2010年05月05日

豚の口蹄疫

口蹄疫
(法定伝染病)

 口蹄疫は口蹄疫ウイルスによる急性伝染病で、偶蹄類動物に感染します。死亡率は低いですが、伝播力はきわめて強いため、ひとたび流行すると急速に広範囲に蔓延することや、また、ウイルスの血清型が多いため防疫がきわめて困難なことから、国際的に最も重要な家畜伝染病となっています。

=発生・疫学=

 世界各国で発生が見られます。我が国でも平成12年に宮崎県と北海道で3戸22頭の発生がありましたが、平成12年9月27日付けで清浄国に復帰しました。。ウイルスは感染動物やその汚染物との接触によって伝播し、さらに地域が濃厚汚染地帯になると空気伝播もおこります。

=対象動物=

予防法では牛、水牛、シカ、めん羊、山羊、豚、イノシシが対象です。

=症状=

 発熱・元気消失・食欲不振に陥ると同時に、多量の流涎がみられ、口腔内と四肢の蹄冠部・趾間部に水疱が形成されます

口蹄疫  1.jpg


口蹄疫  2.jpg

]
image5.jpg


口蹄疫  5.jpg


口蹄疫  6.jpg.jpg


口蹄疫  3.jpg

社)全国家畜畜産物衛生指導協会パンフレットより引用


=治療・予防=

 治療法はありません。発生した場合は予防法に基づき殺処分を行います。
 予防としては、輸入検疫の強化等、海外からの侵入防止対策が最も重要です。我が国では流行地域からの家畜や畜産物の輸入は禁止されています。

=参考=

「口蹄疫ウイルスに対する市販消毒薬の効果」について

独立行政法人農業技術研究機構動物衛生研究所が実施した、口蹄疫ウイスルに対する市販消毒薬の効果に関する試験成績によると、口蹄疫ウイスルに対する明らかな効果が認められた消毒薬は下表のとおりです。


製剤名 効果が認められた最高希釈倍数
ヨウ素系消毒薬
クリンナップルA 400
動物用イソジン      2
ファインホール    400  
ポリアップ3     400
リンドレス     1000
      
塩素系消毒薬
アンテックビルコンS   2000
クレンテ   2000
スミクロール        1000
   
アルデヒド系消毒薬
グルタクリーン        800

その他
クリアキル-100
(0.1%NaOH添加)      500


口蹄疫とは
 ・ 牛、豚、めん羊、山羊などの偶蹄類に感染する

 ・ 非常に伝染性の強い、急性かつ悪性の伝染病
 ・ 症状は、口の中や蹄(ひづめ)の付け根、乳頭などに水疱(みずぶくれ)ができ、発熱・

   元気消失・多量のよだれを流す・食欲不振・泌乳量低下・足を引きずるなど

ニックネーム りぼん。パパ at 14:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 養豚豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もポットベリーを飼っています。
医者に言われた予防接種は日本脳炎、豚梅毒位でした。。
この病気は予防接種などないのでしょうか?病気にかかると、と殺なんて…
Posted by 山崎ひろみ. at 2010年05月06日 17:49
口蹄疫ウイルスは、予防接種は、ないようですね。

伝染性が、非常に強いので、要注意ですね。

他の牛、豚、めん羊、山羊などの偶蹄類に近づかないのが、1番みたいです。
Posted by りぼん。パパ at 2010年05月06日 21:08
口蹄疫とは偶蹄類(牛、水牛、山羊、羊、鹿、豚、猪、カモシカなど)やハリネズミ、ゾウなどが感染するウイルス性の急性伝染病です。

現在、宮崎県を中心に急速な広がりをみせています。
5 月7日 現在 殺処分された牛や豚は45000頭を超えます。
おそらく他県にも飛び火するかと思います。

飼われているミニブタさんも口蹄疫にかかるおそれがあります。
口蹄疫になった場合、ペットでも殺処分になってしまいます。
飼い主さん同士で連絡をしあって、獣医さん等に予防の対策を聞いた方がいいと思います。
大切な家族を失う事になってしまうかも知れません。

情報統制の裏で拡大する口蹄疫被害
http://www.youtube.com/watch?v=AAmUGix3LSM
Posted by karu at 2010年05月07日 15:44
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2063838
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック