2008年01月21日

美人の脱肛。

19日(土)に、美人が、1cmくらいの脱肛をしました。腸が、肛門から飛び出る状態です。まだ、痔のような状態だったし、元気もあり、食欲もあったので、腸を元に戻し、様子を見ることにしました。21日(月)朝の食餌のときは、異常は、ありませんでしたが、午前の仕事を終わり、お昼に、帰って来たら、ものすごい脱肛です。
これでは、手術しか、ないと思って、罹りつけの獣医さんに電話をして、午後1番で、手術をしてもらうことにしました。

手術は、飛び出ている腸を切除する手術です。
午前中も、近所の人に、残飯の貰い食いをしていることを、告げて、麻酔をかける時期を、確認して、腸壁の損傷を見て、手術のタイミングを計ることにしました。すでに、脱肛した部分の腸壁に、粘液が無く、擦過傷もあるので、早めに手術をすることにしました。午後1時に診察をして、午後3時には、手術をして、4時には、手術完了でした。

食餌が出来ないので、4日ほど、点滴で、獣医さんのところで、入院と言うことになりました。

糞は、それほど、極端に、大きな塊ではなく、いつもより便秘ぎみで、飲水量が、冬場で少なく、また、残飯を食べたからか、脱肛と言う事になってしまいました。

美人は、避妊手術をしているので、腸に癒着があったのかもしれませんが、よくは、解りません。

イベルメクチンの注射では、回虫もさなだ虫も、出ませんでしたので、寄生虫が、原因とは、考えにくいですし、餌の関係も、八戒と、全く同じ餌と量ですので、美人だけが、脱肛するのは、餌だけが原因とは、考えにくいです。

りぼん。と、八戒は、元気です。

美人は、手術前は、発熱があり、多少の震えが来ていました。

麻酔をかけたら。熱は一時下がりましたが、また、多分、発熱すると思われます。

ミニブタの脱肛は、まま、あることですが、もう少し早く、気がつけば、腸壁の擦過傷が、無かったかもしれません。

11月から、体重が、ほとんど増えないので、心配ですが、本人は、脱肛していても、至って元気なので、びっくりです。子豚は、多少の発熱は、大丈夫なんでしょうか。。???


脱竏DSC_0279.JPG

脱竏2DSC_0282.JPG
写真は、7cmくらい、脱肛している美人です。動物病院の待合室で、撮影しました。
このときの熱は、39度か40度くらいだと、思います。

脱竏糞DSC_0283.JPG

ニックネーム りぼん。パパ at 20:45| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美人ちゃん・・大変でしたね!
なんだか痛々しくて・・。
手術は 無事に済んだようですが
術後 早くよくなると良いですね。
何も出来ないけど 
美人ちゃんの回復を祈ってます。
Posted by momoka at 2008年01月21日 21:47
MOMOKAさん、コメントありがとう!。

そう、大変でした。ちょっと、ひどかったので、1,800円掛けて、高速道路で、病院まで、搬送しました。病院まで、約1時間かかるのですが、自動車電話(携帯電話は、違反ですけど。)で、獣医さんと話ししながら、手術の準備をしてもらいました。
排便と同時に、くるっと丸まって、腸が出ちゃうのですよね〜。

僕は、豚の脱腸を、見るのは、2回目なので、あまり慌てませんでしたけど、初めてだったら、パニックかもしれませんね。

後は、術後の回復次第なんですけど。。2日は、絶食でも、豚は、大丈夫なんですが、安定するのに、4日は、掛かりますから、その間、雑菌に感染して、化膿しなければ良いのですが。。。後は、腸を、かなり、引っ張るので、消化機能の回復がね。
まだ、解りません。

結構、排便に苦しいらしく、ねこぜのように、背中を丸めたままです。

普段は、直径5ミリくらいの丸い糞ですが、2センチになっただけで、脱肛しちゃうのですね。。豚の腸は、柔らかいですね。

ウインナーソーセージの、皮を考えれば、なるほどって、思いますけど。。

やっぱり、適度に、太れないミニブタは、病気しやすいですね。
りぼん。のときは、5ヶ月齢ですと、楽に10kgは、超えてましたから、小さい分だけ、内臓が、収まらないのでしょうか?
Posted by りぼん。パパ at 2008年01月21日 22:35
痛々しいですね。脱肛しても元気なのは凄いですね。
脱肛を見たのは初めてです。ウチのチョコ君が脱肛したら発狂しちゃうかも???

早く元気になるように祈ってますね。
Posted by チョコのママ at 2008年01月21日 23:34
脱肛は、体の小さいミニブタや子豚では、結構ありますよ。養豚の場合、手術せずに、お肉になっちゃいますけど。。

僕の場合、ひと目で、状況が解っていたので、発狂はしないけど。腸管に傷があると、かなり、出血しますし、びっくりしますでしょうね。出血が、ひどいと、輸血が出来ないので、すばやく手術しないといけないし、腸に糞が、溜まっているし、化膿の危険性もあり、胃に餌があると、戻して、気管に入ると、すぐ肺炎になるので、やっかいです。後、4日、安定していれば、食餌を、流動食にすれば、元の生活に戻れるかも知れませんが。。。まだ、微妙な状態で、入院中です。

早く良くなると、うれしいです。
Posted by りぼん。パパ at 2008年01月22日 05:34
見た瞬間固まりました…こんなふうになるんですねなんか痛そぉ…
うちも最近水分を取らないのでうんこポロポロなんですが、なるべく水分取らせるようにお湯で牛乳を薄めたりして飲ませるようにしてます。
美人ちゃん早く元気になれー黒ハート
Posted by マリリン at 2008年01月22日 07:01
あぁー 痛そう!(><)
それにしても、パパさんの冷静さ すごいです。
うちだったら、みんなでオロオロしてると思います。
美人ちゃん はやく元気になってほしいです揺れるハート
Posted by kiyo at 2008年01月22日 07:18
マリリンさんへ>>>

やはり、子豚のうちは、腸が、きちんと、筋肉と結合していないのか、ちょっとした便秘で、脱肛するらしいですね。僕は、500ccのマミーとか、ヤクルトとか、やったり、お湯をやったりしたのですが、外豚のため、やはり、寒さで、なってしまったと、反省してます。寒いと背中を丸めて、力むのでしょうかねえ。よく判らないです。心配してくださって、ありがとうございます。

KIYOさんへ>>>

冷静と言うか、脱肛の豚さんを処置するのが、2回目なんで、要領が解っていたので。。。ただ、腸の切除手術は、それほど難しくないのですが、術後に、感染症に掛かったり、肺炎を起こしたり、腸閉塞になると、死んでしまいます。腸閉塞は、豚の場合、エコーとかだけでは、解らないことが多いみたいです。エコー検査で、解るレベルですと、ガスや糞が、かなり溜まっていて、開腹手術をしても、腹部内部の消毒が、不完全になると思います。人間ですと、輸血したり、洗浄液で、腹部を、洗い続けたり出来るようですが。。動物は、まだ、そこまで、設備が整ってないみたいですね。
Posted by りぼん。パパ at 2008年01月22日 09:52
写真見てびっくりしました
手術は成功したみたいでよかったです
早く元気な美人ちゃんに戻るといいですね
Posted by たかし at 2008年01月22日 19:46
人間にも、脱肛はありますが、
ぶぅちゃんにもあるとは驚きました。
私は年々映画以外のスプラッタもの、
自分の血や傷口でさえ、ぐらぐら目眩がしてきます。
美人ちゃんのも、正直キテます・・・。
でも、大事にしてくださいね。
早く元気になりますように揺れるハート
Posted by ぽんこ at 2008年01月22日 21:49
たかしさんへ>>>

心配してくださって、ありがとうございます。
4日後、元気に、退院してくるのを、待ってます。

ぽんこさんへ>>>

めまいがするような、写真を載せてしまって、ごめんなさい。

僕のブログの方針で、良いことも、悪いことも、正直に、全部見せちゃうと言う感じなので。。。この記事を見て、ミニブタさんを、飼ってる人が、こんなことにならないように、気をつけてもらえれば、良いかな?なんて、思ってます。病気のことなど、出来るだけ、書いておけば、もし、自分の愛豚が、同じような症状になったとき、参考に、なるかな?とも、思ってます。

まだまだ、豚さんの病気や怪我など、飼育方法で、解らないことも、多いので、記録していくつもりです。みなさんの参考に、なれば。。。。るんるん
Posted by りぼん。パパ at 2008年01月22日 23:34
私に関してはお気遣い無用ですよ。
これは体質なので仕方ないのでありまして、実際、我が子やプギーが怪我したりしていたら、シャキっとするんだろうし(笑)
まだまだ未知なことばかりのぶぅの世界。
オーナーさんたちの情報交換がとても大切だと思います。
お互いにぶぅの健康のため、これからもどんどん出来事をお知らせしていきましょう。
ホントに・・・元気が一番です。
Posted by ぽんこ at 2008年01月23日 23:46
りぼんパパさん、こんばんは☆

写真を見て、ビックリしました。

でも、美人ちゃんが元気そうで安心しました。

こういう症状がある と知っているといないでは
飼い主の気持ちも大違いですね。
はやく良くなるといいですね
一日も早い回復をお祈りします☆
Posted by boopee at 2008年01月24日 19:34
うん。知ってたから、慌てませんでした。でも、知らない、ミニ豚オーナーも、見えると思いましたので、記録しておきました。まず、病気には、成らないでしょうが、もし、そうなったとき、情報があれば、助かりますものね。。。

土曜日が、退院予定です。るんるん
Posted by りぼん。パパ at 2008年01月24日 20:21
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1268885
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック