2008年09月16日

かなしいお知らせ(その2)

15日(月)朝8時30分、大きな、白黒のぶちのオスが、逆子で、首にへそのをを巻いて、後産とともに、出てきました。足をひっぱり、出したのですが、陣痛は、全く無くて、足からなので、後産の羊膜が顔を覆い続け、窒息死でした。6時間前は、膣洗浄して、なにもないと確認して、後産と子豚の数も一致してでしたので、3日目の出産までは、気がつきませんでした。念のため、アトニン0は、2回目をまた、動物病院まで、運んで打ってます。エコーは、子豚が生まれてからは、激しく威嚇して、噛み付くので、ほぼ、無理ですね。過般式エコーがあれば、可能性はあったのですが。。。だれか、脂肪があっても、内蔵の奥までみられるエコーか、動物用のMRIが映せるとね。良く解るんですけど。。。人間のお古の中古MRI、動物病院に販売してくれれば、良いのにね。これで、全部で、7頭のうち、2頭死産で5頭元気です。昨日から、りぼん。も食欲が戻ったので、健康です。7頭目が出るまでが、好きなバナナも食べませんでした。やはり、お腹がおかしかったらしいですが、外観では、解りませんから。。。残念です。
ニックネーム りぼん。パパ at 08:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言葉を持たない動物の対処は人間より難しいです。今回の6頭目はりぼん。ちゃん自身もわからなかったのでしょうね。
残念ですね。
亡くなった仔の分、残りの仔たちに元気に育ってもらいましょう!
Posted by ぽんこ at 2008年09月16日 14:18
2トンは残念な結果になってしまいましたね

他の5トンを大切にしてあげてください

りぼんちゃんは最後の赤ちゃん気づかなかったんでしょうかexclamation&question
Posted by マリリン at 2008年09月16日 16:48
ぽんこ さんへ>>

6頭目、7頭目は、死産なので、りぼん。には、後産との差が解らなかったようですね。破水して、羊膜が破れたら、早く呼吸しないと、死んでしまいます。でも、5トンは、元気です。

マリリンさんへ>>>

5頭目、、6頭目の時点では、陣痛がゼロですし、逆子なので、引っかかって、出なかったみたいです。破水してなければ、しばらく、へそのをで生きているのですが、胎盤ごと剥離したので、早く、外気を吸わないと、死んでしまいます。6頭目が、倍くらい大きかったオスでしたが、逆子でした。残念です。やはり、子豚の心臓が動いている間は、母親も産もうとするのですが、死産だと、無理のようですね。
Posted by りぼん。パパ at 2008年09月16日 19:24
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1497437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック