2009年04月28日

今までの豚インフルエンザと今回の「新型」インフルエンザについて。

今回、WHOが、豚インフルエンザを、人=人感染型、新型インフルエンザとして、フェーズ4としたことから、日本政府は、会見で、「新型インフルエンザが発生した」と宣言したことに触れ、「今後は豚インフルエンザという言葉は使わない」と述べ、人間の感染症として警戒を強めることを強調した。

 農水省によると、過去、豚だけに、発生していた、インフルエンザA型H1N1の豚インフルエンザは、日本で飼育されている豚でも年間数件程度発生が確認されている。平成17〜19年度の年間発生件数は0〜3件。

 感染してもほとんどの場合、発熱などの症状が出るだけで自然に回復するため、死亡率は1%未満で、家畜伝染病予防法の対象にもなっていない。国内で人に感染した事例も確認されていない。

今回、メキシコ国内のみ、多数の死亡者が出ているのは、専門医療行為が、充分でなく、肺炎等を併発して、若い人ほど、早くウイルスが全身に回り、敗血症で、亡くなっているのかもしれない。この場合は、現状の抗ウイルス薬のタミフルやリレンザの服用や、基本的な手洗い、うがい、マスクの着用などの衛生管理をすれば、死亡には、至らないかもしれないが、今回の新型インフルエンザの詳しいDNA解析の結果が待たれます。今まで、弱毒性だったのが、強毒性に、変異しているかも知れません。(詳しい情報待ちですね)

メキシコの様子は、AP通信などによると、死者のうち、感染が確認されたのは従来通り20人で、残りのケースについても検査を急いでいる。入院患者は1995人に上り、うち1070人は回復しているという。(筆者加筆:患者の半数は、回復している)

 またコルドバ保険相は、今回の豚インフルエンザの拡大での最初の死者は、南部オアハカ州で4月13日に死亡した女性とみられると述べた。ただし、その約半月前に隣接するベラクルス州で4歳の男児が死亡したケースについても調べを進めており、これが最初のケースとなる可能性がある。男児が死亡した地域には大規模な養豚場が存在し、環境汚染への抗議が住民から挙がっていたという。(現地情報)


ニックネーム りぼん。パパ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 人畜共通感染症(ズーノーシス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1719564
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック