2010年09月16日

口蹄疫禍は、アジアからアフリカ全土へ伝染。

Replikins TransFoot and Mouth Disease (FMD) Vaccine(TM) Now Available; Highest Replikin Count in FMDV in 52 Years Found in 2009

London, England, July 16, 2010 − BioRadar UK Ltd. predicted one year ago the current severe Foot and Mouth Disease (FMD) outbreaks after recording an increase of the Replikin Count (ref. 1) of the FMD Virus (FMDV) to its highest level in 52 years. Based on these findings, a new synthetic Replikins Trans-Strain FMD Vaccine, called TransFMDV(TM), has been developed and is now available. The announcement was made at the recent Biorbis Conference on Vaccine Production and Manufacturing in Amsterdam, the Netherlands. The conference was attended by major pharmaceutical company executives to examine how vaccine production could be accelerated in view of the problem last year of responding “too little, too late” to the H1N1 influenza pandemic.

The Foot and Mouth Disease outbreaks now rampant in Asia are moving west to the Middle East and south to Africa. The last major FMD outbreak followed the same path of spread, and cost approximately 17 billion pounds sterling when it reached the U.K. in 2001.

BioRadar(TM) also gave warning one year in advance (January 2009, ref. 2) of the re-emergence of H5N1 (bird) influenza. H5N1 is now producing outbreaks in chickens in 63 countries. In Egypt, H5N1 has appeared in 31 human cases (40% mortality). The accuracy of these predictions is supported by the fact that BioRadar(TM) predicted, one year in advance, the H1N1 pandemic of 2009.

Dr. Samuel Bogoch, chairman of BioRadar UK Ltd., reported to the Amsterdam conference that the new technology gives accurate advance notice of virus outbreaks.

Further, two Replikins synthetic vaccines have been found by others to be effective against H5N1 influenza in chickens (TransFlu(TM)) (ref. 3) and against lethal Taura Syndrome virus in shrimp. These synthetic non-biological methods produce Replikins vaccines in 7 days rather than the six to eight months required by older biological methods. Regardless of which method of vaccine production is used, even using standard biological methods, one year of additional time to produce and test vaccines is now possible.

United Kingdom’s UK Trade and Investment (UKTI) announced that BioRadar UK Ltd. has “one of the first reliable systems for accurately predicting the strain of future flu outbreaks together with the severity and duration.” Subscriptions to the Replikins BioRadar Global Surveillance System(TM) are being received by BioRadar UK Ltd.

Replikins TransFootと口は、現在利用できる(TM)(FMD)ワクチンを病気にかからせます;最も高いReplikinは、2009のロンドン、イングランド、2010年7月16日で見つかる52年で、FMDVでは重要です − BioRadar英国社は、1年前、その最高のものにFMD Virus(FMDV)のReplikin Count(ref. 1)の増加を記録することの後の現在の厳しいFootとMouth Disease(FMD)発生が52年で水平になると予測しました。これらの調査結果に基づいて、新しい合成Replikins Trans-Strain FMD Vaccine(TransFMDV(TM)と呼ばれている)は、開発されて、現在利用できます。発表は、アムステルダム(オランダ)で、Vaccine ProductionとManufacturingの上で最近のBiorbis会議でなされました。会議には、ワクチンの生産がどのように「あまりほとんどでなく、あまり遅くでなく」H1N1インフルエンザ世界的流行病に反応する昨年問題を考慮して速められることができたかについて調べるために、主な製薬会社経営陣が出席しました。

現在アジアで激烈なFootとMouth Disease発生は、アフリカに西を中東と南へ移動しています。最後の大きな口蹄病の発生は、スプレッドの同じ通り道をたどって、それが2001年に英国に到着したとき、およそ170億ポンドの英貨がかかりました。

BioRadar(TM)は、また、1年前に(2009年1月、ref. 2)H5N1(鳥)インフルエンザの再現を警告することを与えました。H5N1は、現在63カ国で鶏で発生をもたらしています。エジプトでは、H5N1は31の人間のケース(40%の死亡率)に現れました。これらの予測の正確さは、BioRadar(TM)が、1年前に、2009年のH1N1世界的流行病を予測したという事実で支えられます。

サミュエルボゴフ博士(BioRadar英国社の会長)は、アムステルダム会議に、新技術がウイルス発生の正確な予告を伝えると報告しました。

さらに、2つのReplikins合成ワクチンは、鶏(TransFlu(TM))(ref. 3)のH5N1インフルエンザに対して、そして、エビの致死タウラSyndromeウイルスに対して効果的であることを他によって分かりました。6〜8ヵ月が以前の生物学的方法によって要求したよりはむしろ、これらの合成非生物学的方法は7日でReplikinsワクチンを生産します。ワクチンの生産のどの方法が使われて、標準的な生物学的方法さえ使用しているかに関係なく、ワクチンを生産して、テストするさらなる時間の1年は現在可能です。

イギリスの英国TradeとInvestment(UKTI)は、BioRadar英国社が「ひどさと期間と共に正確に将来のインフルエンザの大流行の重圧を予測するための最初の信頼できるシステムのうちの1つを持つと発表しました。」、Replikins BioRadar Global Surveillance System(TM)へのSubscriptionsは、BioRadar英国社によって受け取られています。


************************************


Genetic Characterisation of an Asian FMD Virus Strain from Pigs
Scientists in China have succeeded in the genetic characterisation of the cell-adapted pan-Asian strain of foot and mouth disease (FMD) virus isolated from pigs.

XingWen Bai and colleagues at the National Foot and Mouth Disease Reference Laboratory at the Chinese Academy of Agricultural Sciences in Lanzhou have published a paper on the genetic characterisation of a strain of the FMD virus in the latest issue of Virology Journal.

The researchers say that, according to Office International Des Epizooties (OIE) Bulletin, the pan-Asian strain of Foot-and-Mouth Disease Virus (FMDV) entered the People's Republic of China in May 1999. It was confirmed that the outbreaks occurred in Tibet, Hainan and Fujian provinces. In total, 1,280 susceptible animals (68 cattle and 1,212 swine) were destroyed for the epidemic control.

To investigate the distinct biological properties, the researchers performed plaque assay, estimated the pathogenicity in suckling mice and determined the complete genomic sequence of FMDV swine-isolated O/Fujian/CHA/5/99 strain. In addition, a molecular modeling was carried out with the external capsid proteins.



Results
The pathogenicity study showed that O/Fujian/CHA/5/99 had high virulence with respect to infection in three-day-old suckling mice (LD50=10-8.3), compared to O/Tibet/CHA/1/99 (LD50=10-7.0), which was isolated from cattle. The plaque assay was distinguishable between O/Fujian/CHA/5/99 and O/Tibet/CHA/1/99 by their plaque phenotypes. O/Fujian/CHA/5/99 formed large plaque while O/Tibet/CHA/1/99 formed small plaque. The 8,172 nucleotides (nt) of O/Fujian/CHA/5/99 was sequenced, and a phylogenetic tree was generated from the complete nucleotide sequences of VP1 compared with other FMDV reference strains.

The identity data showed that O/Fujian/CHA/5/99 is closely related to O/AS/SKR/2002 (94.1% similarity).

Based on multiple sequence alignments, comparison of sequences showed that the characteristic nucleotide/amino acid mutations were found in the whole genome of O/Fujian/CHA/5/99.

ブタからのアジアのFMDウイルス重圧の遺伝子の特徴描写
中国の科学者は、ブタから分離される口蹄疫(FMD)ウイルスの細胞構成される汎アジアの種の遺伝子の特徴描写に成功しました。


蘭州のAgricultural Sciencesの中国のAcademyの国立FootとMouth Disease Reference LaboratoryのXingWen Baiと同僚は、Virologyジャーナルの最新号で、FMDウイルスの種の遺伝子の特徴描写の上で、文書を公開しました。

研究者は、オフィスインターナショナルDes Epizooties(OIE)ブリテンによれば、FootとMouth Disease Virus(FMDV)の汎アジアの重圧が1999年5月に中華人民共和国に入ったと言います。発生がチベット、海南と福建行政区で生じることが確認されました。全体で、1,280匹の感じやすい動物(68匹の牛と1,212匹の豚)は、流行している支配のために滅ぼされました。

異なった生物学的特性を調査するために、研究者は飾り額分析評価を行って、マウスに乳を飲ませる際に病原性を推定して、FMDV豚を孤立するO/Fujian/CHA/5/99重圧の完全なゲノムシーケンスを決めました。そのうえ、分子モデリングは外部のキップシッドタンパク質で実行されました。

O/Tibet/CHA/1/99(LD50=10-7.0)と比較して、病原性研究がそのO/Fujian/CHA/5/99に示した結果は3日の古い乳飲み子マウス(LD50=10-8.3)で感染に関して高い悪意を持ちました。そして、それは牛から分離されました。飾り額分析評価は、彼らの飾り額表現型によってO/Fujian/CHA/5/99とO/Tibet/CHA/1/99の間で区別できました。O/Tibet/CHA/1/99が小さな血小板を形成する間、O/Fujian/CHA/5/99は大きなプラークを形成しました。O/Fujian/CHA/5/99の8,172ヌクレオチド(nt)配列しました、そして、系統発生の木は、他のFMDV参照重圧と比較されるVP1の完全なヌクレオチド配列から発生しました。


O/Tibet/CHA/1/99(LD50=10-7.0)と比較して、病原性研究がそのO/Fujian/CHA/5/99に示した結果は3日の古い乳飲み子マウス(LD50=10-8.3)で感染に関して高い悪意を持ちました。そして、それは牛から分離されました。飾り額分析評価は、彼らの飾り額表現型によってO/Fujian/CHA/5/99とO/Tibet/CHA/1/99の間で区別できました。O/Tibet/CHA/1/99が小さな血小板を形成する間、O/Fujian/CHA/5/99は大きなプラークを形成しました。O/Fujian/CHA/5/99の8,172ヌクレオチド(nt)配列しました、そして、系統発生の木は、他のFMDV参照重圧と比較されるVP1の完全なヌクレオチド配列から発生しました。

アイデンティティデータは、O/Fujian/CHA/5/99がO/AS/SKR/2002(94.1%の類似性)に密接に関連があることを示しました。

複数のシーケンス調整に基づいて、シーケンスの比較は、特徴のあるヌクレオチド/アミノ酸突然変異がO/Fujian/CHA/5/99の全部のゲノムで見つかることを示しました。


Conclusion
Bai and co-authors said their findings suggest that C275T substitution in IRES of O/Fujian/CHA/5/99 may induce the stability of domain 3 for the whole element function. The structure prediction indicated that most of 14 amino acid substitutions are fixed in the capsid of O/Fujian/CHA/5/99 around B-C loop and E-F loop of VP2 (antigenic site 2), and G-H loop of VP1 (antigenic site 1), respectively.

These results imply that these substitutions close to heparin-binding sites (E136G in VP2, A174S in VP3) and at antigenic site 1 (T142A, A152T and Q153P in VP1) may influence plaque size and the pathogenicity to suckling mice.

The potential of genetic characterisation would be useful for microevolution and viral pathogenesis of FMDV in the further study, concluded Bai and co-authors.

Reference
Bai X-W., H-F. Bao, P-H. Li, P. Sun, W-D. Kuang, Y-M. Cao, Z-J Lu, Z-X. Liu and X-T. Liu. 2010. Genetic characterization of the cell-adapted PanAsia strain of foot-and-mouth disease virus O/Fujian/CHA/5/99 isolated from swine. Virology Journal, 7:208. doi:10.1186/1743-422X-7-208.

結論Baiと共著者は、彼らの調査結果がO/Fujian/CHA/5/99のIRESのC275T代用が全部の要素機能のために領域3の安定性を誘導するかもしれないことを示唆すると言いました。構造予測は、大部分の14のアミノ酸置換がBCループとVP2(抗原性サイト2)のEFループのあたりのO/Fujian/CHA/5/99と、それぞれ、VP1(抗原性サイト1)のG-Hループのキップシッドの中に固定されることを示しました。

これらの結果は、ヘパリン結合部位(VP2(VP3のA174S)のE136G)の近くの、そして、抗原性サイト1(VP1のT142A、A152TとQ153P)のこれらの代用がマウスに乳を飲ませることに飾り額サイズと病原性に影響するかもしれないことを意味します。

遺伝子の特徴描写の可能性は、更なる研究、終わられたBaiと共著者で小進化とFMDVのウィルス病因に役立ちます。

参照黄砂X-W.、HF。バオ、pH。Li、P. Sun、WD。Kuang、Y-M。Cao、Z-J Lu、Z-X。リウとXt.。リウ。2010。豚から分離される口蹄疫ウイルスO/Fujian/CHA/5/99の細胞構成されるPanAsia重圧の遺伝子の特徴描写。7:208に、ウイルス学ジャーナル。doi:10.1186/1743-422X-7-208。
ニックネーム りぼん。パパ at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2370263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック