2008年08月18日

養豚における胎児の成長。

<胎児の発育>
 7日〜37日の期間は受精卵だったものが、胚となり各臓器への分化が始まる時です。胎児の重量は21日齢で、やっ
と0.5gです。28日齢で1.5g、35日齢で5.4gです。胎児の臓器が除々に形成されていき、21日に受胎判定、30日の
受胎判定が終わるころには外見上でも豚としての形ができています。21日齢のころは、眼、四肢の原基が発生し、心臓
が隆起します。28日齢のころは四肢の原基が伸びます。耳窩も形成され、35日齢のころには、四肢の形成、指の分化、
乳点、交尾器が形成されます。この期間の胎児は受精卵であった単細胞から細胞分裂が進行して各種の臓器が形成さ
れて豚らしくなる時期です。しかし、重量はほとんどなく35日齢でも5.4gという状況で、重量よりも体細胞の臓器への
分化が重要な時期です。よって、母豚へいくら高カロリーの飼料を給餌しても、胎児のほうではまだ、重量を増加する体
制になっていません。
胎齢 日齢 発育経過 体重 頭尾長 胎水量
眼の原基、前肢、後肢の原基、
3 週齢 21
心臓隆起、腹茎
0.5g前後
43ml
前肢、後肢の原基のびる、
4 週齢 28
肝臓隆起著しい、耳窩
1.5g前後 2.4±0.6 p 103ml
四肢形成、骨格形成鮮明となる、
指の分化、乳点、眼臉形成
前鼻孔と眼の分化、交尾器の発生
5 週齢 35
豚特徴である吻鼻
5.4±0.91g 4.9±0.91 p 96ml
眼臉閉鎖、外部生殖器の判別、
6 週齢 42
耳介
13.9±4.6g 6.3±0.5 p 206ml
10 週齢 70 身体著しく増大、歯もでる 225.5±42.6g 15.6±1.4 p 285ml
乳歯発生、外鼻孔の貫孔、眉毛、
12 週齢 84
睾丸下降
381.9±92.3g 20.0±1.9 p 260ml
14 週齢 98 体表面に軟毛、包皮 655.0±135.3g 24.8±1.4 p
16 週齢 112 全身に短毛が密生 1375.4±193.3g 31.2±1.7 p
ニックネーム りぼん。パパ at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1468935
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック