2009年08月14日

出産(続き)

DSC_1616.JPG

1頭目、生まれる(2009.8.13午後8時ころ)陣痛が、来ないので、かかりつけ獣医さんに相談するが、夜間なので、当番医しか居ない。陣痛誘発剤オキトキシキンを打ちたいと言うが、往診は、出来ないと言う。普段、往診可能な獣医さんも、13日午後8時から、お盆休みに入ってしまった。
仕方ないので、様子を見ることにする。

DSC_1617.JPG

この子は、2頭目で、午後11時ころです。りぼん。が、寝てしまうので、ほっぺたを叩いて、起こし、産むように、仕向ける。
お腹を、上から、下へ、子宮に向けて、押し出すようにする。

第1子から、3時間経つので、膣から手を入れ、子宮口を押し、膣で、おならをさせるような感じで、出産を促す。
11時にやっと、第1子の約半分の大きさの第2子の頭が子宮口から出たのが、手で解り、ひっぱり出す。

DSC_1620.JPG

第1子と第2子の大きさの違い。なお、その後、11時半、12時、午前2時、午前4時と、4頭出るが、死産であった。
陣痛がないので、窒息したのか、体内で、死産したのかは、不明。

午前5時半。病院に連れていくかどうかの判断で、小屋を見る。
後産が、出ていたので、これで、出産が多分、終わりと思う。

深夜、生まれた2頭も、一時、生死をさまよう。
夏なので、産室を作らず、外の小屋で、生ませたのが、間違いだったと気づく。

理由は、赤ちゃんが、羊水で濡れているので、気温が高くても、外は、夜風があるので、急速に体温を奪う。タオルで、拭いて、早く初乳を飲ませるようにするが、母体が、寝てしまっているので、おっぱいは張っていても、乳が出ない。最初の12時間で、初乳を飲まないと、死んでしまう。
まだ、鼻が悪いのか、小屋の外へ赤ちゃんが出ていってしまう。
1時間、見ないでいると、庭の隅まで、10m近く、歩いて行ってしまう。やはり、産室を作って、隔離しないと駄目だと思った。

結局、1200Wと800Wのヒーターを使う。夜中に、20Aのヒューズが飛ぶので、800Wの方を切って使う。

しかし、出産中の母豚の体温は、すごい。
かなりの温度である。ヒーターをつけるより、母豚の下にもぐれば、暑いくらいである。
DSC_1633.JPG

生まれたときは、2倍の大きさの違いがあったが、20時間経つと、ほとんど、差が解らないくらいになった。
初乳を飲んでいるようだ。

後産も出たので、りぼん。に、えさを食べさせる。
出産終了までは、えさを戻すので、えさは、やれないが、出産が終われば、おっぱいを作ってもらうために、食べてもらうことにする。

DSC_1636.JPG

赤ちゃんの毛並みも、乾燥し、落ち着いて、体温も上がり、乳を飲むので、なんとか、助産終了。
ニックネーム りぼん。パパ at 21:37| Comment(6) | TrackBack(0) | りぼん。のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
赤ちゃんの誕生おめでとうございます。
家族で出産の報告を楽しみにしてました。
4頭の子らの死産はとても残念ですが、2頭の子らがすくすくと元気に育ちますように。
りぼん。ちゃん&パパさん、お疲れ様でした。
Posted by どんぐり at 2009年08月14日 23:04
4トンの分まで健やかに育ちますようにるんるん
Posted by チョコのママ at 2009年08月14日 23:19
パパさんもりぼん。ちゃんもお疲れ様でした。
4頭の死産は残念ですが、
2頭のチビぶぅーが元気に
育ってくれるといいですねGood
Posted by ピースぱぱ at 2009年08月14日 23:31
はじめまして、
ヤギ掲示板では失礼いたしました。

ご出産おめでとうございます!
命がけの大役を果たしたりぼんちゃんも、
お産爺さんの、りぼん。パパさんも、
本当に、大変でしたね。
特に、眠るりぼんちゃんをひっぱたくのくだりには、
必死の思いが感じられ、感動しました。
母子ともに健やかな経過をお祈りします。
Posted by triangle at 2009年08月15日 00:51
おぉー黒ハートいつの間に…

ビックリしました

死産の赤ちゃんは残念ですが元気な子たちが大きくなるのを楽しみにしてます
Posted by マリリン at 2009年08月15日 19:46
何とか、1頭だけでも、元気に育ってほしいです。

4歳は、出産の限界?なの。。。良く解りません。
Posted by りぼん。パパ at 2009年08月16日 00:00
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1810198
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック