2007年10月07日

新しい輸入ヨーロッパ品種。ボイセンベリーのこと。

新しい輸入ヨーロッパ品種。ボイセンベリーのこと。

「ヨーロッパでは、ブルーベリーよりなじみのあるボイセンベリーは、「視力回復」「ダイエット」効果で話題の、ラズベリーとブラックベリーの
 交配によって生まれた、美しい深紫色をした新種の木いちごです。
 日本では、ベリーフルーツといえば、ブルーベリーやラズベリーです
 が、欧米では”テーブルにボイセンベリー”というほど日常的なベリー
 フルーツです。
・ブルーベリーの6倍のアントシアニンと抗酸化能力があるといわれて
 います。視力、血液循環の向上、老化の防止、更年期障害の防止の
 効果があるといわれています。カロチン、カルシウム、鉄分、ナトリウ
 ム、葉酸が、ブルーベリーよりも多く含まれています。
・ジャム、ジュース、ヨーグルトのほかに、デザートやパイなどの飾り
 つけなどに使います。
・日本でも、村おこしや産地化などの動きが出てきました。」

日本の気候で、大量生産的に、育つかどうかは、よく解かりません(鑑賞用では、育ちます)が、うまく育ち生産量が伸びれば、付加価値の高い果物ですね。


ボイセンベリー1.jpgボイセンベリー2.jpgボイセンベリー3.jpg

ニックネーム りぼん。パパ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1143654
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック