2010年05月22日

汚染国と清浄国と輸出入。

口蹄疫が発生すると、国内の畜産市場の構造自体が変わってしまう。
今まで日本は口蹄疫が発生していたブラジルやアルゼンチンから肉の輸入を禁じていた。

しかし日本でこれだけ口蹄疫が広がってしまうと、
これらの国から肉の輸入を断れる理由を失ってしまう。

そのため今後はブラジルやアルゼンチンなどの国から
日本へ安い肉の輸入が始まるだろう。
そうなると国内業者が価格競争にさらされる。

国内ブランド肉が、
安いくてリスクのある肉に
淘汰されることになる。

(転載)

ニックネーム りぼん。パパ at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2085129
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック