2008年07月05日

曽根崎署で保護されているブタ=4日午後5時20分、大阪市北区

ペットのブタ「すごい食欲で飼う自信なくし」捨てる
2008.7.4 21:46
曽根崎署で保護されているブタ.jpg

モモコ.jpg
モモコ2.jpgモモコ3.jpg
曽根崎署で保護されているブタ=4日午後5時20分、大阪市北区 


ペットショップから買い手がつかず、「0円」で売られていた豚を、譲り受けたブタを公園に捨てたとして、大阪府警曽根崎署は4日、動物愛護法違反容疑で大阪市西成区南津守の男性会社員(29)を書類送検した。

 調べでは、会社員は6月12日午後、同市北区野崎町の公園に、体長約80センチの雌ブタ1頭を捨てた疑い。

 会社員は同日、以前から通っていた北区内のペットショップで、売れ残っていたブタをペット用に無料で譲り受けた。約6キロ離れた西成の自宅まで台車に乗せて、歩いて6kmを、50kgのブタを運ぼうとしたものの、疲れて立ち寄った公園で放置したという。通報を受けて同署がブタを保護し、目撃情報から会社員を割り出した。

 会社員は「かわいくて家で飼おうと思ったが、公園で草を食べるのを見ているとすごい食欲で、飼う自信がなくなった」と供述し、

また、豚を台車に乗せ、片手で自転車を押して帰ろうとしたが思ったより重く、休憩のため公園に立ち寄ったところで不安になったという。「草を食べている豚を見て大丈夫だと思いそのまま帰宅した」と供述している

ブタの名は「モモコ」。同日午前11時ごろ、北区内のペットショップから「売れ残った」として無料で譲り受け、手押しの台車に乗せて6km先の西成の自宅へ出発。重さに耐えられず、約2キロ離れた同公園でいったん降ろした。

 雑草を食べる様子を見て「すごい食欲。育てられないかも」「持って帰るのが大変」などと考え、そのまま放置したという。付近住民から間もなく110番があり、曽根崎署が保護した。

 会社員は、以前からブタを飼うことに興味を持っていたという。

 同ショップによると、モモコは体重が4、50キロとみられる。

 曽根崎署は引き取り手を探している。連絡は同署、電話06(6315)1234へ。


********************************************

ひどいペットショップが、存在しますね。豚の習性をきちんと説明して、体重を測定し、かつ、ショップで、適正量の餌を与えていたら、こんなことには、なりません。基本的に、ハーネスもリードも、販売しないで、そのまま、会社員に、渡してしまうこと自体、おかしいです。無知なペットショップこそ、処罰してほしいものです。(ハーネス、とリードは、毎日散歩するので、ないってことはありません)なお、確かに、草は、いつまでも、食べてますが、豚は、食べ方が下手なので、量的には、それほど食べて居ないはず。。会社員としては、公園で、離してみたものの、1時間経っても、ケージに入ってくれない豚さんに、困ってしまったのだと、想像します。豚だって、餌のないケージになんか、呼んだって入る訳がないです。このショップは、許せないです。曽根崎署もおかしいですね。動物取扱責任者が、重要事項説明書面を渡して、承諾書に署名しなければ、販売行為は、未成立ですので、豚は、まだ、ペットショップが、保護する義務があると思いますが。。なぜ、里親探しを、警察が、税金を使ってするのか?よく解らないです。きっと、曽根崎署員は、動愛法をご存知ない?のか。。しかし、半月も調査してのこの処分は、おかしいですね。ペットショップは、無罪放免なんでしょうか??

さらに、驚いたことに、大阪市動物管理センターは、土、日お休みなんですね。他の都道府県、市町村の動物管理センターは、土、日に、捨てられた動物の里親探しなど、やっていて、電話くらいは、繋がるのが、普通です。理由は、動物の脱走、確保や伝染病対策など、土、日、祝日は、発生しないなんてことは、ないので、日直は、居ますよね。

よく、解りませんが、マスコミ報道によれば、悪名高い大阪市行政ですから、仕方ないのでしょうか?善意の市民が、かわいそうな豚を、助けてくれるのを待つだけが、行政なんでしょうか?
****************
動物の愛護及び管理に関する法律

愛護動物を遺棄した者は、50万円以下の罰金に処する。
 「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう。
1.牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
2.前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの

(別条)
動物取扱業者は、動物の健康及び安全を保持するとともに、生活環境の保全上の支障が生ずることを防止するため、その取り扱う動物の管理の方法等に関し環境省令で定める基準を遵守しなければならない。
 都道府県又は指定都市は、動物の健康及び安全を保持するとともに、生活環境の保全上の支障が生ずることを防止するため、その自然的、社会的条件から判断して必要があると認めるときは、条例で、前項の基準に代えて動物取扱業者が遵守すべき基準を定めることができる

(別条)
@ 地方公共団体は、条例で定めるところにより、第13条第1項の規定による立入検査又は前条の規定に基づく条例の規定による立入検査その他の動物の愛護及び管理に関する事務を行わせるため、動物愛護管理員等の職名を有する職員(事項において「動物愛護担当職員」という。)を置くことができる。

A 動物愛護担当職員は、当該地方公共団体の職員であって獣医師等動物の適正な飼養及び保管に関し専門的な知識を有するものをもつて充てる。


動物の愛護及び管理に関する法律施行規則

販売業者にあっては、販売をしようとする動物について、その生理、生態、習性等に合致した適正な飼養又は保管が行われるように、契約に当たって、あらかじめ、次に掲げる当該動物の特性及び状態に関する情報を顧客に対して文書(電磁的記録を含む。)を交付して説明するとともに、当該文書を受領したことについて顧客に署名等による確認を行わせること。ただし、動物取扱業者を相手方として販売をする場合にあっては、ロからヌまでに掲げる情報については、必要に応じて説明すれば足りるものとする。
イ 品種等の名称
ロ 性成熟時の標準体重、標準体長その他の体の大きさに係る情報
ハ 平均寿命その他の飼養期間に係る情報
ニ 飼養又は保管に適した飼養施設の構造及び規模
ホ 適切な給餌及び給水の方法
ヘ 適切な運動及び休養の方法
ト 主な人と動物の共通感染症その他当該動物がかかるおそれの高い疾病の種類及びその予防方法
チ 不妊又は去勢の措置の方法及びその費用(哺乳類に属する動物に限る。)
リ チに掲げるもののほかみだりな繁殖を制限するための措置(不妊若しくは去勢の措置を不可逆的な方法により実施している場合を除く。)
ヌ 遺棄の禁止その他当該動物に係る関係法令の規定による規制の内容
ル 性別の判定結果
ヲ 生年月日(輸入等をされた動物であって、生年月日が明らかでない場合にあっては、推定される生年月日及び輸入年月日等)
ワ 不妊又は去勢の措置の実施状況(哺乳類に属する動物に限る。)
カ 生産地等
ヨ 所有者の氏名(自己の所有しない動物を販売しようとする場合に限る。)
タ 当該動物の病歴、ワクチンの接種状況等
レ 当該動物の親及び同腹子に係る遺伝性疾患の発生状況(哺乳類に属する動物に限り、かつ、関係者からの聴取り等によっても知ることが困難であるものを除く。)
ソ イからレまでに掲げるもののほか、当該動物の適正な飼養又は保管に必要な事項五  販売業者にあっては、契約に当たって、飼養又は保管をしている間に疾病等の治療、ワクチンの接種等を行った動物について、獣医師が発行した疾病等の治療、ワクチンの接種等に係る証明書を顧客に交付すること。また、当該動物の仕入先から受け取った疾病等の治療、ワクチンの接種等に係る証明書がある場合には、これも併せて交付すること。
(以降、略)
ニックネーム りぼん。パパ at 05:40| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニュースで見て検索したら、
こちらのブログにであいました。
本当に哀しくなりました。
餌のないケージに入る訳もないし、
リードもないで売るなんて。
しかも、北区から西成まで歩いて移動?
そんな距離移動で出来る訳もありませんよ.....
早くキチンとした飼い主が現れてくれる事を祈ります。
Posted by 本当ですよ..... at 2008年07月05日 06:35
悲しいです、くやしいです顔(泣)
いい加減なペットショップ・・・
安易な気持ちで動物を買う人・・・

ウチで飼って、いっぱいいっぱい
幸せにしてあげたいけど
大阪は遠すぎるふらふら
良い飼い主さんに巡り合えたら
いいのですが・・・
Posted by チョコのママ at 2008年07月05日 21:22
大阪に来て、こんなニュースに出会い、
ショックです。
とってもかわいいぶぅなのに・・・。
私は、何も出来ないけれど誰か助けてあげてほしいと思います。
それも無理な願いなのでしょうか(涙)
Posted by ぽんこ at 2008年07月05日 21:44
こんなバカ死刑にすればいいのに(怒)
動物捨てるとかありえない!
売った店も店です!こんなかわいいぶぅちゃんを…

早くいい飼い主さんが見つかるといいですね

うちが一軒家なら飼ってあげたいくらいです!
Posted by マリリン at 2008年07月05日 22:16
本当ですよ..... さんへ>>>

北区から西成区へ、歩いて50kgの豚を運ぶことが、解っていて、渡すペットショップって、ペットをペットと思って居ないってことでしょうね。あくまで、商売道具なんでしょうね。てぶらで、人間だけで、歩くのだって、大変なのに。ふらふら
大阪の商魂って言うのは、昔は、もっと、情があったのに。。残念ですね。犬(怒)
Posted by りぼん。パパ at 2008年07月06日 08:51
チョコのママ さんへ>>>>

ももこちゃんって、名前をつけて、ペットショップに、1年近く居たのでしょうから、簡単に手放すのは、情が無いからでしょうか?いちいち、情を掛けてたら、商売が成り立たないのでしょうかねえ?犬(泣)
Posted by りぼん。パパ at 2008年07月06日 08:54
ぽんこさんへ>>>>

そうですね。誰か良い飼い主が、早く見つかると良いですね。。犬(泣)
Posted by りぼん。パパ at 2008年07月06日 08:56
マリリンさんへ>>>

そうですね。うちも、飼える環境なら、救ってやりたいのですが、大人の豚さん同士ですと、特に、同姓同士は、縄張りで、けんかしますから、難しいですね。ふらふら
Posted by りぼん。パパ at 2008年07月06日 08:59
大阪市動物管理センターの動物愛護担当職員が、当該ペットショップを、告発するとか、動物取扱業(販売)の登録の一時停止や廃業届の受理などについては、大阪市の行政判断と、大阪市民の世論に係わってくるのだそうです。目


名古屋は、動物愛護センターですが、大阪は、動物管理センターですから、動物愛護法の認識も違いますし、大阪市議会が、愛護センターでなく、管理センターにしたことも、大阪市民の世論なんでしょうね。もうやだ〜(悲しい顔)
Posted by りぼん。パパ at 2008年07月06日 09:27
O田わOわOラOドと大阪市動物愛護室とは、馴れ合いらしいですね。
Posted by 匿名希望 at 2008年07月08日 16:39
文中に

「動物取扱責任者が、重要事項説明書面を渡して、承諾書に署名しなければ、販売行為は、未成立ですので、豚は、まだ、ペットショップが、保護する義務があると思います」

とありますがこのコメントについて、民法第180条、同法第192条をご覧下さい。手続きはどうあれ、現実に物件移転が実現しますと契約は成立してしまうと思われます。当方、民事法は勉強中ですがちょっと気になりました。ウェブにアップする場合、安易な法律解釈は禁物です。詳しくは弁護士に聞いてください。
Posted by プータロー at 2008年10月23日 19:57
プータロー様へ>>>
ご指摘ありがとうございます。私は、法律家でありませんので、この際、ご指導を願いたいのですが、民法192条の成立要件の有効な取引状態にある条件に、無償の譲渡が必ず入るのですね。本件は、無過失で豚の占有取得があったのですね。民法180条の占有権は、「自己のための意思」について、物件を取得する場合、契約に重大な瑕疵があっても、必ず成立するのですね。
商法消費者契約法との関連について、民法180条、192条と相対してご説明くださいませ。

前出の取引の瑕疵とは、動物の取引は、無償であれ、動物取扱責任者が、重要事項説明をし、書面をもって引渡し者の署名をもらうことを原則としていますが、プータロー様は、その書面の確認がお済でしょうか?

なお、本件が、店舗外で、譲渡行為がもし、行われたとすれば、特定商取引法の政令指定商品に、動物は含まれますので、消耗品の特則について契約書面がない場合は、クーリングオフの対象になりますが、この場合は、如何判断されましたでしょうか?当方、勉強不足なため、ご教授くださいませ。

なお、個人ブログにおいて、商用ホームページと異なり、日記と言う意味で、厳格な法理論下の文言より、ブログ解説者の表現の自由もあり、憲法下でのバランスもありますので、個人の意見「保護する義務があると思います」に対し、どこまで制約が付くのか、ご教授願いたいです。
Posted by りぼん。パパ at 2008年10月24日 01:02
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1429891
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック