2008年08月18日

ミニ豚ペレットの改良。

ミニブタフードメーカーの日生研さんのMさんとは、ときどき、連絡し合います。
ミニブタ飼料NS-Dについて、蹄強化についてはビオチン添加を検討してくださるそうです。ほとんどのペットミニブタは、若いうちは、ともかく、3歳齢あたりから、ひづめの縦割れや裂ける状況に、苦慮していると思うからです。また、海草の配合についても検討してみてくれるようです。ちなみに、糖蜜や塩分は、すでに、添加済みだそうです。

今までも、アップルペレットのことなど、いろいろ検討してくださってます。現状、りんご絞りかすに混入するカビ毒に苦慮していて、製品化には、至ってないようですが。。。

みなさんのミニブタペレット、中味の成分表が、微妙に変わってきていること、知ってましたぁ?

ちなみに、日本農産のTDNは、300から270kcal(100g当り)に、昨年10%ダウンしてるんですよ。

今のところ、こんな感じです。

一応、情報交換だけは、しています。

Mさん、いつも、ありがとうございます。ミニブタオーナーは、助かります。

日生研20kg.JPG

日生研、ミニブタペレット20kg入り、5,250円(消費税、送料込み)若干、他のペレットより、緑色が強い。食いつきは良いです。
生後4ヶ月齢以降の餌です。(商品名 NS-Diet)
ニックネーム りぼん。パパ at 20:51| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビオチンを飲ませてますが、やはりひずめのヒビ割れはどうしても出来てしまっています。だけど飲ませないよりは良いかと思い、続けてます。
負担のかかる前足のひずめの裏はとても痩せているような気がします。体質なのかもしれません。
Posted by リラ at 2008年08月18日 22:50
ウチはオリエンタル酵母の
ペレットですが、やはり何かが
以前と変わってるのでしょうかexclamation&question

それと、日本農産からオリエンタル酵母に
変えたらお水を飲まなくなったのですがあせあせ(飛び散る汗)
Posted by チョコのママ at 2008年08月18日 23:10
リラさんへ>>>>

ビオチンを入れたから、すぐ、100%改善されるとは、思いません晴れが、日本では、まず、実験動物用ミニ豚ペレットが、開発され、その後、それを流用してペット用ミニ豚ペレットを開発している現状なんです。犬(泣)実験動物用の利用期間は、満1歳までなんです。(その後は廃用)ですから、ひづめの事など、考え無くても良いのです。それが、考えてくれるように、各メーカー、努力してくださいます。NEW個人のつたない提案を、受け入れてくれて、製品開発に新しい人材や費用を投じてくださるのですから、あいがたいことです。ぼくでは、検査機器も無くできませんし、液クロ、ガスクロ、核磁気共鳴装置など、大学時代に使った程度ですから、現状の検査機器はもっと進んでいますから、期待はできるでしょう。なお、体質はあるでしょうね。るんるんいのししでは、現れないで、ブタの現象なんで。。。
なお、鉄分、カルシウム分の増強として、芽かぶや昆布、生のほたての貝殻も研究してくださるとのことです。うまく行けば、ありがたいですね。グッド(上向き矢印)

ビオチン単体では、吸収できないのでしょうかねえ??
Posted by りぼん。パパ at 2008年08月19日 01:44
チョコのママ さんへ>>>>

残念ながら、オリエンタルさんとは、交流できていません。犬(泣)また、クレアさんは、開発する。余力がないみたいです。顔(汗)

日本農産からオリエンタル酵母に
変えたらお水を飲まなくなったのですが>>>>>良くわかりませんが、実験動物用ペレットとしては、実験中、大量のおしっこをしないことは、良い製品なんでしょうね。顔(メロメロ)ただ、水分を摂らないと、病気にはなりやすいですよね顔(え〜ん)

オリエンタルさんの研究員さんを是非、ご紹介ください。お話してみますから。。。。犬(笑)

なお、企業秘密の部分も多くて、書けないことも多いですが。。。犬(泣)
Posted by りぼん。パパ at 2008年08月19日 01:54
最初に飼ったプーちゃんとピーちゃんの
時はずっとオリエンタル酵母でした。

次に飼ったヒメちゃんとトノ君の時に
日本農産の20kgのエサを知り切り替え
ました。(オリエンタル酵母は10kg)

次にユキちゃんとチョコ君を飼った時も
日本農産を使ってたのですが
ユキちゃんが亡くなりチョコ君1トンに
なったので20kgのフードを1トンで
食べきるのに日数がかかり、保存してる
間に品質が悪くなるのが心配で
オリエンタル酵母に変えました。

チョコ君の水のお皿は500ml入ります。
日本農産を使ってた時は1回の食事で
お水を4杯飲んでました。
ところが、オリエンタル酵母に変えると
1杯しか飲まなくなりました。
フードの成分が2社で全然違う
のでしょうね・・・
Posted by チョコのママ at 2008年08月19日 17:33
2002.11月当時のフードの成分表は、

http://www.geocities.jp/popililyyokohama/repo14.htm

家畜用飼料との比較は、

http://www.geocities.jp/popililyyokohama/repo39.htm

2005.7月時点のフードの成分は、

http://www.geocities.jp/popililyyokohama/repo45.htm

ミニ豚の飲水量は、

http://www.geocities.jp/popililyyokohama/repo57.htm

と、KOBAちゃんが、書いてます。犬(笑)

もちろん、オリエンタルもノーサンも、データーの中に入ってます。エサ

また、普通は、冷凍フリージングビニルパックなどに、小分けして、冷蔵庫に入れれば、かなり、もちます。袋を見ると、賞味期限も書いてありますし。。我が家は、毎回、20kg×3袋を、2ヶ月以内で、食べちゃいますが。。。ふらふら

なお、フードの成分は、今は、進化していて、まだ、きちんとした表は、発表されていませんが。。。犬(笑)
Posted by りぼん。パパ at 2008年08月19日 18:11
こんにちわ!
うちも最初はオリエンタル→日本農産に変えました。1トンですが、すぐになくなります。(あげすぎ??でしょうか??)そういえば・・・お水をよく飲むようになったかもしれません。
お外では洗面器であげていますが、一回の食事で2杯半ぐらい飲みます。
詳しく豚さんの必要な栄養などはわからないままなのですが、浮き草(?)を 一日中食べては寝て生活していると 何かの本で読んで 草の多い食事がいいのかと 簡単に解釈しすぎています顔(なに〜)

もう少し勉強した方がよさそうですね。
またよろしくおねがいします!
Posted by もりもり at 2008年08月20日 09:52
もりもりさんへ>>>>

浮き草(?)を 一日中食べては寝て生活していると >>>>は、ベトナムのメコンデルタで、昔はそうでした。犬(笑)今のホーチミンは、人口も多く(僕が行ったときで、450万人くらい居ました)欧米風の養豚場ができています。ですから、現地豚が、やせ黒豚から、デブ白豚に、変わってしまいました。犬(泣)

餌は、不断給餌餌と制限給餌餌があり、ミニ豚ペレットは、制限給餌餌です。かん骨と言う、腰骨の突起が、目眼で見えなければ、やせすぎでは、ないってことです。逆に、脚をひきずるようなら、太りすぎです。養豚で、エサ1日、800gくらいですから、ミニ豚は、その40%の320gで、充分なカロリーがあるのですが、満腹感がないので、栄養のない、草類を、足りない分、食べさせますが、それが、面倒とか、ほしがるからと、規定量よりペレットを与えすぎると、生活習慣病になります。特に、家飼いでは、運動不足ですから。。複数頭の放牧飼いは、けんかして走り回ったりと、結構、運動していて、健康ですが。。(その分、食べても、太らないかも?)?
Posted by りぼん。パパ at 2008年08月20日 17:51
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1469529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック