2009年04月28日

メキシコ、国民に危機感薄く

<豚インフルエンザ>メキシコ、国民に危機感薄く マスク5人に1人
4月28日11時46分配信 毎日新聞

 【メキシコ市・庭田学】「この病気は治る」−−。豚インフルエンザに感染した疑いで100人以上の死者が出ているメキシコのカルデロン大統領は26日、国民が動揺しないようこう呼びかけた。大統領はマスクの着用や衛生面での留意点を強調し、危機打開への協力を国民に求めた。しかし、実際にマスクを着用する国民は半数にも満たないなど、危機感が乏しいのが実態だ。

 カルデロン大統領は同日の豚インフルエンザ対策の緊急会議で演説。「治癒は可能で、治療薬も十分ある」「25日時点の患者1384人のうち929人が退院している」との前向きな発言をそれぞれ2回繰り返し、「我々はこの流行を制圧することができる」と自信をみせた。

 演説ではまた、あいさつ時に握手やキスをしないことや頻繁な手洗い、マスクの着用など、政府が示す感染予防対策の徹底を改めて国民に呼びかけた。症状が出たらすぐに医療機関にかかることが重要だと強調。「迅速かつ冷静な行動を」と国民に落ち着いた対応を呼びかけた。

 しかし、貧富の格差が大きいメキシコ市内では、子供が路上で物ごいをしながら、地面に落ちたパンを食べている光景も普段どおりに見受けられるなど、衛生面での対策は不十分だ。また、マスク着用者は5人に1人程度にとどまっている。日中は日差しが強く、気温が30度近くになるため、マスクを口に当てず、首に巻いている市民もかなり目立つ

 26日の日曜日、市内の観光地は普段より人出が少なかったものの、露店がいつも通りに並び、家族連れなどが訪れていた。日本人など外国人観光客はマスクを着用しているケースが多いようだったが、メキシコ人には十分徹底されていない状況だった。


ニックネーム りぼん。パパ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 人畜共通感染症(ズーノーシス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1719883
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック