが認められている。ミニ豚には産業豚のような飼養標準はない。これらの問題に対応するために、不断給餌期における消化率と養分要求量について検討することとした。豚の成長はエネルギー給与水準に左右され、成長量を決定するのはCPや他の栄養水準ではなく、エネルギー摂取量の多少であると云われている。エネルギー摂取量を制限する方法には量的制限法と質的制限法がある。ペットの訓練上、常食には低目の栄養価の飼料を給与し、ご褒美用ビスケット等を加えて1日の養分量としなければならない。ペットのミニ豚にはエネルギーの過給傾向になるため特に注意する必要がある。本試験では先に制限給餌による基準成長曲線を定め、その成長曲線に近い傾向を示す不断給餌用飼料の作製を試みた。供試動物は日生研(株)で生産された白毛色ミニ豚NIBS系ミニ豚種雄9頭を用い、各区3頭を配して、生後3ケ月齢から9ケ月齢まで飼育試験を行い、月1回の割合で消化試験・N出納試験を実施した。通常は平飼豚舎で飼育し、消化試験期には糞尿分離可能の代謝試験装置に収容して消化試験を実施した。供試飼料はマイロとビートパルプを主体としたNU飼料を基礎飼料とし、供試飼料中のビートパルプの配合量を34%に限定し、残りを大豆粕で調整して粗蛋白質(CP)12、14%とNU飼料の3飼料区を設け、不断給餌による飼育試験を行った。給餌飼料は全て選り食いができないようにペレット状にして給与した。【結果】NL-12、NU飼料区の飼料摂取量は同様な傾向で推移したが、NH-14区は最も摂取量が少なく、4ケ月齢より減少傾向を示したが、体重の推移では各飼料区中で最も制限時の基準体重に近いものであった。また、試験開始から終了までの養分要求量(Hataらの方法にしたがって算出)において、DEは2,000〜2,500Kcal/Day、TDNは500〜600g/Day、CPは80〜100g/Day、リジンは3.5〜4.5g/Dayと推察した。高エネルギー飼料の摂取量は低く、低エネルギー飼料の増体より低下傾向を示すことから、不断給餌用飼料の質的制限法においては飼料の嗜好性と満腹感に影響するビートパルプの配合割合が大きな決定要因になるものと考えられる。このことによりミニ豚の成長段階における養分要求量の試算した。
ニックネーム りぼん。パパ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の血統付き無菌ミニ豚が韓国へ

日本の血統付き無菌ミニ豚が韓国へ

(関連タグ 無菌ミニ豚霊長類センター黄禹錫ゲッティンゲン )

世界で最も優秀で血統が維持された無菌ミニ豚が韓国国内に入った。 韓国生命工学研究院国家霊長類センターは、日本文部科学省(文科省)傘下の日本生物科学研究所(NIBS)から無償で雌3匹・雄2匹の計5匹を受けた。

国家霊長類センターは8日、ミニ豚の検疫を終え、忠清北道梧倉里 (チュンチョンブクド・オチャン)にある無菌室で飼育に入ったことが確認された。 5匹は生後2カ月で、それぞれ18キロ。独ゲッティンゲン大学で開発され、数カ国に広まっている‘ゲッティンゲン系ミニ豚’だ。 成長しても体重は60−65キロで、臓器の大きさなどが解剖生理学的にヒトのものと似ている。

ゲッティンゲン系ミニ豚は血統が世界で最もよく保全されたもので、最も優秀だという評価を受けている。 このため生理代謝やヒトに移植できる臓器の生産などの研究に使われている。 現在、各国では無菌ミニ豚で生産した臓器をヒトに移植するのに先立ち、サルに移植する研究が活発に行われている。

日本生物科学研究所から無菌ミニ豚を受けるため、03−04年の黄禹錫(ファン・ウソク)博士をはじめ、これまで生命工学界が努力してきたが、実現しなかった。 日本政府が国外搬出を徹底的に統制してきたからだ。 単一血統を持つ無菌ミニ豚を開発するために20−30年の歳月と数千億ウォンの費用をかけた日本の生命工学研究の貴重なインフラだ。

韓国では一時、済州(チェジュ)黒豚を利用して純粋血統の無菌ミニ豚の開発を試みたが、長い歳月と費用が負担になりあきらめた。

日本製ゲッティンゲン.jpg

日本生物科学研究所は1959年に設立され、無菌ミニ豚およそ400匹を飼育している。 毛のないヌードミニ豚やヌードウサギを開発するなど、日本の代表的な実験動物研究所だ。

今回の無菌ミニ豚の無償寄贈は、国家霊長類センターの張奎泰(チャン・キュテ)センター長と彼の日本東京大学博士課程の恩師である高橋教授が日本生物科学研究所側を繰り返し説得したことで実現した。 両機関の間で共同研究の了解覚書も交換し、日本生物科学研究所の科学者を韓国に招請してセミナーを開くことも怠らなかった。

こうした努力に感動した日本生物科学研究所側が種豚も譲ってくれたのだ。 さらに仁川(インチョン)空港までの航空費52万円も全額負担してくれた。 この研究所が外国に種豚を分譲したのは今回が初めて。 このため日本で関連手続きを踏み、無菌運送装置を製作するのに6カ月かかった。 普通共同研究をする場合、去勢した豚を提供する。 繁殖できないようにする措置だ。

これまで国内の需要量はほとんど輸入に依存してきた。 国内には研究用のミニ豚供給業者が一つあるが、準無菌(SPF)級で品質が落ち、実験の利用には限界がある。 年間の国内需要は70億−100億ウォン。 国家霊長類センターは今後、種豚を活用して大量繁殖させ、国内で必要な生命工学実験用の無菌ミニ豚を供給する計画だ。

日本製ゲッティンゲン2.jpg

韓国中央日報より。
ニックネーム りぼん。パパ at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニ三元雑種豚。

日生研ミニブタ(NIBS系)の確立と繁殖成績

小松和英、阿久津祐一、金井朋子、斎藤敏樹、坂本裕二、新海久夫、小松正憲1)、矢沢 肇、水谷 誠
日本生物科学研究所、1)農水省中国農業試験場
日本実験動物科学技術大会2001

要旨:1967年、当研究所はピットマンムーア系を米国より導入後、実験動物用ミニブタとして約30年間維持してきた。
しかし、この系統は成時体重が雄は100〜120kg、雌は80〜100kgと体型が現在のミニブタより大きく、かつ体毛および皮膚色が有色のため実験動物としては不利と思われた。
そこで、1988年よりピットマンムーア系、台湾小耳種およびゲッチンゲン系の三元交雑種を起源として白色でピットマン系より小型の実験動物用ブタの確立を開始した。
1993年、目標体重に合致した雄1雌1を選抜し、この1ペアーから生産コロニーを確立しNIBS系と命名した。
NIBS系は3群によるローテーション方式で維持、生産(年間350匹)されている。日生研製ミニブタ用飼料NSA、NSB、NSを使用した繁殖成績は以下の通りである。
性成熟は雄8ケ月齢、雌6〜7ケ月齢で初発情は3〜4ケ月齢、発情持続時間は約60時間、雄の許容時間は約48時間、発情周期は21.6±1.4日、妊娠期間は109〜117日(平均113.6日)、妊娠率は94%、産子数は1〜9匹(平均4.7匹)、離乳率は84%である。出生時平均体重は465±145gである。
なお、分娩、育児が安定するのは3〜8産でその前後は産子数および子ブタの大きさにばらつきがあるなど育成率の低いことが判明している。
繁殖開始月齢は雄8〜10ケ月齢でその時点の平均体重は雄30kg、雌25kgである。体重がプラートになる3〜5年齢でも雄60kg、雌58kg以内と比較的小型である。また、血液学的および血液生化学的検査値および体重曲線、臓器重量比についても報告する。
なお、主要組織適合性遺伝子座のMHCクラスU領域のDRB1座位はd/d型に、DQA座位はd/d型に、DQB座位はS09/S09あるいはS10/S10にそれぞれホモで固定していることが判明している。
ニックネーム りぼん。パパ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

超小型豚の品種特性の改善とその利用法の開発

超小型豚の品種特性の改善とその利用法の開発

富士農場小型豚.jpg


総括責任者:桑原 康(農事組合法人富士農場サービス)

参画機関:富士農場サービス、日本大学生物資源学部


【総合評価】 当初目標を達成


【コメント】

  当初の計画に従って、研究は当初結果にそって実施され一定の成果をあげ、ほぼ技術開発が行われ、特許も申請中でまた品種登録も計画中でベンチャー企業の創設も行われた。最終的には、当初の研究計画目標はほぼ達成しており、研究開発は順調に進んだものと考える。
 しかし、2年間と限られた期間とはいえ、多額の予算を使いながら、学術的には原著論文、口頭発表等が、全くないことは大変残念であり、もう少し努力すべきではないかと考える。超小型豚雌の成熟過程の解明が不十分であること、学会発表や論文発表が全くないので専門家の評価が充分行われていないことなど多少不安もある。
 当超ミニブタ種は、ゲッチンゲンミニブタを含むこれまでのミニチュアピッグと比較しても、かなり小さい体重の豚集団が作成されたことは事実である。個体の近交係数の上昇に注意しながら集団を維持することで、安定的に超小型の豚を供給できる体制が構築されれば、新たなベンチャー起業の創成が可能と思われる。
 また、マーケティングや需要の掘り起こしなども充分とは言い難い。つまり、超小型豚の実験用用途での販売は、流通ルートの確立、コストの低減や実験動物としてのバックグラウンド・データの蓄積を通じての学会での認知、信頼性獲得など、ビジネス成立の為に多くの努力が必要とされるので今後とも頑張ってほしい。
 超小型豚の潜在的需要は高いものと考えられるので、研究と開発を継続して、新たに設立したベンチャー企業富士マイクラ鰍ェ維持発展できるように努力して戴きたい。ベンチャー起業の観点からは、既に企業を設立しており、当制度の目的は達成されたものと判定した。

ニックネーム りぼん。パパ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

イギリスで「長靴を履いた子ブタ」が登場

イギリスで、「長靴を履いた猫」ではなく、「長靴を履いた子ブタ 」が登場した


ニックネーム りぼん。パパ at 01:44| Comment(4) | TrackBack(0) | ミニブタのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする