2007年11月02日

どんぐりから渋みの素「タンニン」を取るには。。

http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/02/10/1027.html

どんぐりから渋みの素「タンニン」を取るには。。

目が、テン!と言う番組に、よれば、牛乳で、煮ると、OKとのこと。。
結局、タンニンが、何かと結合するか、タンニン同士が、結合すれば、どんぐりも栗と同じく、甘くなるらしいです。

http://www.affrc.go.jp/ja/press/2006/061002_03/061002_03.html


http://ss.ffpri.affrc.go.jp/labs/kouho/Press-release/2006/akanezumi061002.html

また、慣れによって、タンニンを無害化するシステムが、哺乳類には、あることも、解ってきたようです。


http://ham119.info/log/eid554.html

どんぐりの毒は、タンニンだけでは、ないようです。

タンニン結合性唾液タンパク質(PRP,Proline-Rich Protein) を、持っている動物は、タンニンが分解できるようですね。人間は、持っています。
豚さんは、多分、持っていると、想像します。ただし、臼歯が、成長して、あごの力が、付くまでは、良く混ざって胃に入らないので、中毒するでしょうね。

なお、低温で、貯蔵すると、どんぐりのタンニンが、分解すると言う説もあるようです。縄文時代の土器からどんぐりが出てくるのは、そういう食生活が、あったのかもしれませんね。
ニックネーム りぼん。パパ at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1187128
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック