2008年11月04日

30日に閉鎖することが決まった「天城いのしし村」

d20081103173341T030010010391109.jpg

30日に閉鎖することが決まった「天城いのしし村」=伊豆市湯ケ島


「天城いのしし村」閉鎖 経営不振で今月末
11/04 08:23
 伊豆市湯ケ島の観光施設「天城いのしし村」が経営不振で30日に閉鎖することが、3日までに分かった。経営する浄蓮の滝協業組合(伊藤春秀理事長)によると、最近は入園者がピーク時の5分の1まで落ち込み、赤字経営が続いていたという。閉鎖後の施設の利用については売却を検討するかどうかも含め未定としている。
 いのしし村は昭和45年に旧天城湯ケ島町の旅館経営者らが出資して開設。平成6年にイノシシ博物館「ぼあぼあ」を新設し、イノシシショーなどが人気を集めていたが、入園者は年々減少し10年には経営権を熱海市の土産物製造販売会社に譲渡。同社が撤退した14年に浄蓮の滝が同施設を買い取った。
 経営再建を図ったが、団体客の減少などで入園者はその後も伸び悩み、19年度の入園者数は6万人足らずで昭和50年代の6分の1以下。ことしも景気後退やガソリン高の影響で改善は見られず、「これ以上経営を続けると本体事業(観光センター)にも大きな影響を与える」(伊藤理事長)と9月の理事会で施設の閉鎖を決めた。
 飼育していたイノシシなど30―40頭の動物の多くは、伊豆地域の飼育施設に引き取られるという。伊藤理事長は「閉鎖後の施設をどうするかは、腰を据えて考えていきたい」としている。


ニックネーム りぼん。パパ at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子豚の成育環境を見ることの重要性。

お子さんが、犬、猫の毛のアレルギーの方、これで、3度ほど、遊びにきてもらってますが、今のところ、豚の毛は、落下するだけで、重いので、犬、猫の毛のように、毛玉で、部屋の隅に溜まる訳でも、無いので、アレルギーは、どなたも、出ていない様子です。

豚さんが、診察できる獣医さんを、日本全国、紹介していますので、それも、ずいぶん、飼う方には、助かっているみたいですね。

エサの量で、ミニブタが、小さく育つと思っている方が、とても多いので、びっくりです。我が家の子豚たち、将来はわかりませんが、同じエサの量で、最大2倍の体重差があります。遺伝というか、個性と言うか。間違った情報が、インターネットで、かなり一人歩きしていますね。

やっぱり、たくさん同時に飼っているところで、親豚、子豚すべて、実際見てもらうのが、1番です。見て、気に入らなかったら、辞めれば良いだけですしね。見ないで、批判を受けるのは、かなしいです。

見れば、うそか本当か、ちゃんと、解りますから。。。

親豚も見れますしね。
ニックネーム りぼん。パパ at 00:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

おいしかったようです。

vDSC_0075.JPG
DSC_0078.JPG

日曜日、皆さん、りぼん。八戒、美人、と赤ちゃん達に、果物や野菜を差し入れてくださいました。ありがとうございました。

頭数が多いので、あっと言う間に、全部ペロリと、戴きました。

おいしかったようです。
ニックネーム りぼん。パパ at 13:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

子豚の見学者、来訪。

今日は、名古屋市内の方が、2名、子豚を見に来られました。

明日は、愛知県内の人が、子豚を、見にみえるそうです。

来週中にも、静岡へ、1頭メス豚が、里子に行きます。

もう、離乳期間は、大体終了しつつあります。
ニックネーム りぼん。パパ at 11:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

日曜日、深夜12時前に来られた方、切番で〜す。

43,000番の方、メールしてね!。
ニックネーム りぼん。パパ at 02:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

いのしし。

inosisi.jpg

新潟・上越市の用水路にイノシシが迷い込む 住人に危害が及ぶと危険と判断し射殺

24日、新潟・上越市の用水路に、体長1m25cmのメスのイノシシが迷い込み、大騒動となった。
イノシシを発見した住民は、「ガバガバガバ! どんどん来た。とにかくものすごい勢いだったですわ、最初のころは。すでに飛び越えるくらいジャンプしてたんですけど、今、静かになってますけど。いやぁ、すっごい勢いですわ」と話した。
用水路からなんとか逃げ出そうと、イノシシは右往左往。
脱出しようとジャンプを試みたが、あえなく失敗。
イノシシは時折、踏ん張りがきかず、流されかける場面や、下流に向かって歩いたかと思うと、壁に生えているコケのにおいをかぐしぐさを見せる場面もあった。
上越市の担当者は「猟友会から来ていただいた段階で、どう処理するか。(イノシシが川から上がることは不可能?)まぁ、これだけ高ければ、ちょっと無理でしょうね。(早い時間帯で確保しないと)そうですね」と話した。
冷たい雨に打たれ、目をぱちぱちとさせるイノシシの姿はどこか寂しげだった。
近所の人は「4年ぐらい前の11月ごろ、イノシシが、この川行ったり来たりして」と話した。
3日前には、小学校に侵入するなど、県内ではイノシシの出没が相次いでいた。
結局、住人に危害が及ぶと危険と判断し、最後は射殺した。


ニックネーム りぼん。パパ at 13:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

申告してね。

もうあと、40人です。

メールして、申告してね。
ニックネーム りぼん。パパ at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

今週中に、43,000切番達成???

今週中に、43,000切番達成???

あと、80人くらいでしょうか。。
ニックネーム りぼん。パパ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

ペットのバリカン。

豚さんでは、あまり、ペット用バリカンは、使いませんが、自分は、

日本ウオール且ミрO42−679−1541のクリッパー(バリカン)と、SPEEDIK(清水電気工業梶jрO729−81−4426製の小型バリカンTAPIOを使ってます。

本当は、アンディス製やオスター製、エースクラップ製が、良いのですが、本体の価格が、高いので、手が出ません。

羊や牛なんかは、こういうメーカーを、使うようですが。

良くパナソニックとか、家電屋量販店で販売しているお子さんの髪の毛を切るバリカンでは、ペットの毛は、すぐ絡まって切れなくなります。

やはり、専門メーカーの方が良く切れますし、部品も多く、便利ですね。
ニックネーム りぼん。パパ at 11:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NS-Aマッシュ哺乳食兼離乳食

zDSC_0054.JPGzDSC_0057.JPG

NS-Aマッシュ哺乳食兼離乳食を食べているところ。
ニックネーム りぼん。パパ at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エサの種類。

母乳>NS−Aマッシュ>NS−Bマッシュ>NS−Bペレット>NSダイエットと、だんだん、母乳から、哺乳餌、離乳餌、子豚餌、成長餌と変えていくのですが、今日、NS−Bを注文しました。もう、離乳食は、自分で食べるようになりました。
ニックネーム りぼん。パパ at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

今日も、ミニブタの赤ちゃんの見学者がみえました。

このところ、ミニブタの赤ちゃんを見たいとの、見学者が、おみえになるように、なりました。

ちょうど、昨日から、離乳済みの子豚が出てきたので、部屋の中で、3頭だけ、飼育していましたので、
昨日までは、まだ、母豚が、赤ちゃんを取られると勘違いして、威嚇するので、見学お断りと言っていましたが、
今日は、3人さま、見学を、受け入れました。

思ったとおり、離乳が成功していて、りぼん。は、見学者に、威嚇もせず、おとなしく、赤ちゃん豚を、見せてました。

これから、1ヶ月間、たくさんの人間に、会って、だっこされると、人慣れした、赤ちゃん豚になると思います。

来月15日ごろが、去勢手術日なので、今日から、その日まで、赤ちゃんと触れ合えますね。
ニックネーム りぼん。パパ at 16:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

ミニブタTONが"りぼん。ちゃん"を訪問



お母さんになった「りぼん。」ちゃんを訪問しました。
子ブゥ達が元気よくおっぱいを吸ってました。

2008.5.8のこと。
ニックネーム りぼん。パパ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008.10.17

みんなで、20世紀なしを食べる。

DSC_0033.JPGDSC_0037.JPGDSC_0040.JPG

エサは、マッシュの離乳食から、ペレットの離乳食に、だんだん変更される。
ニックネーム りぼん。パパ at 06:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

目に見えない「犬ブルセラ症」。

日頃より、ジャネット村をご利用いただいていた、お客様へお詫びとともに、悲しいお知らせをしなくては、なりません。

ジャネット村 五反田店 浦安店 両店舗において、人畜共通病であるイヌブルセラ症の感染が確認されました。

よって、

お客様及びお客様の愛犬への感染を防ぐため、しばらくの間、両店舗を閉鎖するとともに、レンタル犬の治療にあたら

せていただきます。

ドッグレンタル、ホテル、美容、ドッグラン、ドックカフェ、すべてのサービスをストップさせていただくことをお許しください。

保健所の指導のもと、お客様へのご連絡、告知、店舗再開に向け、努力してまいります。



 村のわんこだけでなく、お客様の愛犬への感染の可能性もあるとの判断をしております。現場は大変混乱しており

すぐに、すべてのお客さんへのご連絡をすることが難しい状態であります。取り急ぎ、ホームページ上で告知させて

いただきますことをお許しください。



犬ブルセラ症については、保健所より、下記の通り、本日指導を受けました。

@犬の症状もなく外見で判断できません。そのために、感染に気づきません。レンタル犬との接触の可能性がある場合は、

ただちに、最寄りの獣医さんに検査をお願いしてください。そして、獣医さんの指示にしたがってください。

A人畜共通の病気ですが、今までの、人への感染報告は、獣医師や犬の出産に携わった人に限られております。

人に関しては感染しても抗生剤で完治します。人から人への感染はいたしません。

東京都動物愛護センター 市川保健所 10月3日に報告、両機関、立ち入り検査を受けました。

現在市川保険事務所と毎日連絡を取り、対応中です。



犬ブルセラ症について 

環境省 人と動物の共通感染症に関するガイドライン

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/infection/guideline.pdf    32 33 ページ

厚生労働省発表の感染予防(2008年9月)

http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/news/nagoyaburucera.pdf



店の責任を認め、お詫びさせていただきたいので

すが、今すぐに対処する力がないのも事実であり、心苦しく、どのようにすればよいのか、今、検討させていただい

ています。

レンタル犬の行動範囲は、広範囲にいたるため、当店ご利用の方だけでなく、感染告知をしなければならないと考え

ています。感染告知においては、早急の対応をようするため、メディア等の発表を要請中であります。

潜伏期間は、1週間〜3週間 数か月とのことです。擬陽性から陰性になっているレンタル犬もいることから、感染が

始まった時期は、確定はできませんが、1か月から3か月と考えられます。2007年4月に最後の仔犬出産を無事迎え

ていますので、すくなくとも、それ以前は感染はないのかとも考えられますが、確定できません。あくまでも、参考にし

かなりませんが・・・。

レンタル犬の今後

いろいろと考え方があり、どのようにしたらよいのか、今、スタッフ一同、混乱状態にありますが、命の尊さは人も

犬も同じと信じています。正しい判断をしなくてはなりません。全力を尽くし、今まで、多くの人を癒し、多くの方を救

ってくれたレンタル犬の命を守って行きたいと思っています。

保健所の指導員の方や獣医の先生方のご指導のもと、精一杯、わが子た ちの命を守っていくことをお許しください。

我々を癒してくれるわんこと、安全に暮らせる社会になることを懇願します。

どうか、制度の確立を・・・。

そして、当店で感染した恐れのあるわんことレンタル犬のために

支援していただけたら、幸いです。

胸が苦しいです。

イヌブルセラ症の放置から、抗体検査義務化へ を 懇願します 

最後に、感染させてしまったかもしれない飼い主のかた、わんこ、そして、当店を支え、支援してくださったかたがた

、村のスタッフ、本当に申し訳ありませんでした。

今、代表としてどのような、責任が取れるか、一生懸命、考えています。

まず、自分ができることは、告知でした。お許しください。




平成20年10月3日

株式会社 ジャネット 代表取締役 荒木 学



追記

予防法について

細菌事態、そんなに強い菌ではないため、塩素系の消毒、ハイターなどを30倍に薄め、お散歩時に消毒すれば、良いとの指導を受けております。もし、検査がでるまでご心配の方は、詳しくはかかりつけの獣医の先生にご相談ください。

10月13日 村長ブログにて、公表できること、里親のことなど、今後の情報を載せてまいります。

*************************
イヌブルセラ症について

 平成20年10月3日、都内の動物取扱業者から、犬を検査したところ、12頭がブルセラ抗体陽性であった旨当センターに連絡が入りました。これを受けて、当センターはブルセラ症の拡大防止と人への感染を防止するため、当該施設の調査指導を実施しました。当該施設におけるブルセラ症の発症は確認されませんでしたが、飼養施設の消毒の徹底、陽性犬と陰性犬との隔離、陽性犬の治療等について指示しました。
 ブルセラ症は感染犬の流産時の汚物等との接触により動物繁殖業者や獣医師が感染することがありますが、通常の生活では人への感染はまれです。




イヌブルセラ症 病原体 ブルセラ・カニス(Brucella canis;イヌ流産菌)


関係する動物 主な宿主は犬。まれに人に感染する。


感染経路 人:感染犬の死体、流産時の汚物等に接触して感染することあり。
犬:流産時の汚物等によって汚染された餌、感染犬の尿、乳汁等を介して感染する。


動物の症状 オス犬:精巣炎、精巣上体炎
メス犬:胎盤炎、妊娠45〜55日目(正常妊娠期間は約63日)に死・流産




人の症状 発熱、悪寒、倦怠感など、風邪に似た症状を示す。


予防法 犬と接触した後は、石鹸等での手洗いとうがいをする。
流産した犬は獣医師の検診を受ける。
感染犬の死体、流産時の汚物、尿などへの接触は極力避け、流産した犬の世話をするときは、ゴム手袋、マスクを装着する。また、汚物等が付着した場所は、消毒用エタノール、次亜塩素酸ナトリウムなどで消毒する。
感染犬と健常犬とを隔離する
       

http://www.jkc.or.jp/common/document/desease_2008.pdf


ニックネーム りぼん。パパ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルセラ症

イヌブルセラ症

動物からヒトにうつるブルセラ症のうち、イヌブルセラ症は最も軽症とされる。わが国には1970年頃、輸入された繁殖犬によって持ち込まれたと考えられる。
病原体:イヌブルセラ菌(Brucella canis)。

保菌動物となる愛玩動物: イヌ

愛玩動物における発生状況:
 家庭で飼育されているイヌにおける感染率は明らかではないが、動物愛護センター等に保護されたイヌの調査結果によると数%程度が過去に感染したことを示す抗体を保有している。イヌからイヌヘは交尾等によって伝播し、時としてイヌの繁殖施設において集団発生がみられる。
このような繁殖施設からペットショッブを経て保菌犬が購入される可能性がある。

患者発生状況:
 家畜由来ブルセラ菌(感染症法に基づく4類感染症)に感染したことが確認される患者はきわめてまれである、中でもイヌブルセラ症の症状は軽い場合が多く、感染を自覚しない感染者がどのくらいいるのかは不明である。イヌと濃密な接触をすることの多い獣医師に抗体陽性者が散見されるが、この場合も抗体検査によって感染に気づくことがほとんどである

愛玩動物から人への伝播:
 イヌブルセラ菌は、尿や精液、感染大が流産した場合は流産胎児や汚物に排泄されることが知られている。このため、分娩の介助や死流産した胎児を取り扱うことによって感染する可能性がある。原因菌が傷口や粘膜から侵入したり経ロ的に侵入することにより感染する。

臨床像と治療:
 潜伏期間は通常1-3週間で、その後、発熱、発汗、悪寒、倦怠感、頭痛などのカゼ様症状を呈することがある。しかしこの菌はヒトに対しては病原性が弱く、発症することはまれである。 発症した場合は他のブルセラ属菌感染の場合と同様に抗生物質を用いた治療が行われる。

愛玩動物の衛生管理と人への感染予防:
 動物用、人用ともにワクチンはない。
 イヌの購入に当たっては、死流産の発生がなく、生まれた子犬の発育が良好な信頼のおける繁殖所やペットショップを利用する。愛護センター等から入手する場合にはブルセラ感染の心配のない動物であることを確認し、愛護センターも検査体制を確立することが望ましい。
 飼育に当たっては、健康不良犬との接触を制限する、健康不良犬との接触を避けるため放し飼いを行わない、などが必要である




◆ブルセラ症
 ブルセラ症はブルセラ属菌による人獣共通感染症である。食料や社会・経済面のみならず、共 同生活者としても動物への依存度が強い国や地域では、いまだに重要な感染症の一つである。 一方、多くの工業国では動物のブルセラ症対策が行き届いた結果、ヒトのブルセラ症も減少した。 これらのことは、ヒトのブルセラ症の発生が保菌動物の存在に依存していることを示している。

疫 学
 本症のおもな分布域は地中海地域、西アジア、およびアフリカとラテンアメリカなどで、一部地域 では増加傾向にあるとされる。流行地で報告される発生数には大きな幅があるが、動物に対する ブルセラ症対策が行われていない地域での報告が多い。動物間でブルセラが流行している地域 でヒトの感染率が低く報告されている場合には、サーベイランスや報告システムの不備である可 能性を考える必要がある。一部の国々では、本来ヒツジとヤギを自然宿主とするBrucella melitensis 、 およびブタを自然宿主とするB. suis がウシに定着してヒトへの感染源となり、公衆衛生上の新し い問題となっている。
 ブルセラ症は、感染動物の乳や乳製品の喫食、感染動物(ウシ、ヒツジ、ヤギ、ブタ、ラクダ、 スイギュウ、野生反芻獣、およびまれにはアザラシ)やその死体、および流産組織などとの接触に よって感染する。酪農・農業従事者、獣医師、屠畜場従事者では職業的な感染のリスクが高く、 実験室内感染もある。

病原体
 ブルセラ属には多様な菌種が含まれることが示され、B. abortus, B. suis , B. neotomae, B.ovis, B. canis,そしてさらに最近では海洋動物に病原性を示すB.maris も分離されている。このうち公衆 衛生的にはB. melitensis 感染の問題が大きく、家畜に対して重要なのはB. abortus によるウシの感 染である。ブルセラ属菌の系統的な相関関係はrRNA の塩基配列によって解析される。最も近縁 な菌は日和見感染の原因ともなる環境菌Ochrobactrum anthropi で、この菌はブルセラ特異的 PCR によっても検出される。
 ブルセラ菌は食細胞、非食細胞のいずれにも感染しうるが、細胞への接着と侵入に関与する 遺伝子、および菌体成分は明らかではない。菌体成分のうち免疫防御を誘導する主要な抗原は S ‐LPS で、菌の細胞内生残に関与している。S ‐LPS は腸内細菌のLPS と異なり、内毒素感受性 のマウス、ウサギ、ニワトリ胎児に対する毒性、およびマクロファージに対する毒性が低く、発熱 性と低鉄血症誘導能も低い。これらはいずれも実験によって明らかにされたことであるが、ブルセ ラ菌の自然宿主に対する病原性発現の機序には不明の点が多い。

臨床症状
 潜伏期間は通常1〜3週間であるが、数カ月に及ぶ場合もある。症状は他の熱性疾患と類似し ているが、筋肉骨格系に及ぼす影響が強く、全身的な疼痛感、倦怠感、衰弱、およびうつ状態と、 持続的、間欠的、または不規則な発熱が見られる。一部では泌尿生殖器の症状が顕著である。
 症状は軽症で自然治癒する場合もあるが、重症化することもある。病気の期間は2〜3週間から数 カ月間である。

病原診断
 病原体については血液培養による診断が有効で、発熱時で、なるべく抗菌薬投与前の血液、あるいはリンパ節生検材料、骨髄穿刺材料などを対象とする。培養はB. abortus である場合を考 慮し、炭酸ガス培養を行う。37 ℃で2〜14 日間培養し、菌数の少ない菌血症の検索には増菌培 養も行う。ブルセラ属菌は小さい正円形、半球状にやや隆起した表面平滑なコロニーで、3日以 上の培養で直径1.5〜2mm になる。菌はグラム陰性の短桿菌で単在することが多く、長い連鎖は 作らない。両端濃染性を示さない。予備的な同定は形態、培養性状、および血清学的方法で行 う。確定的な同定はファージ型別、酸素代謝、または遺伝子型別によって行う。ブルセラ属菌は 研究室感染の危険が最も高い病原細菌の一つであるため、材料はBiosafety Level 3 基準を満 たす条件で取り扱うことが望まれる。
 本症は多くの場合慢性経過をたどり、有症状期でもすでに抗体を保有していることが多いため、 日常的な診断で血清診断の持つ意義は大きい。血清反応のうち、標準的に行われる試験管内 凝集反応は操作と判定が容易で、市販の家畜用の標準菌液を準用することができる。感染早期 では、2-メルカプトエタノール感受性のIgM 抗体が検出される。活動型の感染では、IgA とIgG 抗 体の検出が指標となる。

治療・予防
 ブルセラ菌にはテトラサイクリン系薬などの抗菌薬が有効であるが、細胞内寄生であるため、リ ファンピシンやキノロン系薬などの抗菌薬を併用する必要がある。成人の急性ブルセラ症に対す るWHO の推奨治療法は、600〜900mg/日のリファンピシンと200mg のドキシサイクリンを6週間投 与する方法である。髄膜脳炎や心内膜炎などの合併症がある場合には、リファンピシン、テトラサ イクリン、およびアミノグリコシド系薬を併用する。小児で合併症がない場合には、リファンピシン とコ・トリモキサゾールの併用が推奨される。抗菌薬耐性のブルセラ属菌の存在も知られている が、その臨床的な意義は明らかではない。
 現在、弱毒変異株を用いたワクチンの開発が行われているが、実用化には至っていない。実 際的には、ヒトのブルセラ症の予防は感染動物の根絶、および乳と乳製品の適切な加熱処理、予 防接種、および検査陽性動物の殺処分(Test and Slaughter)などの獣医学的な対策が有効であ る。これらの方法によってヒトのブルセラ症の発生が激減した国や地域が多い。

感染症法における取り扱い(2003年11月施行の感染症法改正に伴い更新)
 ブルセラ症は4類感染症に定められており、診断した医師は直ちに最寄りの保健所に届け出る。報告のための基準は以下の通りとなっている。
 ○診断した医師の判断により、症状や所見から当該疾患が疑われ、かつ、以下のいずれかの方法によって病原体診断や血清学的診断がなされたもの
 ・病原体の検出
  例、血液、骨髄その他の組織からの菌の培養・同定など
 ・病原体に対する抗体の検出
  例、試験管凝集反応(1:160 倍以上の力価)
   補体結合反応、競合酵素抗体法では急性期と寛解期で4 倍以上の力価上昇など


(国立感染症研究所獣医科学部 神山恒夫、細菌部 渡辺治雄)

ニックネーム りぼん。パパ at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008.10.15

豚小屋の様子。
DSC_0031.JPG0DSC_0025.JPG
ニックネーム りぼん。パパ at 08:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

東急ハンズで、豚の模型を買いました。

DSC_0023.JPG

養豚豚、たぶん、ヨークシャーの解剖模型です。JR高島屋のハンズで、3.045円でした。ちょっと、高いけど、豚の内部が、わかりやすいかも。。

残念なことに、香港製らしいのですが、解説に、若干の間違いが、あるようです。ただ、豚の模型は、少ないので、貴重な学習教材です。
ニックネーム りぼん。パパ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

日曜日に、42、000のキリ番を踏んだ人、自主申告お願いします。

42,000のキリ番、日曜のお散歩会の話題で、一気に、過ぎてしまいました。該当者は、メールしてね。たぶん、「豚のぬいぐるみ人形」が商品みたいだよ!!。
ニックネーム りぼん。パパ at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

本日、運動会とお散歩会が重なりました。

本日、運動会とお散歩会が重なりました。
aDSC_0057.JPG
お父さん達の仮装リレーは、面白かったです。

aDSC_0100.JPG
5歳児クラスは、鼓笛隊で、頑張ってました。

昨日、朝の間が、雨だったので、運動場が濡れているため、運動会が今日に、延期になりました。午前中、運動会に参加して、後片付けをして、2時半に終わり、反省会をして、3時に出発。3時20分には、お散歩会の会場に、滑り込みセーフ、4時までが、お散歩会なので、40分、参加できました。小牧から常滑まで、20分でした。
DSC_0120.JPG
飼育係さんのところで、雑種のかわいい子犬が、3頭居ました。連れて帰りたいくらいかわいいけど、我が家は、ミニブタが8頭も居るので、見るだけで、断念しました。子犬が、ほしい方は、募集中ですよ。

とても、可愛くて、人なれしていて、手の中で、寝てしまいます。



P1020171.JPG

飼育係さん家の、モモちゃんです。

P1020169.JPG
飼育係さん家のラブ君です。去年より、大きくなっていましたが、とても、慣れています。僕のズボンを気に入ったのか。ずっと、ひっついてえました。ただ、牙が、長くなり、切断しないと、唇に穴が空いてかわいそうでした。

P1020167.JPG
もも、ラブちゃんの専用のおうちと専用の運動場です。


aDSC_0126.JPG
智さん家のピース君が、遊びに来てました。


前半の、りんくう前島のお散歩会は、遅刻なんで、参加者は、不明です。希望者だけ、飼育係さんの家に集まってましたので、お会いできました。

ミニブタなしの参加の方、デムーロさん、始め、トポちゃんやujikoさん、ベイブ大好きさん他、お会いしました。かなりの遅刻なんで、先にお帰りになった方、気づかなかった方、見えると思いますが、ごめんなさいね。今回も、また、大和さん、息子さん、お孫さんなど、飼育係さん一家には、ごちそうになりまして、ありがとうございました。

時計をみて、突然、今なら高速で間に合うギリギリって感じなので、手土産など、手ぶらで、参加して、ご馳走になるばかりで、恐縮でした。

かわいいワンちゃんに合えて幸せでしたし、大和さんの昔話が面白かったし、勉強になりました。ありがとうございました。

マリリンさん一家に、会えなくて残念でした。

ニックネーム りぼん。パパ at 19:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

ミニブタの赤ちゃんも、離乳したら、里親さん家に行くんだよね。



I wish...そうであったら良いのに、、、出来ることなら、一緒に、いつまでも、暮らしたい。。。と言う願いでしょうか。
ニックネーム りぼん。パパ at 20:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の子豚のおやつは、貴重なバナナです。

最近、バナナダイエットとか、一過性のブームで、バナナが品薄とか。。それでも、豚さんが、バナナが好きだからと、いただきものをしました。皮をむいて、細かくさいの目に、切って、子豚にやりました。

バナナは、好評みたいです。良く食べました。

ちなみに、NS−Aと言う離乳食は、とうもろこしやふすまが原料みたいですが、やぎ乳の粉末や、犬用の粉ミルクより、食いつきは良いですね。さすが、専用離乳食って、感じです。

母乳や離乳食など、適正にやれば、ミニブタの繁殖は、昔に比べれば、随分、楽になりましたね。昔は、母乳を飲まない子は、牛乳も飲まないし、本当に、注射器で、1頭づつ、口に、ミルクを流しこんで、1日、つきっきりでしたが、今は、いろんな、粉ミルクや専用離乳食があって、とても楽です。また、子豚だけ、隔離して人間が育てるのは、苦労しますが、親子でなくても、近くに豚が居れば、その豚が食べた餌は、子豚は素直に食べてくれるので、助かります。さっきまで、巌として食べなかった餌も、同類の豚が食べているのを見せるだけで、急に、食べ始めるのが、不思議ですね。
ニックネーム りぼん。パパ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

今日から、離乳食NS−Aを食べる。

DSC_0334.JPGDSC_0309.JPGDSC_0328.JPGDSC_0301.JPGDSC_0331.JPG
DSC_0303.JPGDSC_0291.JPG


離乳食のやり方は、まず、庭に離乳食を撒くことから始めます。
子豚だけ別にして、離乳食を皿に入れて出しても、なかなか食べません。お腹が、空かないと食べないのです。ところが、親子で、食べさせると、最初は、ほとんど、母豚が、食べちゃいますが、この粉末が、母豚が食べてみせてくれる食べ物なんだ!って、解かるみたいで、2回目からは、その粉末を覚えていて、隔離して子豚にやると、腹がそれほど、減ってなくても、食べるようになります。

最初のおっぱい以外の食べ物には、警戒心が強いようです。母豚が食べたものは、食べようとします。

また、母乳の時期が長ければ長いほど、子豚の大きさの差がつきます。
前回は、同じ大きさに育てようとして、小さい豚には、牛乳をやったりしてましたが、結局、母乳では、吸う力が強い子が、絶えずたくさん飲んで大きくなることが、解かりました。ただし、離乳すれば、そのうち大きさは、追いつくことも、解かりました。現在、大きい子と小さい子で、倍くらい差があります。
オスが3頭、メスが2頭です。
ニックネーム りぼん。パパ at 17:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

豚さんの爪きり

ニックネーム りぼん。パパ at 18:18| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

ミニブタの赤ちゃんの日常。10月2日


とっても、元気な赤ちゃんミニブタです。庭中、走り回ってます。兄弟、じゃれあって、遊んでいます。足がとても速いし、すばしっこいです。





お疲れになると、ストーブの前を占拠して、みんな引っ付いて、川の字のように寝ます。
ニックネーム りぼん。パパ at 17:18| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

いつから、粉ミルクを与えるか?

ペットミニブタの場合、いつから、離乳粉ミルクを与えるのが、良いのか、考えてみました。母豚の生理は、21日間ですので、3週間は、子宮がもとに戻りません。また、粉ミルクに変え、おっぱいを飲まなくなると、メス豚は、すぐに、性交できますが、子宮が、元に、戻ってないので、体調によくありません。よって、4週間、母乳の常乳で、育て、4週以降、柵で、子豚だけ入れる、コーナーを作って、粉ミルクと、子豚用の水を与えようと思ってます。この柵を作るのは、ミルクは、甘くておいしいため、同じ小屋で、やってしまうと、母豚が、先に食べてしまうからです。また、4週後に、おっぱいか、離乳粉ミルクか、子豚が選べるのは、この時期の子豚は、成長のばらつきが大きく、一斉におっぱいから、粉ミルクに変えられないため、粉ミルクが食べられる子豚から食べてもらうため、柵を作りました。水と粉ミルクをいっしょに置くのは、粉ミルクを唾液ではなく、水と混ぜて飲んでもらい吸収をよくするためです。養豚の場合は、抗菌剤や抗生物質が入った離乳食を生後3日目から食べさせる場合もありますが、ペット豚は、初乳の免疫を伸ばしていく意味で、生菌剤や抗生物質が入った、離乳粉ミルクは、やらないことにしました。
ニックネーム りぼん。パパ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

11月より、公開。日活「ブタがいた教室」

映画チケットに初のベルマーク 日活「ブタがいた教室」
2008年8月22日
ブタがいた教コ.jpg

映画「ブタがいた教室」から
 映画を見て、学校を豊かに――。教育助成のベルマークが初めて映画のチケットにつく。第1号は日活配給の「ブタがいた教室」(11月1日公開、前田哲監督)。小学校を舞台に、教育のありかたを考えた作品だ。日活は、今後もふさわしい映画を選んでつけていきたいという。

 昨年度のベルマークによる教育設備購入額は約5億円。約1割が地方の学校や災害被災校、養護学校、海外の子供たちに向けて使われる。マークを提出する人が10人に1人とすると、日活が目標とする入場者30万人なら、36万円が贈られることになる。

 「ブタがいた教室」は、小学6年のクラスが、食べるために子豚を飼い、命の意味を学ぶ物語。子豚を食べるべきかどうか、先生(妻夫木聡)を中心に、児童が涙を流しながら激論を交わす。実話に基づいている。

 ベルマーク教育助成財団の末吉正憲事務局長は「食育の面でも優れた映画。今後は、子供向けに限らず、大人の優れた映画にもつけたい」と話す。他社の配給映画にも広げていきたい考えだ。

 ベルマーク付き前売り券は23日から発売される。(宮崎陽介)

ニックネーム りぼん。パパ at 15:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いのちの食べ方」と言う映画の予告編です。

「いのちの食べ方」と言う映画の予告編です。



原題「OUR DAILY BREAD」(われら日々の糧)は聖書の言葉。我々の食卓に上る食材を生み、届ける現場を描いたドキュメンタリー作品だ。
ナレーションは一切無し。
ドイツ・オーストリア映画だけに話し言葉はドイツ語と、労働現場のトルコ人やアフリカから来た黒人の言語で全く理解できず、字幕も無い。一風変った記録映画だ。


人間が生きて行くために食物として供される肉、野菜、魚、果物の数々。これらの食材はどのように生産され、どのように加工され我々の食卓にのぼるのだろうか?

例えば牛や豚、鳥などの肉類は300万トン。何万羽ものヒヨコが、鶏が、ベルトコンベアや動く金属の溝で運ばれ、足を吊られ、羽根をむしられ、頭をちょん切られ、続々と加工される。
ヒョウキンな顔をして鼻を突き出している豚も次々と殺され、宙吊りで腹を裂かれて内臓が飛び出す。
足を切りとり、内臓を選り分ける作業員たちの、無表情、無感動で淡々と仕事を進める光景が何とも不気味だ。

牛の場合はもっと残酷だ。
大きな体をカプセルに押し込まれ、優しい目をした可愛い顔を閉所から出しているところを、コテのようなもので額にショックを与えられ悶絶。死亡を確認後、宙吊りにされ解体される。喉から腹に刃物を入れると滝のように噴出して流れる血。
解体人は慣れた手つきで、浴びた血をホースで洗い流す。

動物を扱った劇映画の最後には必ず「ここで使われた動物の殺傷はいたしておりません」と添え書きが出るが、この映画では何万頭という動物が殺されている。だからそんな添え書きは当然出て来ない。

食材が魚や野菜になると救われる。
特に一本一本とキュウリをもぐ、樹からリンゴを切りとる、キャベツを根から離しナイロンでパックする、木にたわわになったナツメヤシを機械で揺すり落とすなどのシーンは何故かホッとする。
ともかく血が流れないからだ。

豚の手足を鋭利なはさみで切り落としていた女性作業員が、昼のサンドイッチを黙々と食べているシーンが映し出される。
残酷なことをしたという表情も無く、正面のカメラを見据え美味しそうにぱくつく昼食。
「食物連鎖」の頂点は人間だとつくづく思い知らされる映画だ。
パリ、アテネなどの環境映画祭でグランプリを受賞している。

*********************************************************
http://video.google.com/videoplay?docid=550645035710725344&hl=ja

いのちの食べかた(OUR DAILY BREAD)
2005年ドイツ・オーストリア映画、エスパース・サロウ配給、1時間32分、2007年11月10日公開
監督:ニコラウス・ゲイハルター
公式サイト:
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/


ニックネーム りぼん。パパ at 14:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃんオス豚の去勢の日程。

赤ちゃんオス豚の去勢の予定日程が、決まりました。

生後2ヶ月後の11月14日ごろです。養豚ですと、生まれて3日目くらいに、去勢しますが、無麻酔ですので、子豚への恐怖心や精神的ストレスが、飼育上、トラウマとして、残るため、ペットとしては、良くないこと、尿道が発達途中のため、尿道が細いまま引っ張られ、おしっこがしにくいので、費用は、掛かりますが、麻酔をかけて、去勢することにします。今、生後2週間ですが、もう一人前に、オチOチンが、ついています。前回は、生まれてすぐ、ニッパーで、牙(切歯)を切りましたが、今回は、この去勢時に、麻酔が掛かるため、歯科グラインダーで、削ることにしていますので、生まれたときに、歯は切っていません。もちろん、養豚界で、言われるような、母豚の乳首を怪我させることなど、腹飼い放牧飼育では、ありませんので、そのままです。ただし、オス豚は、去勢しても、牙は伸びますので、この麻酔のチャンスに、同時に行うことにしました。

麻酔は、心臓に、かなり負担が掛かりますし、絶食、絶水なので、今のように、1時間ごとに、母豚のおっぱいを飲んでいる状態では、無理ですし、縫合した糸を、抜糸するまで、隔離して育てるため、離乳が終わって、普通の餌が食べられる状態にならないと、無理なんです。

http://www.geocities.jp/nqc34740/5newpage136.htm

(K’sペットクリニックより転載)


ニックネーム りぼん。パパ at 10:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

ポットベリーは、品種?

ポットベリーって、品種なの?って、お散歩会で、聞かれました。

うーん。難しいけど、品種と言うほど、確立されたものでは、ないと思うことを、お話しました。

http://animal.dna.affrc.go.jp/agp/introduction/Swine2001.pdf

ここに、豚ゲノムの研究って言うのが、載っています。

http://group.lin.go.jp/grand_prix/1999/k50/40-99-1s.html

ここには、純粋バークシャーの見分け方が書いてあります。

生物分析とか、DNA分析、遺伝子工学、黒豚の鑑定、SLA分析など、難しいことが、いっぱいかいてありますが、ポットベリーが、品種として、固定されたとは、書かれていないのです。ポットベリーは、ミニブタと言う用語と同様、ある幅を持った品種群と言う感じでしょうか?

http://www.ee.seikei.ac.jp/~seiichi/lecture/Biomedical/12/12-DNA.html

http://www.visionbio.com/inspect/dna/etc.html
ニックネーム りぼん。パパ at 20:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする