2009年08月24日

ミニ豚の赤ちゃんへの授乳。

赤ちゃんは、母ブタのおっぱいを吸って育ちます。

ミニ豚は、どうやら、牛のように、常時、乳が出続けることがないようです。

おっぱいが、張っても、ポタポタと乳が落ちることもなく、1時間おき程度に、ボッボッっと言って、赤ちゃんを呼び、赤ちゃんが、吸ったとき以外は、おっぱいが出ないようです。

りぼん。は、人工的に育った環境のためか、育児は、あまり上手ではありません。

結局、人間が、母ブタも仔豚も、助けてやらないと、駄目なようです。
僕としては、仔豚が、野生的に一人前になれるように、人間が助けなくても、りぼん。が、育ててほしいのですが。。

比べて、八戒は、野生的です。
逃げたら、捕まらないほど、やんちゃです。牙も、ピカピカで、非常に、危ない状況ですね。

もう、すでに、2回も小屋を、壊しました。

学校のざら板に使うような、10cm幅で、厚み1cmの木は、齧って、折ってしまいます。

すでに、2本、やられました。

1本あたり、10分もあれば、齧り切るようです。

野生のいのししとほとんど変わりませんね〜。

未去勢オスの野生が目覚めたときは、ものすごい力です。

70kg弱の私は、リードを持つと、引きづられぱなしです。


ニックネーム りぼん。パパ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1818051
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック