2007年10月27日

外小屋の冬仕度。

外小屋の冬仕度をしました。

まず。屋根は、発泡ウレタンとアルミホイルを接着した断熱材を張りました。
屋根DSC_0055.JPG


断熱材の材料は、こんな感じで、キャンプ用品店とか、ホームセンターとかで、売ってます。
断熱材DSC_0057.JPG

床は、土から離して、ざら板のように、5cmくらい空間があり、板張りですが、隙間風が、入ります。それを、止めることと、明け方の床の冷え込みを無くすために、これを敷きます。
床断熱DSC_0060.JPG

敷いた上に、床の半分だけ、床の電気ヒーターを入れます。

床ヒーターDSC_0063.JPG
その上に、敷き毛布を敷きますが、これは、梱包用の古毛布で、1枚300円くらいです。

出来上がりDSC_0062.JPG
その上に掛け毛布を敷き、もぐれるようにしておいて、屋根を、取り付け完成です。昼間は、ヒーターの電源を、切ります。

掛け毛布DSC_0065.JPG


床の断面構造です。写真は判り易いように、断熱材を見せてますがしっかり床に留めないと、豚さんが、かじったり、鼻ごりして、見事に、バラバラにしてくれますので、ご注意を!床の断面DSC_0061.JPG

チビ豚たちは、まだ、玄関の土間で、電熱ヒーターで、暮らしています。

チビ豚暖房DSC_0066.JPG
ニックネーム りぼん。パパ at 16:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
KOBAちゃんのところでも、いろいろ教えていただきましたが、更に詳しく写真で説明してあってとてもわかりやすく助かります。
今日、仕事から帰ってみると、雨で寒いだろうとホットマットを入れておいたら、なんと戸口から床に・・・コードは小屋の奥に穴をあけてつないでいたのに、びろ〜〜んと伸ばして放ってありました。
やはり、まだマットまではいらないのでしょうね。
そのくせ、ファンヒーターをつけてやると、お尻を温めて動かないんです (X_X;)
毛布に潜るという意味も、こちらの写真でよくわかりました。ありがとうございます。
Posted by ぽんこ at 2007年10月27日 20:07
豚さんは、気に要らないと、鼻ごりで、出して顔(汗)しまったり、うちのように、メス豚だと、21日毎に、何でも、齧って、集めて、巣作りする行動をしますので、ホットカーペットも去年は、リベットで、床のベニヤ板に留めて、取れなくしてありました。顔(イヒヒ)コードは、フレキシブル配管チューブと言う管に入れて、噛んでも、切れないように、しています。暖房の前は、好きですよね。うちも、ストーブの前に、毛布を引きずってきて、良く寝に来ますよ。犬(笑)
Posted by りぼん。パパ at 2007年10月27日 21:04
まあ・・リボンちゃんの小屋 
冬支度」完了ですね♪
これなら 寒くないね。

うちの子達・・冬は 藁ですから〜(笑)
ちょっと自然児です♪
Posted by momoka at 2007年10月28日 19:41
藁が、ストロー状に空気が入って、自然で、暖かくて、良いのですが、名古屋市内には、田んぼは、もう、無いですから。。調達が、出来ないですね。後は、藁ほこりが、ご近所迷惑かも。。。都会風、冬仕度ですね。きっと。。
Posted by りぼん。パパ at 2007年10月29日 09:39
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1180968
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック