2008年06月01日

病にかかった豚が回復するか

お腹の健康が、呼吸器病を防ぐ



放牧養豚をすすめるなかで、なぜ 呼吸器病にかかった豚が回復するか?

という問題で、十分な換気と運動のほかに、繊維分が大きな役割を果たしているのではという見方がでてきた。

pmwsといわれる クズ豚病は、消化器でウィルスが増殖 下痢をしてから呼吸器がやられる。

風邪も下痢をひきおこしてから、セキに移る。

その前に、消化器を治せばいいのだが、豚の世界では、高タンパク、高栄養の人工乳がはやり、繊維分は、ほとんどない。

人間の免疫のほんをみても、野菜などの繊維分をとり、消化器官から、「悪玉菌」を追い出すことが、免疫活性を引き出すとしている。

土をたべることでの、ミネラル獲得もこれにはいるかもしれない。

放牧の可能性は、こんなところにもあるのかもしれない。
繊維床.jpg

たっぷりの、乾燥牧草の中で眠る子豚。

生育不振、病気にかかったものも、枯草のベッドの中で回復にむかう。

しかし、1週間もたつと、かなりの量を食べるようになる。

(PIG JAPANから転載)

これも、実際、経験済みで、自由に、庭の植物を食べさせると、健康になります)



ニックネーム りぼん。パパ at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1398763
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック