2008年07月27日

大腸刺激性下剤

八戒の小屋を、朝、見にいった。昨日、餌を食べたのに、糞がない。
糞が、ないのは、便秘か、糞食かである。
熱を測ると、微熱がある。

便秘と判断して、下剤を飲ませることにするが、八戒は、錠剤は、全く飲まない。
食欲も少ないため、餌に混ぜてやることも出来ないし、普通の水は、飲まないので、砂糖水を作り、そこへ、大腸刺激性下剤、ピコスルファート ナトリウム水和物(ラキソベロン液)を数滴混ぜて、飲ませることにした。

豚さんは、200ccあたり、何滴が、良いのだろうか?
一応、強めと言うことで、5滴ほど混ぜた。7時間から12時間後に、出てくれれば、熱も下がると思うのだが。。

普通の水と違って、砂糖水は、飲むようだ。
ニックネーム りぼん。パパ at 07:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水分を摂るようになったのですねわーい(嬉しい顔)

フン出るといいですねあせあせ(飛び散る汗)
うちのピーちゃんはウツが原因で
身体のあちこちが悪くなって
最終的にはフンが詰まって
そのせいでおしっこも詰まって
お腹がパンパンで苦しみながら
お星様になったので心配です顔(汗)

八戒君は下剤を飲んだから
大丈夫ですよねグッド(上向き矢印)
Posted by チョコのママ at 2008年07月27日 13:19
チョコのママ さんへ>>>>

八戒豚さんは、下剤の効きが悪かったので、浣腸を使いました。そうしたら、少し出ましたので、明日、もう一度、浣腸すれば、全部出てくれるかも知れません。フン

便やおしっこが詰まると、腎盂炎になって、治療が困難になるので、たくさん食べて、たくさん出すのが、健康ですよね。ウサギ
Posted by りぼん。パパ at 2008年07月27日 18:32
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1449269
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック