2007年10月16日

オーエスキー病の血液検査&美人の避妊手術。

愛知県の家畜伝染病の規則によると、オーエスキー病の清浄県の愛知県へ、豚を、移動搬入する場合は、移動前の県と愛知県と両方で、約2週間の間隔で、オーエスキー病の血液検査が、陰性でないと、持ち込めない規則があります。他の県は、解りません。県毎に、運用規則を、家畜保健衛生所で、決めているようです。確かに、規則を、見ると、そう書いてあるのですが、静岡県、愛知県共、ペット用ミニブタの赤ちゃんの採血は、初めてとのことでした。実際、大きくなって、麻酔をかけず、採血するのは、難しいですし、オーエスキー病の分析上、麻酔を打った状態での採血では、検査結果が、うまく出ないかもしれませんので、今日、2回目の採血を、尾張家畜保健衛生所へ、2トンを、別々の、ケージに入れて、持っていき、採血(検査には、約1ccの採血が必要です。)をしてもらいました。これは、かかりつけ獣医さんの採血では、駄目だそうで、家畜保健衛生所の係員が、採血するか、もしくは、かかりつけの獣医さんが、採血する場合は、その場に立ち会うのだそうです。理由は、検査血液の取り違いなど、故意、過失のミスがないようにするためだそうです。1トン当たり、550円の検査料金を支払い、検査申請書を書いて、捺印して、さあ、採血です。

今回は、2ヶ月齢ですので、首の大静脈から、かろうじて、採血できました。3人かかりで、押さえての採血です。もっと、大きくなると、養豚の場合は、鼻ロープ保定をして、採血するのですが、道具で、強制保定すると、人間不信になるみたいで、人保定で、採血することに、しました。結果は、検査センターから、郵送で来るようです。

実際、オーエスキー病は、妊娠、出産時の異常産や死産が、表面に出るだけで、豚さんは、見たところ、異常を感じさせないのが、困り者です。

豚の伝染病は、そういうタイプの病気が、結構多いです。つまり、一見、元気な豚でも、病気持ちと言うことで、豚日本脳炎などもそうですね。

採血DSC_0401.JPG

2トンの採血を、無事終わり、美人だけは、続いて、避妊手術をします。
ですから、八戒は、朝ご飯を食べてますが、美人は、前夜9時から、絶食、絶水です。ケージで隔離されてました。ちょっと、元気が無くて、寝ています。

動物病院で、手術同意書、手術申し込み書を書きました。これから、手術をして、明日、午後、麻酔が、覚めるまで、病院で、お泊りです。

八戒だけ、連れて、りぼん。が、留守番しているので、家に、帰りました。

手術同意書.JPG

ニックネーム りぼん。パパ at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美人ちゃん・・今日だったんだ!?
無事に終わったんですね。
後は 明日 元気だといいね〜♪
Posted by momoka at 2007年10月17日 00:29
そうですね。明日、午前中、覗きに行って、午後、正式、退院になる予定です。病院

何しろ、絶食だから、元気が、無いというか、力が出ないのでしょうね。餌を持って、明日、午前中に、寄ってみますね。エサ

あと、初めて、ひとりで、病院で寝るんです。いつも、八戒と僕と、3人で寝てるので。。。あせあせ(飛び散る汗)

八戒は、もう、さかりが着ていて、男の子は、早いですよね。だから、どちらかを何とかしないとね。。。exclamation×2
Posted by りぼん。パパ at 2007年10月17日 02:32
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1166498
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック