2009年05月01日

「危機管理できてない」

「危機管理できてない」 横浜市と連絡取れず、厚労相激怒
5月1日7時15分配信 産経新聞

危機管理2.jpg

新型インフルエンザの国内初の患者が出たことを受け会見する舛添要一・厚労相=1日、午前1時35分 東京・霞ヶ関の厚労省で 大西史朗撮影(写真:産経新聞)

 新型インフルエンザ問題で、「感染の疑い例」と出した横浜市と、厚生労働省とが連絡が取れなくなっていることが1日、分かった。舛添要一厚労相が緊急会見で明らかにした。

 舛添厚労相は、「危機管理がとれていない。極めて遺憾。神奈川県知事と横浜市長には協力要請する」と声を荒げた。

 厚労相によると、4月30日午後9時半ごろ、横浜市からウイルスの遺伝子診断「PCR」の結果、「感染の疑い例」がある患者がいると連絡があった。その3時間後、再び、「PCRの解析が不能」とあったという。原因は不明としている。

危機管理3.JPG
ニックネーム りぼん。パパ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1722037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック