2008年12月01日

抜糸と予防接種。

今日は、剛、柚子、三日月の去勢の抜糸と豚丹毒不活化ワクチンと、豚日本脳炎不活化ワクチンを、3頭とも行った。柚子は、抜糸して、3針のうち、1針が、完全には、くっついて居なかった。でも、消毒して、また、ビクタスSを、1.5錠/日飲ませることで、様子を見ることにする。三日月の肩の噛み傷は、かなりきれいになった。もう少し、かさぶたが、しっかりすれば、治ると思う。柚子は、白色の6ミリくらいの針のような結晶のようなものを、おしっこと一緒に、昨日、今日とした。おちんちんを見てみると、結局、皮膚の垢のような感じでした。

本日の抜糸は、僕が、動物看護士みたいでした。1頭づつ、キャリーケージから出して、おなかを先生の方に向けて、前足を、僕が両手で、保定します。女性の看護士さんが、後ろ足を開いて持っている間に、3針の抜糸です。もちろん、麻酔は、なしです。その後、僕が持ってる間に、予防接種を、2本、おしりに打ちます。

剛は、9kgあり、暴れるので、注射針が飛びそうで、ちょっと出血しました。15kgくらいまでが、人保定の限界かもしれませんね。

今年は、豚丹毒が、養豚界で、流行ったので、菱形疹(りょうけいしん)が、出ない日生研製の豚丹毒不活化ワクチンを打ちました。

butatandoku菱形疹.jpg

豚の菱形疹、皮膚変化
写真をクリックすると、大きくなります。


豚日本脳炎は、夏の蚊が出るまでの、簡易抗体形成なので、1回接種で終わりです。これで、来年の初夏まで、予防接種は、なしです。

■“京都微研”日本脳炎ワクチン
[劇] 動物用医薬品・要指示医薬品
【効能又は効果】
豚の日本脳炎の予防、とくに繁殖用母豚にあっては日本脳炎ウイルスの感染による死産の予防。

http://www.kyotobiken.jp/product/swine/index.html

日生研(株)製、豚丹毒不活化ワクチン


豚丹毒   swine erysipelas   (届出伝染病)
1 畜種 豚、いのししの届出伝染病。ヒトやほ乳類、鳥類にも感染。
2 原因 豚丹毒菌
本菌は環境に広く分布し、土壌、汚水中に存在し、またほ乳類や鳥類等にも分布する。感染豚の尿や糞便中に大量の菌が排泄され、汚染源となり、経口感染や創傷感染する。
3 症状
急性型である敗血症型および蕁麻疹型、慢性型である関節炎型および心内膜炎型に分けられる。敗血症型は、40度以上の高熱が突発し、1〜2日の経過で急死する。蕁麻疹型は菱形疹と呼ばれる特徴的な皮膚病変を示し、慢性型の関節炎型は疼痛やは行が認められ、心内膜炎型は臨床的に異常を認めることはほとんどない。ヒトにおける豚丹毒菌による感染症は類丹毒と呼ばれ、症状は患部の腫脹であり、ときに発熱、疼痛を伴い、リンパ節炎を引き起こす。
4 診断
臨床所見では皮膚の菱形疹が有力な指標となるが、確定診断は豚丹毒菌の分離培養。
5 対策
ワクチンが有効。現在、アクリフラビン耐性弱毒株による生ワクチンおよび不活化ワクチンが市販されている。急性型は治療も有効であり、ペニシリン注射等で重症例も回復する。慢性型の治療効果は明らかでない。高温多湿などのストレスが発生要因となるので、輸送や飼育環境まどの改善につとめる。
6 備考
豚丹毒菌 Erysipelothrix rhusiopathiae 
グラム陽性通性嫌気性菌。
Erysipelothrix 属は4菌種存在することが示唆されており、そのうち豚へ病原性を有しているものはE. husiopathiaeで、敗血症を引き起こす血清型laが最も重要である。
主な類症鑑別は豚コレラ、トキソプラズマ病、アフリカ豚コレラ、豚レンサ球菌症、豚アクチノマイセス・ピオゲネス感染症


http://vetweb.agri.kagoshima-u.ac.jp/Vetpub/Dr_Okamoto/Forum/FtoT/Erysipela.pdf

ニックネーム りぼん。パパ at 19:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
予防接種、ウチの主治医は打ってくれません顔(汗)
「東京の真ん中で生活してるし1匹だから
必要ないでしょ。」と言われました。

ミニブタの衣食住(初版)にも近くに養豚場や
養豚場に出入りする人がいないのなら必要ない
と書いてましたが皆さん予防接種を
受けさせているみたいなので不安になります。

それと伸びてきた牙を切って欲しいと言ったら怒られましたふらふら
まだ顔から牙は出てませんが手や足が
当たって小さく切れたのでどうにかしたいのですが・・・
素人が勝手に切っても大丈夫でしょうか!?

今の病院は徒歩20分なので急病の時は
重宝しますが、違う病院に変えようかと悩んでますバッド(下向き矢印)
Posted by チョコのママ at 2008年12月01日 20:40
皆さん予防接種を
受けさせているみたいなので不安になります>>>>
お散歩会など、豚に接触する可能性があれば、豚丹毒を。。蚊の時期は、豚日本脳炎を、打っておけば、もしものときは、安心ですよね。

牙は、自分でも、切れますけどね。
苦労しますが、根気ですね。
Posted by りぼん。パパ at 2008年12月01日 21:28
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1588936
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック