2009年08月16日

出産、廃用、高齢出産、産子数の減少。

出産、廃用、高齢出産、産子数の減少

若いうちが、死産、難産が少ないようだ。人間と同じだね。

往診診の森動物病院とコンタクトを取ってみた。
ニックネーム りぼん。パパ at 00:26| Comment(5) | TrackBack(0) | りぼん。のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アニマルプラネットの豚さんの番組だったと思うのですが
養豚の繁殖用のメス豚さんは6歳で
廃棄処分されるとかふらふら
6歳くらいから繁殖能力が落ちるのでしょうね・・・

りぼん。ちゃんは、まだ若いのですが・・・
1回目と2回目の出産の間が短すぎたので
身体が疲れてるのでしょうかあせあせ(飛び散る汗)
Posted by チョコのママ at 2009年08月16日 10:37
養豚の場合と違って、ドワープミニブタは、もともと、難産なんです。小さい体で、豚の多産遺伝子のため、無理に、たくさん妊娠してしまいますので。。今回は、3回目なのですが、1回、2回目の間が、短かったので、栄養を採って、休んでいたのですが、やはり、異常気象と言うか、急に、梅雨が明けて、暑くなり、熱中症と言うか、母体がついて行けなかったようです。赤ちゃんは、冷房できないので、暑くても、日陰で、常温で産むしか無かったです。本当は、産室を、前回のように、作ってやれば良かったのですが、前回は、産み始めたら、産室に移動したので、ストレスだったようで、今回は、外小屋を産む場所に、決めたので、8月だから、気温は、大丈夫と思ったら、風があって、羊水で濡れた赤ちゃんには、毒だったみたいです。一応、6頭、産んでは居るのですが、陣痛微弱なんですね。

前回は、子宮収縮剤と陣痛促進剤の注射を打っているんです。

今回は、お盆休みで、注射はなしでした。
Posted by りぼん。パパ at 2009年08月16日 13:03
養豚豚は、1回に、10頭以下の出産になれば、肉豚になります。

ミニブタは、6頭くらいが、限度で、たまに、9頭とか、産む子も居るみたいですが。。
Posted by りぼん。パパ at 2009年08月16日 13:13
そんなに赤ちゃん生むんですね

赤ちゃんはかわいいけどりぼんちゃんが弱ってしまうならもう生んで欲しくないです

早くりぼんちゃんが元気な姿が見たいです


森って往診やりますかexclamation&question
うちは断られました
Posted by マリリン at 2009年08月16日 13:22
そうねえ。産んでほしくないって、思ってますけど。まだ、1回も、掛け合わせたことは無いんですよね〜。八戒君とラブラブなんで。。。自然に。。。困ったものです。

M病院の場合は、ケースバイケースでしょうね。難しいことや外科的なことは、引き受けないでしょうね。基本的に、麻酔に、強くて、経験がないと往診で、麻酔は、打てませんね。首(耳の後ろ)に打つのですが、筋肉に打たないと駄目なんです。脂肪に打っても、駄目なんです。

トントン君の爪は、トントン君を知らない人では、難しいとは、思いますが。。。
Posted by りぼん。パパ at 2009年08月16日 15:06
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1811126
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック