2008年12月18日

死亡しました

DSC_0449.JPG

剛君が、多分、急性アルカロイド中毒?(実際は、ロデイン(Rhodein)、ロデキシン(Rhodexin)中毒と予想される(検査中)により、午後10時30分、死亡しました。10時20分に、1mくらい飛び上がる神経症状が現れ、すぐに、隔離して、マッサージしたりしましたが、10分間の間に、ヒーターの前でも手足が冷たくなり、瞳孔がひらき、呼吸が止まりと、あまりにも症状が早く、手の打ちようが無かったです。昼間、一番、小さい三日月が、口から泡を吹いていたので、おかしいと思い、全頭を部屋に入れたのですが、どうやら、彼岸花かゆり科系の根っこを食べたらしいのです。今までは、りぼん。と一緒に行動していたので、そういうことは無かったのですが、ここ2−3日前から、親はなれして、子豚だけで、庭で遊ぶようになりました。泡は、お腹が空いて、餌がほしいときは、白い泡ですが、今回は透明な泡なので、何か食べたなとは、感じたのですが、水を飲ませたくらいなんですが、食べてから7時間後くらいに症状が、急に来ました。三日月は、元気なんですが、1番体力がある、剛が、亡くなってしまいました。まだ、体は温かいです。きっと2時間くらいは温かいでしょう。ちょっと、動揺しています。
ニックネーム りぼん。パパ at 23:13| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然の訃報で驚いております。

剛君のご冥福をお祈りします。
Posted by どんぐり at 2008年12月18日 23:32
オモトが原因かもしれません。
Posted by りぼん。パパ at 2008年12月18日 23:40
久しぶりに、可愛い姿を見たいと思って、
遊びに来たら・・・
ショックな出来事が起こっちゃってましたもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
悲しすぎます・・・たらーっ(汗)
Posted by kiyo at 2008年12月19日 14:28
kiyoさんへ>>>

お久しぶりです。新しい生活は、慣れましたか?最近、お会いしないので、kiyoさんのこと、心配してました。お父さんのことも。。

剛は、残念でしたが、他の子は元気なので、ご心配なく。。

びっくりさせてごめんなさい!!
Posted by りぼん。パパ at 2008年12月19日 16:56
かくべき、良い言葉が見つかりません
剛くんの、ご冥福おいのりいたします
他の子が、剛君のぶんも
元気に育ってくれますように
Posted by となりのぶうた at 2008年12月19日 20:34
となりのぶうたさんへ>>>

やさしい言葉をありがとうございます。

他の子は元気です。

ご心配かけました。すみません。
Posted by りぼん。パパ at 2008年12月19日 23:44
悲しいです。柚子くん、三日月くん、花梨ちゃん。剛くんの分まで大きく元気に育ってください。我が家にも"オモト"があります。気をつけたいと思います。でも、興味がないように思います。菖蒲はりぼん。ちゃんにちゃんと教えてもらってると思います。 質問ですが、お散歩会に来てたのは三日月くんでしたか?
Posted by 菖蒲父 at 2008年12月20日 08:08
菖蒲父さんへ>>>>

たしか、三日月だと思います。亡くなった剛は、三日月の2倍の体重があり、元気いっぱいなので、あまり、心配してなかったのですが。。オモトは、今、実が生る時期なので、赤い実に、興味があったのかもしれません。大抵の古い庭には、オモトは、家が繁栄するとか言われて、植えてあると思います。今回、親離れして、子豚だけで、庭に行き、事故に会いました。りぼん。が、近くに居れば、止めたと思います。この3ヶ月間、一度も、齧ってない訳ですから。。
Posted by りぼん。パパ at 2008年12月20日 09:03
可哀想な事が起こっていたのですね。
我家のモモの実家の養豚業者さんが「基本的に自分にとって害になるようなものは豚は口にしない」と言っておられました。我家の裏庭(彼らが放豚されてる場所)には気になるものは紫陽花、彼岸花がありますが今まで何事もなく現在に至っております。やはり子豚は注意が必要なのですね。
短い命でしたが剛君の姿は前日にも見せていただきました。冥福を祈ります。
Posted by 飼育係 at 2008年12月20日 09:31
飼育係さんへ>>>

りぼん。が子豚と一緒に、庭で、散歩している状況と、りぼん。八戒、美人が、単独で、庭で遊んでいる状態では、あじさい、おもと、ひがんばななど、危ないものは、見向きもせず、丹精こめたさつきや、渋柿、どんぐり、や、甘い木の皮を、剥いでは、食べておりました。そんな期間が、4年も続き、その間、特に、嘔吐や下痢など、無かったのですが、ちょうど、先週より、母豚は、小屋で、寝て、子豚だけで、庭で、いたずらする時期になり、冬になり、花も少なく、ちょうど、オモトの赤い実が、剛にとって、気になったのだと、推測します。まだ、学習不足なのと、おとななら、嘔吐、下痢で済むところが、3ヶ月齢で、体重10kgでは、致死量に至ったのだと、推測します。残念でした。
Posted by りぼん。パパ at 2008年12月20日 10:29
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1604681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック