2007年11月05日

チベット自治区、温暖化影響で多くの人が睡眠中に鼻血

下記のニュースが、流れました。日本人では、信じられない現象ですが、先日、自分も、現地に行って、痛くはないのですが、タラーっと、自然に、鼻血が出ましたので、やっぱり、そうだよねーーって、思いました。地球上には、自分の知らない、自然現象が、たくさんあるんだなあーーって、つくづく思います。
ベトナムのホーチミンで、出会ったスコールも、印象深いですし、ゴビ沙漠の竜巻も、記憶に新しいです。だって、自分の視界の中に、竜巻が、10本くらい見えるんです。自分の感覚では、竜巻って、1本づつ出来るって、思ってましたので。。。びっくりです。

**********************


[北京 5日 ロイター] チベット自治区の首都ラサでは、地球温暖化の影響による極度の乾燥で、秋になると鼻血を出して目覚める人が多いという。新華社が5日に伝えた。

 新華社はラサ観測所の話として、海抜3700メートルのラサでは大気中に水分がほとんどなく、気候は乾燥し、火が点きやすくなっていると報道。さらに「この気候のせいで多くのチベット人が鼻血を出して目覚める」としている。

 観測所によると、ラサでは10月以降に記録的な低湿度が続いている。

 新華社は、地球温暖化の影響を受けやすいと考えられているチベットでは、世界中のどこよりも気温の上昇が進んでいると指摘。また科学者らは、青海チベット高原の気温上昇は氷河を溶かすほか、さまざまな自然災害をもたらすと警告している。

ニックネーム りぼん。パパ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1191415
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック