2010年05月02日

口蹄疫

豚1頭が口蹄疫疑い、飼育の3882頭殺処分へ
 宮崎県は1日、同県川南町の県経済農業協同組合連合会川南種豚センターが飼育する豚1頭が、家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」に感染した疑いがあると発表した。センターが飼育する豚計3882頭が薬殺処分となる。県によると、口蹄疫による1施設での殺処分数としては過去最多。同県内で口蹄疫の感染が確定したり、疑いが出たりした施設は13となった。

 センターの豚を診察した獣医師が4月30日、口蹄疫に似た症状の豚がいると宮崎家畜保健衛生所(宮崎市)に通報した。立ち入り検査した家畜防疫員が、乳房に水ほうなどがある2頭から検体を採取。遺伝子検査の結果、1日に1頭が陽性と判明した。センターは、県のブランド豚を飼育し、繁殖用の母豚を農家に年間700頭出荷している。ただ、1例目の牛の疑い例が出た同月20日には出荷を停止した。ウイルスの潜伏期間は1週間〜10日のため、県は「出荷により感染を拡大させたことはない」との見解を示している。

 豚は体内でウイルスが増殖する速さが牛の100〜1000倍とされる。県は国と協議のうえ、陽性反応が出る前に、獣医師の所見だけで口蹄疫の疑いがあると判断。30日から薬殺処分を始めている。

(2010年5月2日 読売新聞)

ニックネーム りぼん。パパ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 養豚豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2058924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック