2010年05月26日

口蹄疫対策、殺処分強制化へ 特措法成立で与野党合意

2010年5月26日 19時22分 ( 2010年5月26日 20時20分更新 )
口蹄疫対策、殺処分強制化へ 特措法成立で与野党合意
 宮崎県の口蹄疫問題で、民主、自民、公明の3党は26日、ワクチン接種後の殺処分を国が強制的に行えるようにすることなどを柱とした「口蹄疫対策特別措置法」を今国会で成立させることで合意した。法案は殺処分した家畜は国が評価額を全額補償することや、これまで各農家が確保することとされていた殺処分後の埋却用地を国や県が用意することも盛り込む方針。関連予算規模は約1千億円。


ニックネーム りぼん。パパ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2092166
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック