2007年09月30日

ミニ「お散歩会」開催!。生後43日目。

今日は、午後から、岐阜県の博石館で、デムーロさん主催のお散歩会が、ある予定でしたが、残念ながら、雨天中止となりました。 そしたら、代わりに、我が家のチビ豚さんの見学会に、なっちゃいました。kiyoさん、ぷぅばあばさん、トポちゃん、ブッピパパさん、ベイブ大好きさんが、うちに来てくださいました。 もちろん、りぼん。にも、果物のお土産が、いっぱいでしたよ。巨峰、なし、りんご、バナナなど、、、、。 みんなで、八戒に、餌をやったり、だっこしたり、名無しの名前を考えてくださったり、小雨の中、りぼん。を、散歩させたりしてくださいました。 来てくださった方々、ありがとうございました。お土産もいっぱい、ありがとう。。 こぶたDSC_0146.JPG チビ豚ちゃんに、餌をやってるところ。 だっこDSC_0152.JPG 八戒を、だっこしたところです。(初だっこですね。)
ニックネーム りぼん。パパ at 17:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年10月1日法律第105号)

どうやら、まだまだ、法律を守らない、ペットショップが、あるようです。うちの場合は、ちゃんと、両親豚も、見せて戴いたし、同腹の兄弟豚7頭(オス3頭、メス4頭)も、見せて戴いてます。 以前のりぼん。のときも、両親と兄弟を、見せてもらいました。最低、写真で、見せないといけないルールなんですよ。 *************** 僕自身、動物取扱責任者の資格を持ってますから、間違いないです。ちゃんと、毎年、保健所の講習を受けてますから。。*************** 動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年10月1日法律第105号) (動物販売業者の責務) 第8条 動物の販売を業として行う者は、当該販売に係る動物の購入者に対し、当該動物の適正な飼養又は保管の方法について、必要な説明を行い、理解させるように努めなければならない。 (動物取扱責任者) 第22条 動物取扱業者は、事業所ごとに、環境省令で定めるところにより、当該事業所に係る業務を適正に実施するため、動物取扱責任者を選任しなければならない。 第49条 第16条第1項の規定による届出をせず、又は虚偽の届出をした者は、20万円以下の過料に処する。     第50条 第18条の規定による標識を掲げない者は、10万円以下の過料に処する (遵守基準) 第8条 法第21条第1項の環境省令で定める基準は、次に掲げるものとする。  (1) 販売業者にあっては、離乳等を終えて、成体が食べる餌と同様の餌を自力で食べることができるようになった動物(哺乳類に属する動物に限る。)を販売に供すること。  (2) 販売業者及び貸出業者にあっては、飼養環境の変化及び輸送に対して十分な耐性が備わった動物を販売又は貸出しに供すること。  (3) 販売業者及び貸出業者にあっては、2日間以上その状態(下痢、おう吐、4肢の麻痺等外形上明らかなものに限る。)を目視によって観察し、健康上の問題があることが認められなかった動物を販売又は貸出しに供すること。  (4) 販売業者にあっては、販売をしようとする動物について、その生理、生態、習性等に合致した適正な飼養又は保管が行われるように、契約に当たって、あらかじめ、次に掲げる当該動物の特性及び状態に関する情報を顧客に対して文書(電磁的記録を含む。)を交付して説明するとともに、当該文書を受領したことについて顧客に署名等による確認を行わせること。ただし、動物取扱業者を相手方として販売をする場合にあっては、ロからヌまでに掲げる情報については、必要に応じて説明すれば足りるものとする。   イ 品種等の名称   ロ 性成熟時の標準体重、標準体長その他の体の大きさに係る情報   ハ 平均寿命その他の飼養期間に係る情報   ニ 飼養又は保管に適した飼養施設の構造及び規模   ホ 適切な給 餌 ( じ ) 及び給水の方法   ヘ 適切な運動及び休養の方法   ト 主な人と動物の共通感染症その他当該動物がかかるおそれの高い疾病の種類及びその予防方法   チ 不妊又は去勢の措置の方法及びその費用(哺乳類に属する動物に限る。)   リ チに掲げるもののほかみだりな繁殖を制限するための措置(不妊若しくは去勢の措置を不可逆的な方法により実施している場合を除く。)   ヌ 遺棄の禁止その他当該動物に係る関係法令の規定による規制の内容   ル 性別の判定結果   ヲ 生年月日(輸入等をされた動物であって、生年月日が明らかでない場合にあっては、推定される生年月日及び輸入年月日等)   ワ 不妊又は去勢の措置の実施状況(哺乳類に属する動物に限る。)   カ 生産地等   ヨ 所有者の氏名(自己の所有しない動物を販売しようとする場合に限る。)   タ 当該動物の病歴、ワクチンの接種状況等   レ 当該動物の親及び同腹子に係る遺伝性疾患の発生状況(哺乳類に属する動物に限り、かつ、関係者からの聴取り等によっても知ることが困難であるものを除く。)   ソ イからレまでに掲げるもののほか、当該動物の適正な飼養又は保管に必要な事項  (5) 販売業者にあっては、契約に当たって、飼養又は保管をしている間に疾病等の治療、ワクチンの接種等を行った動物について、獣医師が発行した疾病等の治療、ワクチンの接種等に係る証明書を顧客に交付すること。また、当該動物の仕入先から受け取った疾病等の治療、ワクチンの接種等に係る証明書がある場合には、これも併せて交付すること。  (6) 貸出業者にあっては、貸出しをしようとする動物の生理、生態、習性等に合致した適正な飼養又は保管が行われるように、契約に当たって、あらかじめ、次に掲げるその動物の特性及び状態に関する情報を提供すること。   イ 品種等の名称   ロ 飼養又は保管に適した飼養施設の構造及び規模   ハ 適切な給餌及び給水の方法   ニ 適切な運動及び休養の方法   ホ 主な人と動物の共通感染症その他当該動物がかかるおそれの高い疾病の種類及びその予防方法   ヘ 遺棄の禁止その他当該動物に係る関係法令の規定による規制の内容   ト 性別の判定結果   チ 不妊又は去勢の措置の実施状況(哺乳類に属する動物に限る。)   リ 当該動物のワクチンの接種状況   ヌ イからリまでに掲げるもののほか、当該動物の適正な飼養又は保管に必要な事項  (7) 第(4)号に掲げる販売に係る契約時の説明及び顧客による確認並びに第(6)号に掲げる貸出しに係る契約時の情報提供の実施状況について、様式第11により記録した台帳を調製し、これを5年間保管すること。  (8) 前各号に掲げるもののほか、動物の管理の方法等に関し環境大臣が定める細目を遵守すること。     (2) 販売業者にあっては、販売に供しているすべての動物を顧客が目視により、又は写真等により確認できるようにすること。また、動物ごとに、次に掲げる情報を顧客から見やすい位置に文書(電磁的な記録を含む。)により表示すること。   イ 品種等の名称   ロ 性成熟時等の標準体重、標準体長等体の大きさに係る情報   ハ 性別の判定結果   ニ 生年月日(輸入等をされた動物であって、生年月日が明らかでない場合は、推定される生年月日及び輸入年月日等)   ホ 生産地等   ヘ 所有者の氏名(自己の所有しない動物を販売しようとする場合に限る。)  (3) 法第22条第3項の都道府県知事が実施する動物取扱責任者研修において動物取扱責任者が得た知識を、他の職員全員に伝達し習得させるための措置を講じること。  (4) 動物の仕入れ、販売等の動物の取引状況について記録した台帳を調製し、これを5年間保管すること。  (5) 動物の仕入れ、販売等動物の取引を行うに当たっては、その相手方が動物の取引に関する関係法令に違反していないこと及び違反するおそれがないことを聴取し、違反が確認された場合にあっては動物の取引を行わないこと。
ニックネーム りぼん。パパ at 01:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

チビ豚ちゃん(9月29日)生後42日目。

2tonDSC_0139.JPG チビ豚、2トンの写真です。暗い中、ライトをつけて、アップで、撮影したので、影が、映っちゃいました。 8kaiDSC_0136.JPG 八戒です。まだ、小さいので、マクロレンズで、撮りました。ストロボの影が、出ちゃいました。
ニックネーム りぼん。パパ at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今朝のりぼん。の様子。

朝食が、3トンとも、それぞれの小屋で、終わった後、りぼん。は、新参者が、まだ、気になるらしく、チビ達のサークルまで、見に来ました。 まだ、威嚇します。お腹をなでてやると、しばらく、威嚇を辞めますが、また、すぐ、始めます。 しかし、りぼん。なりに、受け入れを、覚悟し始めたのか、チビ達の糞が、細かいので、柵から、飛び出ていたのですが、それを、食べてしまいました。相手の臭いの元を、食べるって、どういう意味だろうか? 初めての行動なので、解りません。 もう、威嚇は、良いでしょ。って言ったら、静かに、庭に行きました。
ニックネーム りぼん。パパ at 07:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

八戒、名無し、生後41日目。(9月28日)

taijyuuDSC_0131.JPG 体重測定をしました。八戒も名無しも、約2kgでした。KOBAちゃん家のPOPIちゃんの34日目とほぼ同じですが、体型は、スマートです。 ikakuDSC_0132.JPG りぼん。と、柵越しに、面会しました。りぼん。は、威嚇して、パクパク攻撃をしますが、お腹をさすってやって、ご主人は、りぼん。の味方だよ!って、言ってやったら、静かに、庭に出て行き、おしっこをしに、行ったようです。 やはり、自分が、寂しい想いをしたくないとの、主張のようで、さすってやると、納得したみたいでした。 写真の上でクリックすると、拡大しますが、大きさが、ぜんぜん、違います。あと、2年後には、りぼん。の大きさで、3トンになるのですね。 大ごとに、なりそうです。びゃらさん家が、3トン飼われているので、飼えるかと、思いましたが、今度の子は、元気すぎです。如何に、りぼん。が、おとなしい豚だったか、良く解りました。
ニックネーム りぼん。パパ at 22:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八戒 と 名無し です。

八戒 と 名無し です。 生後41日目。 サークルを出て、部屋の探検です
ニックネーム りぼん。パパ at 09:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臭いに対する行動。

今日は、3回ほど、柵ごしに、りぼん。が、八戒の臭いを嗅いでいるので、試しに、八戒を抱いて、八戒の臭いがした手を、りぼん。の口の近くに、持って行きました。 りぼん。は、今まで、一度も、僕の手を噛んだことはなく、舐めてきます。さて、今回は、どうかな? 思ったとおり、パクリって、僕の手を噛みました。牙のところを避けて、前歯のところで。。。 やっぱり、飼い主の臭いが、りぼん。から、八戒に変わることに、抵抗が強いみたいです。 石鹸で、手を洗って、また、りぼん。のところに行きました。今度は、大丈夫です。りぼん。は、八戒の臭いを、気にしている様子。ところが、チビ2トンは、何も感じて居なくて、柵の向こうにりぼん。が、居ても、怖がるどころか、柵の間から、鼻を出している。りぼん。が、近くに寄ってきても、全く平気。怖いもの知らずです。この辺も、りぼん。が、納得できない理由らしいが、相手はまだ、35日目、離乳したての子豚です。もう、1ヶ月経たないと、しつけは、難しいかもしれません。本当は、6週(42日)以降、完全離乳してから、もらってくるべきでしたが、母豚、オリーブが、初産で、しかも、1歳齢と言うことで、育児下手??39日で、母豚のおっぱいだけじゃ、とても子豚には、餌不足なので、ホエー入りの餌で、補充したのが、早めだったらしく、いっそ、初乳は、済んでいるので、人工乳とユースペレットで、行ってしまおう。との考えと、出来るだけ、子豚のうちから、りぼん。と、お互いに、臭いを理解してもらえればと、思って、ちょっと早めの39日(5週4日)で、もらって来ました。 音と臭いは、豚さんは、敏感です。チビ豚さんの音には、慣れて来ているりぼん。です。チビちゃんの餌の時間に、ばたばたと音がしても、初日のように、りぼん。が、慌てて見にくることは、無くなりました。 まだ、臭いは、納得していませんが。。。
ニックネーム りぼん。パパ at 01:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

八戒と名無し。

hakkai DSC_0124.JPG この子が、八戒。男の子。足が4本、白いです。鼻は、ピンク色です。nanasiDSC_0129.JPG この子が、まだ、名無しの女の子、足は、爪だけ、白いです。鼻は、黒色です。
ニックネーム りぼん。パパ at 12:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

りぼん。の採った行動。

八戒が、玄関の中に、来て、りぼん。は、庭である。今朝のりぼん。の行動は、庭中、少しづつの糞と少しのおしっこを、全域に、すこしづつ、してくれた。お掃除が、大変です。庭の隅々を歩いて、1個づつ落ちている糞を、ちりとりで、集めました。また、糞を、足で踏んで、つぶし、落ち葉など、上に置いておき、隠すようにしてました。土に、埋めることはせず、臭いはするが、目で、発見できにくい勘考を、しているみたいです。 八戒に、対して、庭は、りぼん。専用だから、入るな!と、言っている様子。もちろん、まだ、庭に、八戒を出す時期でも、無いのですが、予防線を張っているのかしらん。
ニックネーム りぼん。パパ at 09:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離乳食は、これをメインにしてます。

5Z90.Mazuri.MiniPigYouth.pdf 離乳食は、これをメインにしてます。
ニックネーム りぼん。パパ at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

子豚ちゃん達の餌。

生後20日間は、母豚の母乳を中心に育ってきたが、現在39日目。 ミニブタペレットに、ホエーが混入した、粉ミルクの匂いのする離乳ペレットと、飲み水を、充分に与えることにする。 水は、良く飲むので、助かります。飲み水不足には、なってない模様。 ただ、水鉢を、すぐひっくり返してしまう。(水鉢から、水を飲むことは、可能。)水鉢の数を増やしてみようかな?八戒が、元気すぎて、自分だけ、水を飲んで、鉢をひっくり返してしまう。2トン、別々の鉢が要るのかな。明日は、餌鉢を2個にするか、手で、別々に、ミルク混合離乳ペレットをやるか。考えないと、いつも、八戒が、強いので、餌をたくさん食べてしまう。今日は、一応、メス子豚に、手で、餌をやって、八戒に、盗られてしまわないように、配慮した。一応、2トン、寄り添って寝るようなので、今晩の寝床は、同じにした。 人工乳を、すこし、49日目までは、やった方が良いのかなあ? 調べてみないと、いけないなあ。。
ニックネーム りぼん。パパ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生まれて39日目。りぼん。のときは、どうだったかな?

生まれて39日目(9月26日)。りぼん。のときは、どうだったかな? すっかり、忘れてしまっている。 お湯で、とうもろこしの粉を練って、だんごにして、たべさせたっけ? 記録ファイルを見ないと解りません。 確か、ちゃろちょろするので、サークルに、入れっぱなしだったかも。。
ニックネーム りぼん。パパ at 18:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八戒プラス1が、来たよ。

7hikiDSC_0090.JPG 2007(H19)年.8月.18日生まれの同腹7匹(オス3頭、メス4頭)です。S農園へ迎えに行きました。朝5時半出発。9時に、面会。かねてより、決めていた。オスの八戒を戴く。そうしたら、メスが、1匹付いてきちゃった。(もちろん特別無料ですけど。) +2DSC_0115.JPG うちへ、来てしまった2トンです。オスの名前は、決めてたけど、メスは、名無しです。 o-esuki-DSC_0111.JPG 静岡県から、愛知県(名古屋市)へ、搬送するため、オーエスキー病の血液検査をする。1ccほど、血液を採取するのだが、首大静脈に、うまく注射針が、刺さらず、2トンとも、採取不能で、断念した。 次回は、2週間後に、再チャレンジ。。
ニックネーム りぼん。パパ at 15:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「八戒」を迎えに、静岡へ、行きます。(9月26日)

明日26日、早朝、「八戒」を迎えに、静岡へ、行きます。その足で、家畜衛生保健所で、オーエスキー病の検査のため、採血に行きます。それから、2週間。自宅で、隔離飼育して、14日後、愛知県の家畜衛生保健所で、オーエスキー病の再検査のため、採血する予約済みです。 八戒は、もう、S農場では、マズリの離乳食を、ガツガツ、食べているそうです。 午後は、仕事ですので、とんぼ帰りですが、気をつけて行って来ます。 7頭、同腹で生まれて、黒子は、ゼロですので、陰性は、間違いないと、思います。 さて、採血させてくれるかな?
ニックネーム りぼん。パパ at 00:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

りぼん。の各部。(接写レンズのテストです。)

DSC_0078.JPG りぼん。の鼻です。 DSC_0074.JPG りぼん。の耳です。 DSC_0081.JPG りぼん。の眼です。 DSC_0076.JPG りぼん。の前脚です。 DSC_0072.JPG りぼん。のたてがみです。白い長い毛は、枝毛が多いです。 DSC_0075.JPG 砂の上で、お昼寝です。
ニックネーム りぼん。パパ at 13:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予知能力???

今日は、朝から、甘えモードのりぼん。、これは、八戒を迎えるべく、準備をしていることが、解るのだろうか。当面、八戒は、外小屋でなく、家の中のサークルで過ごすことになる。仲良くなれるだろうか? 今から、こんなに、甘えモードでは、心配です。
ニックネーム りぼん。パパ at 08:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

甘えん坊のりぼん。でした。

今日は、お彼岸の中日です。お客さんが、朝から夕方まで、みえるので、りぼん。は、小屋の中で、1日過ごしました。夕方、小屋から出したら、僕に、ずっと、付いて回って、離れません。とうとう、お散歩に、行くことになり、近所を1周してきたら、何とか、納得して、今は、庭で、遊んでます。 6畳くらいの小屋でも、1日、閉じ込めると、ストレスみたいですね。いつもは、30坪くらいの庭で、遊んでいるのですが、今日は、そこも、お客さんの自動車の駐車場になったので、小屋では、不足だったみたいですね。(急遽、散歩に行ったので、写真は、無しです。)
ニックネーム りぼん。パパ at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

今日の散歩。

散歩です。草の中に、何かあるのでしょうか?探しているようですが、何を探しているかは、解りません。 sanpoDSC_0041.JPG
ニックネーム りぼん。パパ at 18:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わが家の玄関は、柵付き。人間は、不便ですが。。。

gennkannDSC_0071.JPG りぼん。が、鼻で、たたく玄関です。以前、ガラスを、都合、6枚も割られたので、柵が、作ってあります。 kizuDSC_0069.JPG いつも、同じところを、鼻で、叩くので、木が、磨り減っちゃいました。最初は、新品だったのに。。。よく見ると鼻の形が、解るかも。。。
ニックネーム りぼん。パパ at 08:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

メルカトルの地図の錯覚。

長い距離を、飛行機で、飛ぶと、日本の学校で授業に使われる、メルカトル図法と言う地図が、いかに、歪んでいて、正確さに欠けるかが、解ります。航路は、時間が大事ですから、経度、緯度には、関係なくまっすぐ飛ぶのが、早いんです。また、土地の大きさもかなり緯度により、形状がことなり、面積が、視覚的にまったくことなり、方角も違うので、旅行には、日本で、一般的なメルカトル地図は、使いにくいし、方角や距離を勘違いしますね。 メルカトル図法の欠点.gif mercator-mennseki.gif
ニックネーム りぼん。パパ at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

2007.9.20のりぼん。一応、番豚なんです。

本日のりぼん。 07.9.20DSC_0057.JPG 猫を追い払うりぼん。 nekoDSC_0030.JPG
ニックネーム りぼん。パパ at 12:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

中国の世界における位置関係。

中国MAP.gif 中国は、とても広いです。テレビでニュースになる北京や上海は、この地図で行くと、本当に海に近く、距離も実は、それほど離れていません。 沖縄へ行くより、近いくらいです。ところが、チベットのラサや、新彊のウルムチになると、とても、遠いです。飛行機を乗り継いで、約2日かかります。米国やヨーロッパへ行くより、時間がかかります。 逆に、ロシアは隣国ですし、ヨーロッパやアラブからも、飛行機で、数時間で、これちゃいます。西安国際空港は、アラブからの便が多いので、荷物チェックやパスポートチェックは、とても厳しいです。偽造パスポートが多いからです。日本人の観光は、ほぼノーチェックですが、自分の前の人が、アラブ人ですと、20分くらい待たされます。ですから、人数が多くても日本人だけで、列を作った方が、税関の通過は、早いですね。中国国内にも、過激派は、潜伏しているようです。 また、宗教関係者は、チェックが厳しいです。法輪講と言う中国政府と敵対した宗教や、未だロシアに残っているオウム真理教のチェックをしているようです。私たちは、宗教に関係ない職業を記入し、名刺を持つ ことを、勧められました。 チベットは、中国と言っても、半独立国みたいな政治状況なので、独自のビザチェックが、あります。まあ、日本人の観光客は、ほぼフリーパスですが、入域ビザを取るまでが、大変なんですね。貰ってしまえば、OKです。こうして、中国を見てみると、土地の西半分は、イスラム教の国なんです。いわゆるアラブ系ですね。しかも、日本人は、日本を中心に世界観を構成していますが、ラサですと、東ヨーロッパやロシアとの交流が、とても強いです。歴史的にも地理的にもそうなんですが、日本に居るときは、気がつけないことでした。 tibet-chizu-2.gif ラサと、ヒマラヤの各名山との位置関係です。水平距離は、近いのですが、高度差がすごいので、高度200m上がるのに、1日くらい掛かります。また、道が、絶えず、自然環境で変わるので、現地ガイドが必要ですし、水、燃料など、全部、持参しないといけません。ランドクルーザーが、途中で故障しても、何とかなるように、2台ペアで、走ります。 こんろん山脈.jpg 昔、中国人が、天竺と誤解をした、偽ヒマラヤ山脈の、崑崙山脈です。実際は、ヒマラヤ山脈に行き着くまでに、いくつも、山脈と盆地を、通り過ぎないと、到着しません。ですから、ラサからは、チョモランマ(エベレスト)は、見ることが、出来ません。距離は近いのですが、途中の山に、絶えず雲が掛かっているからです。第一、ラサから少し登れば、5,000mですので、ちょうど雲の中ですよね。よく富士山が、雲から、頭だけ出して、飛行機から見えることがありますが、3,500m以上は、いつでも、雲があっても、おかしくありません。でも、チベットは、乾燥気候なので、5,000mくらいから雲があるようですね。
ニックネーム りぼん。パパ at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

散歩のひとこま。

ねるDSC_0050.JPG 寝る 寝るDSC_0042.JPG 寝る2 かゆい2DSC_0021.JPG カユイ かゆい2DSC_0021.JPG カユイ2 どんぐりDSC_0035.JPG どんぐり大好き 穴掘りDSC_0046.JPG 穴掘り
ニックネーム りぼん。パパ at 18:30| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

21日ごとの仕事。(生理)

1DSC_0005.JPG 3週に一度、土曜か日曜に、小屋に、いろいろな物を集めます。今回は、9月15日(土)から16日(日)までの深夜の行動です。 前回は、8月27日(月)から28日(火)でした。21日周期といわれてますが、今回は、19日周期でした。
ニックネーム りぼん。パパ at 12:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベット、その後(続編)

rasamatiDSC_0600.JPG ラサの町並みです。空気は、きれいですし、町は、整然としています。衛生状態は、今一ですが。。 potaraDSC_0586.JPG ラサでもっとも、有名なポタラ宮です。現ダライ・ラマは、インドに、亡命中です。とても、きれいな建物ですが、とても、古い建築物には、みえません。文化大革命時にも、チベット民族の感情を考え、破壊しなかったそうです。 ennkoDSC_0058.JPG これ、塩湖です。雪では、ありません。湖が、湖底まで、全部、塩です。ですから、湖の上は、人間が、歩けます。 kanbanDSC_0672.JPG 看板を、バスの中から、撮影しました。チベット語、北京語、モンゴル語、英語、あらゆる文字が、書かれています。 多民族地区と言うことが、解ります。日本では、せいぜい、英語と日本語ですもの。。 hotelDSC_0741.JPG ホテルの部屋の入り口のドアです。ホテルに泊まって、観音開きのドアは、初めてでした。ICカードキーで、開けて入ります。入ると、スイッチが、いっぱいで、どこが、何のスイッチなのか????帰るまで、解らずじまいでした。
ニックネーム りぼん。パパ at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豚の病気 その2

オーエスキー病/仮性狂犬病 豚の呼吸器病対策へ  豚の呼吸器感染症の特徴へ  豚の病気へ  オーエスキー病は豚ヘルペスウイルス1型による急性疾病で豚、牛、めん羊、犬、猫、ミンク、キツネなどで発生がみられる。豚以外の動物は局所性の掻痒症と自己損傷を示し急性経過で死亡するが、発生はまれである。  豚は感受性が高く、新生豚は高率に死亡するが、日齢とともに抵抗性が増すため成豚では大部分が無症状で耐過する。しかし、感染耐過豚は長期間ウイルスを体内に保有し、本病の伝播源となる。  本病は世界各地に分布し、わが国でも1981年より発生が続いている。ヨーロッパ諸国やわが国では、本病を最初に記載した人(Aujeszky,1902)の名を病名にしているが、米国ではrabies/狂犬病との症状の類似性から、pseudorabies/仮性狂犬病と呼ばれている。 疫学  豚以外の動物は一般に感受性が低く、他の動物での自然発生も豚が関係し、豚以外の動物が感染源となった事例はない。したがって、ウイルスの自然界での感染環は豚間でのみ成立しているものと思われる。牛、めん羊などの発生はウイルスに汚染した飼料を介して行われ、周辺に発生養豚場があることが多い。犬、猫などの発生は発症豚のくず肉よることが多い。生ワクチンを用いている国では接種事故による発生が犬、ヒナでみられる。  本病が発生した場合、飼育形態によって異なるが一般に70%以上の豚が感染する。流行は1〜2カ月で終息するが、肥育豚、成豚は症状を示さないことが多いため、新生豚の相次ぐ突発死あるいは妊娠豚の死流産で気づくことが多い。本病の発生は冬期間に集中する。ウイルスの生存条件の違いだけでなく、感染耐過豚が寒冷感作によってウイルスを再排泄する機会が多くなることによるものと思われる。 症状 1)哺乳豚  新生豚が感染した場合には1〜2日で発病し、嘔吐、下痢、発熱、元気消失、次いでふるえ、けいれん、運動失調などを示す。起立不能、虚脱状態に陥った後は数時間で死亡する。致死率は100%近い。日齢とともに抵抗性が増し、3〜4週齢豚では症状が軽くなり経過が長くなる。神経症状を示すものは死亡するが、致死率は20〜60%に低下する。移行抗体を獲得した子豚は抵抗性があり、発症率、致死率とも低い。 2)肥育豚  無症状で耐過するものが多い。発熱、食欲減退、元気消失、嘔吐などの症状がある場合も3〜8日の経過で回復し、神経症状を示し死亡することはほとんどない。 3)成豚  大部分の繁殖豚は無症状で耐過する。軽い発熱、食欲減退、元気消失、嘔吐などの症状を示すこともあるが3〜7日で回復する。しかし、妊娠豚では異常産が発生し、黒子、白子、虚弱子などが娩出される。 予防  本病の伝播には上述のように外見上は健康豚と変わらない感染耐過豚が感染源となることが多いため、抗体検査を行い抗体陽性豚を導入しないようにする。ワクチンは子豚の死亡及び妊娠豚の異常産を予防する目的で利用できる。 豚の呼吸器病対策へ  豚の呼吸器感染症の特徴へ  豚の病気へ -------------------------------------------------------------------------------- 豚サイトメガロウイルス病 豚の呼吸器病対策へ  豚の呼吸器感染症の特徴へ  豚の病気へ  豚サイトメガロウイルス病の発生はl955年英国のDoneによって初めて報告された。彼は鼻炎が流行した養豚場の死亡子豚について病理学的検索を行い,鼻甲介粘膜の腺上皮細胞に好塩基性の大型の核内封入体が存在することを発見し,この疾病を封入体鼻炎と名付けた。その後,ウイルスの性状や病変分布の検討が行われ,ヒトやマウスのサイトメガロウイルス感染と類似することが明らかとなり,原因ウイルスは豚サイトメガロウイルス porcine cytomegalovirus:PCMVと命名された。一般に本病は移行抗体をもたない新生豚や幼齢豚で重篤な症状を示し,ときに致命的である。しかし,加齢にともなって症状は軽減し,成豚ではほとんどが不顕性感染で耐過する。本病は世界中に広く分布する。わが国では1972年に病理学的検査により封入体鼻炎の発生が確認され,l984年には2カ月齢の豚の精巣からPCMVが分離された。わが国の豚の感染率は高く,l98l年に45都道府県の肥育豚441頭から採取した血清のエライザによる抗体調査では,434頭(98.4%)が抗体陽性と報告されている(Tajimaら,l993)。PCMVはほかのヘルペスウイルスと同様に,一度感染すると潜伏感染をおこす。潜伏感染は生涯持続する。ウイルスはさまざまなストレスによって再活性化され,体外に排出される。ウイルスの再活性化はステロイド剤の投与によっても誘発される。また,ウイルスは上皮系細胞のほか肺胞マクロファージや細網内皮(RES)系細胞でも増殖することから,感染豚の免疫能を低下させる可能性がある。したがって,飼育環境の悪化などのストレスによってPCMVが再活性化され,さらにほかの疾病を増悪させることが懸念される。 予防・治療  本病に対するワクチンは開発されていない。PCMVの常在養豚場であっても,適切な衛生および飼養菅理を維持すれば本病が問題化することは少ない。とくに新生子豚の感染は重篤となることがあるので,初乳を十分摂取させ,移行抗体を高めることが大切である。本病の発生がおこった場合には病豚の隔離と豚舎の消毒に努める。本病に特効的な治療法もないが,二次感染の防止を目的とした抗生物質の投与や飼育環境の改善は予後の改善に効果がある。 豚の呼吸器病対策へ  豚の呼吸器感染症の特徴へ  豚の病気へ -------------------------------------------------------------------------------- 豚コレラ(獣医感染症カラ−アトラス、P72-74より)豚の呼吸器病対策へ  豚の呼吸器感染症の特徴へ  豚の病気へ  豚コレラウイルスの感染によって起こる強い伝染力を特徴とする熱性伝染病で,甚急性型から慢性型,遅発型と多様な病態を示す.甚急性および急性型の場合には高い死亡率を示す. 疫学  感染経路は主として口および鼻である.感染豚の唾液や尿,糞便などに多量のウイルスが排出されるので,接触感染とともにウイルスで汚染された飼料や水を介した感染が容易に起こる.養豚場間の伝播は汚染された器具や車輌,ヒトのほか,感染豚の肉や肉製品の混じった厨芥の給餌によって起こることが知られている.近隣の養豚場の間では空気伝染が起こることもある.また,ウイルス血症を起こし,感染豚の血液中には多量のウイルスが含まれる.吸血昆虫などのベクターによる媒介はない. 症状  豚コレラの病型はウイルスの病原性により多岐にわたり,死亡までの経過日数により甚急性型(〜8日),急性型(9〜20日),亜急性型(21日〜30日),慢性型(31日〜)に分類される.また,特異な病態として,病原性の弱いウイルスの胎子感染に起因する遅発型豚コレラと呼ばれる疾病がある.野外における発生では,ウイルスの病原性と豚側の要因が加わり,感染個体によって上記の病型のみならず,回復型や不頭性型のような病態を示すことがある.  甚急性ないし亜急性型:潜伏期間は2日ないし4日で,高熱(40〜42℃;3〜4日係留),元気消失,食欲不振,便秘(後に下痢),結膜炎などが認められ,引き続き後駆の麻癖や痙撃,昏睡などの神経症状が認められるようになる.歩行困難となり,耳翼や下腹部,四肢などに血行障害による紫斑が出現するとともに,死の転帰をとる.死亡率はきわめて高く,100%に達する.  慢性型:病原性のやや弱いウイルスに感染した場合に起こり,発病初期には急性型とほぽ同じ症状を呑す.しかし,発症後1ないし2週間で回復の兆しを示し,慢性型に移行する.弛張熱と一時的な熱解離を繰り返し,経過は1〜3カ月以上にも及び被毛の粗雑な削痩したいわゆるヒネ豚(写真1)となることが多い.細菌の二次感染により皮膚の発疹,関節炎,肺炎などを示す豚も多く認められる.このような豚では,血液中に抗体とウイルスが共存する場合が多い.多くの豚はl〜3カ月の経過で死亡する場合が多いが,一部には回復する豚も認められる.また.病原性の非常に弱いウイルスでは,不顕性感染に終わる豚も存在すると考えられている.このような病原性のやや弱いウイルスの感染では,豚個体によって慢性型から急性型の幅広い病態を示すことがある.  遅発型:病原性の非常に弱いウイルスが妊娠豚に感染した場合には,母豚は発症せず,時として見かけ上健康な子豚が生まれることがある.このような子豚が生後2カ月以降に徐々に食欲減退,元気消失,軽度の発熱,結膜炎,皮膚炎,運動失調などの症状を現すことがあり,遅発型豚コレラと呼ばれている.これらの豚では抗体応答が認められず,ウイルス血症が持続することから,胎子感染により免疫寛容が誘導され,持続感染が成立するものと考えられている.予後は不良で多くの発病豚は死亡することが多い.この現象は,同じペスチウイルスに属する牛ウイルス性下痢ウィルスにおける持続感染牛の成立と同様と考えられる. 病変  一般的に急性型や亜急性型の豚コレラでは,典型的な豚コレラの肉眼および組織病変が出現する場合が少なくないが,甚急性型および慢性型,遅発型の豚コレラで発病から経過の長いものでは,典型的な病変は認められないことが多い.  肉眼病変:最も多く認められる病変は,リンパ節の出血,腎臓包膜下の点状出血(写真2)および脾臓の出血性梗塞(写真3)である.そのほか膀胱粘膜(写真4),心臓,咽喉頭部などに出血が認められる.脾臓の出血性梗塞は急性型豚コレラの診断に重要である.まれに小腸粘膜にボタン状潰瘍がみられる.  組織病変:特徴的な病変は,脳の小血管における囲管性細胞浸潤(写真5)や,その周囲のグリア結節の出現である.脾臓やリンパ節では,リンパ球の崩壊,ろ胞の壊死などがみられる.  血液学的変化:白血球の極端な減少と好中球核型の左方移動,血小板の減少がみられる. 診断  豚コレラは伝播力が強くきわめて悪性の急性伝染病であることから,その診断は迅速かつ的確に行う必要がある.多様な病性を示すことから,臨床診断を含む総合的な診断が不可欠である.また,臨床症状がトキソプラズマ病,豚丹毒,アフリカ豚コレラなどに類似するので,類症鑑別が重要である.  ウイルス学的診断:感染豚の扁桃の凍結切片を用いたFA染色によるウイルス抗原の検出(写真6)および培養細胞を用いたウイルス分離を実施する.豚コレラウイルスは一般的にCPEを示さないので,ウイルス増殖の確認にはEND法やFA法などを用いる.最近では,RT‐PCRによるウイルス遺伝子の検出も応用可能である.中和抗体の検出・定量には,END中和法やFS‐l3細胞またはCPKNS細胞を用いた中和試験を実施する.  病理学的診断:血液検査,肉眼および組織病変の検査を実施する.白血球の減少(8千個/cm2以下)や脾臓の出血性梗塞,リンパ組織の腫脹と出血,膀胱粘膜や咽喉頭部の出血、脳の囲管性細胞浸潤やグリア結節の有無などを検査する。 予防・治療  有効かつ安全性の高い豚コレラ生ワクチン(GPE-ワクチン)が開発されており,ワクチンプログラムを遵守して予防接種する.有効な治療法はない.現在,日本において豚コレラの撲滅計画が推進されており,将来はワクチンを用いない摘発淘汰による防疫方針となる予定である。 豚の呼吸器病対策へ  豚の呼吸器感染症の特徴へ  豚の病気へ -------------------------------------------------------------------------------- 口蹄疫        豚の呼吸器病対策へ  豚の呼吸器感染症の特徴へ  豚の病気へ 1.学名:口蹄疫ウイルス(Foot-and-Mouth disease virus) 2.生物学的特徴  口蹄疫ウイルスは、ピコルナウイルス科のアフトウイルス属のエンベロープを持たないプラスで1本鎖のRNAウイルスで、ウイルス粒子の直径は21〜25nmである。酸や塩基性の薬剤で容易に感染性を失う。口蹄疫ウイルスには、相互にワクチンが全く効かないO、A、C,Asia1、SAT1、SAT2及びSAT3の7種類のタイプ(血清型)存在する。血清型にはさらに細かな亜型があるが、現在ではVP1蛋白をコードする遺伝子の塩基配列での分類が標準化している。1999年台湾の金門島の株はType O/Taiwan/99(血清型/分離地/分離年)と呼称される。口蹄疫は急性熱性伝染病で、偶蹄類動物に感染する。監視伝染病の対象動物は、牛、水牛、しか、めん羊、山羊、豚、いのししである。口蹄疫ウイルスは感染動物やその汚染物によって直接、間接の接触によって伝播する。さらに地域が濃厚汚染地帯になると空気伝播もおこり、陸上で60km、海上では250kmも風によって運ばれたとの報告もある。潜伏期間は牛、豚、めん羊でそれぞれ6.2日、10.6日、9.0日である。発病動物には口の周囲、舌、蹄部に水疱が見られる。致死率は幼畜では50%をこえるが、成畜では数%である。しかし、成畜でも採食障害や歩行障害によって著しく生産性が低下する。感染反芻獣の中には回復後に食道や咽頭部で常にウイルスが増殖するキャリアー化が起こることもある。キャリアーは感染源になる。牛では最長2年半におよぶキャリアーの報告がある。豚はキャリアー化はしないが、潜伏期間が牛よりも長くその間にのウイルスが排泄され、感染後のウイルス排泄量が牛より100倍〜2000倍多い。このため豚に口蹄疫が浸入するとその撲滅は非常に困難になる。 3.被害発生  1997年の時点で、長年口蹄疫の発生のない国は、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、カナダ、スウェーデン、ノルウェー及びその他の数カ国にすぎない。しかし、わが国でも2000年3月25日宮崎県の和牛肥育農家で口蹄疫”疑似患畜”が確認された。また韓国でも3月20日に乳牛に口蹄疫が発生したことが報告された。 --->2000年3月、わが国の口蹄疫発生第一発見者、舛田利弘獣医師に畜産関係者として厚くお礼申し上げます(報道1、報道2)。 4.防除法  臨床症状は、診断の重要な決め手になるが、日本の疑似患畜の例では、鼻、口部のびらん、潰瘍に限定され、跛行(足をひきずる)などの典型的な症状を示さなかった。病原学的診断はウイルス抗原をELISAやCF法で検出し、またウイルス分離を行う。また補助的診断法として、RT-PCR法でウイルス遺伝子を検出する。抗体は液層競合ELISA法で検出する。防除には、わが国のような口蹄疫清浄国では感染動物摘発淘汰がまず第一の選択である。不活化ワクチンも海外で開発されているが、その使用法は限定的に行わなければならない。本病に治療法はない。本病が発生した場合、「海外悪性伝染病防疫要領」基づいて防疫が実行される。 5.参考文献  獣医感染症カラーアトラス  豚の呼吸器病対策へ  豚の呼吸器感染症の特徴へ  豚の病気へ -------------------------------------------------------------------------------- ウイルスアフリカ豚コレラ(African swine fever) 豚の呼吸器病対策へ  豚の呼吸器感染症の特徴へ  豚の病気へ 2. 不思議なウイルスアフリカ豚コレラとそれによる病気(30分) ○坂本 研一  アフリカ豚コレラウイルスの特徴で他に類を見ないところが、およそ3点ある。  1)分類学上の位置が未確定であること。現在の最も新しいウイルス分類学のテキストでは分類上の科が存在せず、属のみがAfrican SwineFever virus like Genusと規定され、その属には今のところ本ウイルスのみが分類されている。以前には、このウイルスはイリドウイルスに分類され、その後にポックスウイルスに分類されそうになった経緯がある。他のウイルスでも分類の不明なウイルスがあるが、多くの場合新しいウイルスであったり、属が独立して科になったものや新しい科が設けられその中にいくつかのウイルスが分類されるのが殆どである。しかし、1921年にモントゴメリーよりアフリカで見出されたこのウイルスは発見されてから長い歴史を有するが、未だ分類がはっきりしないのは極めて興味深い。  2)1)にも一部関連するところではあるが、自然界においては、本ウイルスは豚(イボイノシシ等も含む)の単球・マクロファージ系の細胞とオルニトドロスというダニの細胞にのみ感染する。これは推測ではあるが、このウイルスは本来、ダニのウイルスであり、それが長い時間をかけて野生動物であるイボイノシシなどの野猪に対して感染能力(イボイノシシには不顕性感染を示す)を獲得したものと考えられる。そこに人間が家畜としての豚を導入することによりアフリカ豚コレラという致死率100%の病気が生まれた。この時点では、本病は、現在エボラウイルス等でいわれるところのエマージングウイルスに相当する。本ウイルスのターゲットがどうして豚なのか、どうして単球・マクロファージ系の細胞なのか判らない点が多い。今後の研究のアプローチとして、ベクター(ダニ)の側からの解析が必要であると考えられる。  3)宿主免疫系との関係では、宿主は本ウイルスに対する中和抗体を産生しない。言い換えれば、宿主は本ウイルスに対する抗体をよく産生するがどの抗体もこのウイルスを中和できない。この様な現象にもかかわらず、過去にスペインにおいて弱毒化したウイルスを生ワクチンとして大規模に用いて豚が発病する事故が起きた。感染宿主が中和抗体を産生できない現象についてのメカニズムはいまだよくわかっていない。このような理由から、この病気に対してワクチンが開発できていない。発生国であったスペインではEU等から多大の資金援助を受け1995年12月に本病を撲滅することに成功した。  ここでは、口蹄疫とともに恐れられているアフリカ豚コレラの病気とその診断法、さらに日本における本病の取り組みを説明するとともに、本病のワールド・リファレンスセンターであるスペインの家畜衛生研所を紹介する。    豚の呼吸器病対策へ  豚の呼吸器感染症の特徴へ  豚の病気へ -------------------------------------------------------------------------------- Porcine Parvovirus Infection;PPV、豚パルボウイルス感染症    豚の呼吸器病対策へ  豚の呼吸器感染症の特徴へ  豚の病気へ  豚パルボウイルス(PPV)に対する豚の感受性は極めて高い。妊娠豚が感染すると異常産をおこすので畜産上問題となる。妊娠していない豚ではすべて不顕性感染で何の障害もおこらないとされてきたが、最近、離乳後多臓器消耗症候群(PMWS)において、豚サーコウイルス2型(PCV-2)との混合感染におけるPPVの役割が注目されている。 1.原因  豚パルボウイルス、Parvoviridae、熱に対して強く、60℃2時間でも不活化されない。エーテル、クロロフォルム、トリプシン、胆汁酸塩、酸(pH2.8)に抵抗性、豚以外の動物には感染しない。感染細胞には好酸性核内封入体形成、培養液中に赤血球凝集素産生(モルモット、初生ヒナ、ラット、マウス、馬、豚などのPBCを凝集) 2.症状・病変 1)異常産  豚が感染するとほとんど全ての臓器でウイルス増殖が起こり、ウイルス血症となる。妊娠豚の場合、ウイルスは胎盤・胎子感染を起こし、胎子が死亡する。死亡胎子はすぐには娩出されず、分娩予定日前後に娩出される(流産の経過をとることはまれである)。母豚は何の異常も示さない。異常子の内訳は、ミイラ化胎子、黒子、白子、異常初生子など多種多様で、異常子と正常子を同時に娩出するケースが多い。異常初生子は生後間もなく死亡するが、その症状は起立不能や虚弱であり、けいれん、ふるえ、旋回、麻痺などの神経症状は見られない。 特徴的病理組織変化  死産胎子の脳組織に特徴的病理所見が見られる。脳実質および軟膜に分布する血管の周囲に小円形細胞が増殖して細胞套を形成する(血管周囲性細胞套形成)。神経膠細胞(グリア細胞)の増殖と神経細胞の退行変性はきわめて軽度。 3.診断 抗体検査;HIテスト(感染豚で160〜40,960倍、平均2,560倍)、中和試験、ELISA ウイルスの証明;ウイルス分離・同定、PCR、免疫化学染色 日本脳炎(JE) との類症鑑別; 1)JEでは異常初生子に神経症状(けいれん、ふるえ、旋回、麻痺)が見られる。 2)JEでは死産胎子あるいは異常初生豚の非化膿性脳炎像/神経細胞の細胞の強度の退行変性(類壊死、壊死)、グリア細胞のびまん性増殖と結節形成、リンパ球、形質細胞および少数の多形核白血球からなる囲管性細胞套形成。 3)発生時期や病状などではほとんど区別できない。 豚の呼吸器病対策へ  豚の呼吸器感染症の特徴へ  豚の病気へ -------------------------------------------------------------------------------- 日本脳炎;Japanese Encephalitis  日本脳炎ウイルス(JEV)に対する豚の感受性は極めて高いが、ほとんどは不顕性感染である。豚はJEVの増幅動物として公衆衛生上問題となるが、畜産上問題となるのはJEVによる繁殖豚の異常産と種雄豚の造精機能障害である。JEVを媒介するのは主としてコガタアカイエカで、有毒蚊の吸血で豚は感染する。感染種雄の精液を介した雌豚への感染は証明されているが、一般に豚から豚へのウイルス伝播はないと考えて良い。 1.原因  JEVはTogaviridae、Flavivirusに属する。熱に対して弱く、56℃30分で不活化、pH<5及びpH>10で速やかに不活化、エーテル、クロロホルム、胆汁酸、トリプシン感受性、ニワトリヒナ、ガチョウのRBC凝集、感受性動物はほ乳類、鳥類、は虫類まで幅広いが不顕性感染が多い。哺乳マウスが感受性が高い。 2.症状・病変 1)異常産  有毒蚊の吸血により体内に侵入したウイルスは内蔵で増殖しウイルス血症をおこす。この段階では軽い発熱が起こる程度で、一般にはほとんど障害は起こらない。妊娠豚の場合、ウイルスは胎盤・胎子感染を起こし、胎子が死亡する。母豚は異常も示さないことが多い。妊娠90日以内に死亡胎子を娩出する流産の経過を取る場合や、予定日をすぎても分娩しない長期在胎の経過を取る場合もあるが、分娩予定日前後に異常子を娩出する例が圧倒的に多い。普通いろいろな所見を示す子豚が娩出される。異常子の内訳は、ミイラ化胎子、皮膚や内蔵が汚い暗褐色を呈している黒子、脳水腫のあるもの、皮下に出血や血様膠様浸潤がみられるもの、白子など多種多様で、これらが混在して出てくることが多い。感染しても胎内で死亡せずに分娩され、生後間もなく死亡する例もみられる。これらの豚は死亡前にけいれん、ふるえ、旋回、麻痺などの神経症状をしめす。 特徴的病理組織変化  死産胎子あるいは異常初生豚の非化膿性脳炎像として、神経細胞の細胞の強度の退行変性(類壊死、壊死)、グリア細胞のびまん性増殖と結節形成、リンパ球、形質細胞および少数の多形核白血球からなる囲管性細胞套形成が観察される。激しい退行変性はしばしば広範な軟化巣を形成し、小出血を伴うこともある。 2)造精機能障害  雄豚が感染すると、流血中のウイルスが精巣や精巣上体で増殖し、造精機能障害が起こる。 3.診断 抗体検査;HIテスト、ELISA ウイルス証明;ウイルス分離・同定、PCR、免疫化学染色 豚の呼吸器病対策へ  豚の呼吸器感染症の特徴へ  豚の病気へ --------------------------------------------------------------------------------
ニックネーム りぼん。パパ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豚の病気の症状

豚の病気の症状 参照:病性鑑定マニュアル第2版、農林水産省畜産局監修 (豚の病気へ戻る) 生存率の異常<急死または高い死亡率> 呼吸器系の異常<呼吸促迫または呼吸困難> <呼吸器官異常> 消化器系の異常<哺乳停止> <下痢> 神経系の異常<神経症状> 運動器官の異常<跛行> <関節部腫脹> <起立不能> <後躯麻痺> 生殖器系の異常<異常産> 体表・外貌等の異常<紫赤斑;チアノーゼ> <菱形丘疹> <膿瘍>           <鼻曲がり・顔面変形> <浮腫> <紫斑、丘疹、痂皮> 特定の症状無し<サイレント?> -------------------------------------------------------------------------------- 生存率の異常 もどる 急死または高い死亡率 疾病 特定の症状 豚コレラ 高熟,一般症状の悪化,結膜・眼瞼の分泌物付着,便秘後下痢,後躯麻簿.四肢痙攣,体表の紫斑(特に下腹部・肢・耳翼) 豚の炭疽 (死体検査)肛門,鼻孔等の天然孔の出血及ぴ血液の凝固不全 豚サルモネラ症(敗血症型) 発熟,一般症状の悪化,体の未端・下腹部のチアノーゼ,黄灰自色水繊性の悪臭使,粘血便,脱水症状,可視粘険の蒼白 豚丹妻(敗血症型・じん麻疹型) 発熟,一般症状の悪化,紫赤斑(敗血症型),背部・臀部に淡紅色の菱形丘疹(しん麻疹型) 増殖性腸炎 タール様血便,貧血,発育遅延 浮腫病 一般症状の悪化,神経症状,運動失調,顔面の浮腫,呼吸困離 豚アクチノパチルス症Actinobacillus suis 幼豚の突然死,発熟,食欲不振,発咳,関節部の腫脹,成豚の皮膚紅斑,繁殖豚の流産 豚壊死性腸炎 水様性または血便を含む下痢 豚大腸菌症 灰色〜黄色水様性下痢,泥状便,哺乳停止,脱水症状,発育不良 豚レンサ球菌症(敗血症型) 発熟,呼吸困難,チアノーゼ -------------------------------------------------------------------------------- 呼吸器系の異常 もどる 呼吸促迫または呼吸困難 PRRS 発熟,死流産,眼瞼などの浮腫 豚インフルエンザ 発熟,発咳,嘔吐,軟便 PMWS 体重減少、黄疸、貧血、体表蒼白化 豚の炭疽(アンギナ型) 咽喉頭部の浮腫性腫脹,呼吸困難 豚胸膜肺炎 発熟,神経症状 豚パスツレラ症 発熟,一般症状の悪化,鼻汁漏出,流涙,発咳 豚マイコブラズマ肺炎 乾性の咳 トキソブラズマ病 発熟,発咳,耳翼・鼻端の紫赤斑,歩様蹌踉,起立不能 野兎病 子豚で発熟,発汗,呼吸困離,7〜10日目に死亡 呼吸器官異常もどる 萎縮性鼻炎 くしやみ,鼻汁,流涙,アイパッチ,鼻曲り,顔面の変形 -------------------------------------------------------------------------------- 消化器系の異常 もどる 哺乳停止 豚大腸菌症 灰色〜黄色水様性下痢,泥状便,哺乳停止,脱水症状,発育不良 下痢 もどる オーエスキー病 発熱,母豚の下痢,神経症状,ときに嘔吐 伝染性胃腸炎 水様性下痢,脱水症状,母豚泌乳低下 豚流行性下痢 黄色水様性の下痢,脱水症状,母豚の食欲減退,発熟,泌乳量の低下 豚ロタウイルス病 黄灰白色水様性下痢,脱水症状,ときに嘔吐 豚の炭疽(腸炎型) 嘔吐,下痢又は便秘,ときに血便 豚サルモネラ症(慢性型) 黄灰白色水犠性下痢,軽度の発熟,脱水症状,削痩,発育不良 豚赤痢 一般症状の悪化,粘血下痢使,灰黄色軟便・下痢,削痩,脱水症状 増殖性湯炎 タール様血使,貧血,発育遅延 豚壊死性腸炎 水様性又は血便を含む下痢,虚脱 豚大腸菌症 灰色〜黄色水様性下痢,泥状使,哺乳停止,脱水症状,発育不良 -------------------------------------------------------------------------------- 神経系の異常 もどる 神経症状 オーエスキー病 発熟,母豚の下痢,神経症状,ときに嘔吐 浮腫病 一般症状の悪化,神経症状,運動失調,顔面の浮腫,呼吸困離 豚胸膜肺炎 発熟,神経症状 豚レンサ球菌症(髄膜炎型) 発熟,神経症状 グレーサー病 発熟,嘔吐,一般症状の悪化.神経症状.関節炎 -------------------------------------------------------------------------------- 運動器官の異常 もどる 跛行 豚丹毒(関節炎型) 関節部の腫脹,発育遅延 豚アクチノマイセス・ピオゲネス症(コリネ) 四肢・躯幹の腫瘤,関節部の膿瘍,頭頚部の膿瘍,跛行 関節部の腫脹もどる 豚レンサ球菌症(関節炎型) 運動失調,関節部の膿瘍 起立不能もどる 豚パルボウイルス病 白子・黒子・ミイラ胎子等の死産子,総産子数の減少,産子の虚弱 トキソプラズマ病 発熟,発咳.耳翼・鼻端の紫赤斑.歩様蹌踉,起立不能 後躯麻痺もどる 豚コレラ 高熟,一般症状の悪化,結膜・眼瞼の分泌物付着,便秘後下痢,後躯麻簿.四肢痙攣,体表の紫斑(特に下腹部・肢・耳翼) -------------------------------------------------------------------------------- 生殖器系の異常 もどる 異常産 豚日本脳炎 子豚に神経症状,白子・黒子・ミイラ胎子等の死産 オーエスキー病 発熟,母豚の下痢,神経症状,ときに嘔吐 PRRS 発熟,死流産,眼瞼などの浮腫 豚パルボウイルス病 白子・黒子・ミイラ胎子等の死産子,総産子数の減少,産子の虚弱 ブルセラ病 -------------------------------------------------------------------------------- 体表・外貌等の異常 もどる 紫赤斑;チアノーゼ 豚サルモネラ症(敗血症型) 発熟,一般症状の悪化.体の末端・下腹部のチアノーゼ,黄灰白色水様性の悪臭便,粘血使,脱水症状,可視粘膜の蒼白 豚丹毒(敗血症型) 発熟,一般症状の悪化(敗血症型) 豚レンサ球菌症(敗血症型) 発熱,呼吸困難,チアノーゼ トキソプラズマ病 発熱,発咳,耳翼・鼻端の紫赤斑,歩様蹌踉,起立不能 菱形丘疹もどる 豚丹妻(じん麻疹型) 背部・臀部に淡紅色の菱形丘疹 膿瘍もどる 豚アクチノマイセス・ピオゲネス症(コリネ) 四肢・躯幹の腫瘤,関節部部の膿瘍,頭頚部の膿瘍,跛行 豚レンサ球菌症(膿瘍型) 頭頚部の膿瘍 鼻曲がり・顔面変形もどる 萎縮性鼻炎 くしやみ,鼻汁,流涙,アイパッチ,鼻由り,顔面の変形 浮腫もどる 浮腫病 一般症状の悪化,神経症状,運動失調,顔面の浮腫,呼吸困離 紫斑、丘疹、痂皮もどる 滲出性皮膚炎 元気消失,食欲不振,脱水症状, 表皮に脂性滲出物 豚アクチノパチルス症Actinobacillus suis 幼豚の突然死,発熟,食欲不振,発咳,関節部の腫脹,成豚の皮膚紅斑,繁殖豚の流産 豚の疥癬 激しい掻痒感,脱毛,痂皮形成 -------------------------------------------------------------------------------- 特定の症状無しもどる サイレント? 豚抗酸菌症 リンパ節の結節ないし膿瘍性病巣;多くはと場で発見
ニックネーム りぼん。パパ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豚の病気の症状

豚の病気の症状 参照:病性鑑定マニュアル第2版、農林水産省畜産局監修 (豚の病気へ戻る) 生存率の異常<急死または高い死亡率> 呼吸器系の異常<呼吸促迫または呼吸困難> <呼吸器官異常> 消化器系の異常<哺乳停止> <下痢> 神経系の異常<神経症状> 運動器官の異常<跛行> <関節部腫脹> <起立不能> <後躯麻痺> 生殖器系の異常<異常産> 体表・外貌等の異常<紫赤斑;チアノーゼ> <菱形丘疹> <膿瘍>           <鼻曲がり・顔面変形> <浮腫> <紫斑、丘疹、痂皮> 特定の症状無し<サイレント?> -------------------------------------------------------------------------------- 生存率の異常 もどる 急死または高い死亡率 疾病 特定の症状 豚コレラ 高熟,一般症状の悪化,結膜・眼瞼の分泌物付着,便秘後下痢,後躯麻簿.四肢痙攣,体表の紫斑(特に下腹部・肢・耳翼) 豚の炭疽 (死体検査)肛門,鼻孔等の天然孔の出血及ぴ血液の凝固不全 豚サルモネラ症(敗血症型) 発熟,一般症状の悪化,体の未端・下腹部のチアノーゼ,黄灰自色水繊性の悪臭使,粘血便,脱水症状,可視粘険の蒼白 豚丹妻(敗血症型・じん麻疹型) 発熟,一般症状の悪化,紫赤斑(敗血症型),背部・臀部に淡紅色の菱形丘疹(しん麻疹型) 増殖性腸炎 タール様血便,貧血,発育遅延 浮腫病 一般症状の悪化,神経症状,運動失調,顔面の浮腫,呼吸困離 豚アクチノパチルス症Actinobacillus suis 幼豚の突然死,発熟,食欲不振,発咳,関節部の腫脹,成豚の皮膚紅斑,繁殖豚の流産 豚壊死性腸炎 水様性または血便を含む下痢 豚大腸菌症 灰色〜黄色水様性下痢,泥状便,哺乳停止,脱水症状,発育不良 豚レンサ球菌症(敗血症型) 発熟,呼吸困難,チアノーゼ -------------------------------------------------------------------------------- 呼吸器系の異常 もどる 呼吸促迫または呼吸困難 PRRS 発熟,死流産,眼瞼などの浮腫 豚インフルエンザ 発熟,発咳,嘔吐,軟便 PMWS 体重減少、黄疸、貧血、体表蒼白化 豚の炭疽(アンギナ型) 咽喉頭部の浮腫性腫脹,呼吸困難 豚胸膜肺炎 発熟,神経症状 豚パスツレラ症 発熟,一般症状の悪化,鼻汁漏出,流涙,発咳 豚マイコブラズマ肺炎 乾性の咳 トキソブラズマ病 発熟,発咳,耳翼・鼻端の紫赤斑,歩様蹌踉,起立不能 野兎病 子豚で発熟,発汗,呼吸困離,7〜10日目に死亡 呼吸器官異常もどる 萎縮性鼻炎 くしやみ,鼻汁,流涙,アイパッチ,鼻曲り,顔面の変形 -------------------------------------------------------------------------------- 消化器系の異常 もどる 哺乳停止 豚大腸菌症 灰色〜黄色水様性下痢,泥状便,哺乳停止,脱水症状,発育不良 下痢 もどる オーエスキー病 発熱,母豚の下痢,神経症状,ときに嘔吐 伝染性胃腸炎 水様性下痢,脱水症状,母豚泌乳低下 豚流行性下痢 黄色水様性の下痢,脱水症状,母豚の食欲減退,発熟,泌乳量の低下 豚ロタウイルス病 黄灰白色水様性下痢,脱水症状,ときに嘔吐 豚の炭疽(腸炎型) 嘔吐,下痢又は便秘,ときに血便 豚サルモネラ症(慢性型) 黄灰白色水犠性下痢,軽度の発熟,脱水症状,削痩,発育不良 豚赤痢 一般症状の悪化,粘血下痢使,灰黄色軟便・下痢,削痩,脱水症状 増殖性湯炎 タール様血使,貧血,発育遅延 豚壊死性腸炎 水様性又は血便を含む下痢,虚脱 豚大腸菌症 灰色〜黄色水様性下痢,泥状使,哺乳停止,脱水症状,発育不良 -------------------------------------------------------------------------------- 神経系の異常 もどる 神経症状 オーエスキー病 発熟,母豚の下痢,神経症状,ときに嘔吐 浮腫病 一般症状の悪化,神経症状,運動失調,顔面の浮腫,呼吸困離 豚胸膜肺炎 発熟,神経症状 豚レンサ球菌症(髄膜炎型) 発熟,神経症状 グレーサー病 発熟,嘔吐,一般症状の悪化.神経症状.関節炎 -------------------------------------------------------------------------------- 運動器官の異常 もどる 跛行 豚丹毒(関節炎型) 関節部の腫脹,発育遅延 豚アクチノマイセス・ピオゲネス症(コリネ) 四肢・躯幹の腫瘤,関節部の膿瘍,頭頚部の膿瘍,跛行 関節部の腫脹もどる 豚レンサ球菌症(関節炎型) 運動失調,関節部の膿瘍 起立不能もどる 豚パルボウイルス病 白子・黒子・ミイラ胎子等の死産子,総産子数の減少,産子の虚弱 トキソプラズマ病 発熟,発咳.耳翼・鼻端の紫赤斑.歩様蹌踉,起立不能 後躯麻痺もどる 豚コレラ 高熟,一般症状の悪化,結膜・眼瞼の分泌物付着,便秘後下痢,後躯麻簿.四肢痙攣,体表の紫斑(特に下腹部・肢・耳翼) -------------------------------------------------------------------------------- 生殖器系の異常 もどる 異常産 豚日本脳炎 子豚に神経症状,白子・黒子・ミイラ胎子等の死産 オーエスキー病 発熟,母豚の下痢,神経症状,ときに嘔吐 PRRS 発熟,死流産,眼瞼などの浮腫 豚パルボウイルス病 白子・黒子・ミイラ胎子等の死産子,総産子数の減少,産子の虚弱 ブルセラ病 -------------------------------------------------------------------------------- 体表・外貌等の異常 もどる 紫赤斑;チアノーゼ 豚サルモネラ症(敗血症型) 発熟,一般症状の悪化.体の末端・下腹部のチアノーゼ,黄灰白色水様性の悪臭便,粘血使,脱水症状,可視粘膜の蒼白 豚丹毒(敗血症型) 発熟,一般症状の悪化(敗血症型) 豚レンサ球菌症(敗血症型) 発熱,呼吸困難,チアノーゼ トキソプラズマ病 発熱,発咳,耳翼・鼻端の紫赤斑,歩様蹌踉,起立不能 菱形丘疹もどる 豚丹妻(じん麻疹型) 背部・臀部に淡紅色の菱形丘疹 膿瘍もどる 豚アクチノマイセス・ピオゲネス症(コリネ) 四肢・躯幹の腫瘤,関節部部の膿瘍,頭頚部の膿瘍,跛行 豚レンサ球菌症(膿瘍型) 頭頚部の膿瘍 鼻曲がり・顔面変形もどる 萎縮性鼻炎 くしやみ,鼻汁,流涙,アイパッチ,鼻由り,顔面の変形 浮腫もどる 浮腫病 一般症状の悪化,神経症状,運動失調,顔面の浮腫,呼吸困離 紫斑、丘疹、痂皮もどる 滲出性皮膚炎 元気消失,食欲不振,脱水症状, 表皮に脂性滲出物 豚アクチノパチルス症Actinobacillus suis 幼豚の突然死,発熟,食欲不振,発咳,関節部の腫脹,成豚の皮膚紅斑,繁殖豚の流産 豚の疥癬 激しい掻痒感,脱毛,痂皮形成 -------------------------------------------------------------------------------- 特定の症状無しもどる サイレント? 豚抗酸菌症 リンパ節の結節ないし膿瘍性病巣;多くはと場で発見
ニックネーム りぼん。パパ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

ノーサン、ミニブタペレットについて。

飼料安全法関連省令の一部改正について(2006年) 北海道農政部酪農畜産課  飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令の一部が改正され、11月1日から牛、豚、鶏などの家畜に動物性たん白質(乳及び乳製品、卵及び卵製品、一部の魚粉等を除く。)を含む飼料の使用が禁止となりました。 違反した場合には、罰則が科せられます。 ■ 対象家畜  飼料安全法で定める動物で牛、豚、鶏、うずら、みつばち、ぶり、まだい、ぎんざけ、こい、うなぎ、にじます、あゆが対象です。 ■ 禁止される動物性たん白質の対象品目 肉骨粉、肉粉、臓器粉(胆汁末を含む)、骨粉(※1・2)、血粉、乾燥血しょう、その他の血液製品、加水分解たん白、蹄粉、角粉、皮粉、魚粉(※3)、羽毛粉、獣脂かす、第2リン酸カルシウム(※4)、ゼラチン・コラーゲン(※5)などです。 ※1 空気の流通下で1,000℃以上で骨を燃焼処理した骨灰は、使用できます。 ※2 空気を遮断して約800℃以上で8時間以上加熱して骨を炭化させた骨炭は、使用できます。 ※3 製造工場において、魚介類由来以外の動物性たん白質の製造工程と完全に分離された工程で製造された魚粉は、使用できます。 ※4 鉱物由来のものや生物由来のものであって脂肪及びたん白質を含まない第2リン酸カルシウムは、使用できます。 ※5 皮由来のものや一定の処理が行われたゼラチン・コラーゲンは、使用できます。 ■ 施行の期日 ○ 製造や出荷は、10月15日から禁止になりました。 ○ 販売、使用は、11月1日から禁止になります。 10/4〜10/14 10/15〜10/31 11/1〜 飼料の製造・出荷 ×(一時停止要請) ×(法的規制) ×(法的規制) 飼料の販売・農家での使用 ○ ○ ×(法的規制) ■ 罰 則 上記に違反した場合は、3年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金となります。 ■ 飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令の改正文   飼料に、ほ乳動物由来たん白質、家きん由来たん白質、魚介類由来たん白質を含んだり、用いたり、使用してはいけない。  1 「ほ乳動物由来たん白質」とは、次のものが除かれます。 (1) 乳及び乳製品 (2) 次のア又はイのいずれかに該当することについて農林水産大臣の確認を受けたゼラチン及びコラーゲン ア 皮に由来するものであって、皮以外に由来するたん白質の製造工程と完全に分離された工程において製造されたものであること。 イ 骨(頭骸骨及び椎骨を除く。)に由来するものであって、次の工程のすべてを経て処理されたものであること。(加圧下での洗浄、酸による脱灰、長期アルカリ処理、ろ過、138度で4秒間の殺菌処理) (3) その他農林水産大臣が指定するもの 2 「家きん由来たん白質」とは、次のものが除かれます。 (1) 卵及び卵製品 (2) その他農林水産大臣が指定するもの 3 「魚介類由来たん白質」とは、次のものが除かれます。 (1) ほ乳動物由来たん白質及び家きん類由来たん白質の製造工程と完全に分離された工程において、製造されたもの (2) その他農林水産大臣が指定するもの 旧パッケージのまま、飼料安全法に従い、成分変更をしてきましたが、日本農産は、下記のパッケージを在庫がなくなり次第変更します。 パッケージデザインが変更になりました 「モルビット」、「ラビットエース」、「ミニブタペレット」袋デザイン変更 拝啓 早春の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 弊社の小動物用飼料モルモット用「モルビット」、ウサギ用「ラビットエース」、ミニブタ用「ミニブタペレット」についてこの度、包材のデザインを変更することにしましたのでご案内申し上げます。 変更スケジュールについては旧包材の在庫がなくなり次第、3月以降順次となります。なお、内容・成分についてのパッケージ変更と同時に行う変更はございませんので従来どおりご使用ください。 敬具   - この記事は、2007年3月13日に編集・掲載されました。
ニックネーム りぼん。パパ at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンスクリット語に似ているチベット語です。

hata3DSC_0261.JPG チベット仏教文化の跡。お経の旗。 hata2DSC_0210.JPG hataDSC_0205.JPG サンスクリット語(古典ネパール語)が、北方のチベットに伝わり、チベット語になった。インドに南下して、パーリー語になりました。 tetudoDSC_0179.JPG 揺れるバス車内から、すれ違う青海西蔵鉄道を撮影する。大変、長い。16両編成らしい。 bunnseikouteiDSC_0226.JPG 文成皇帝の墓の碑文。ここで、皇帝と別れた奥方が、悲しみのあまり泣き続け、それが、トト河と言う大河になったそうである。トト河というのは、チベット最大の河です。チベットの永久凍土と氷河は、中国と東南アジアの水源です。メコンデルタへのメコン河ももちろん、中国大陸の大きな河の水源は、全部、ヒマラヤ山脈が、水源です。 チベット語、モンゴル語は、田舎の方言としては、残りますが、中国政府は、北京語で、統一すると言う事ですね。大体、大陸の標準時が、北京時刻なんで、夕方8時でも明るいですし、朝7時は、真っ暗です。中国のような、大きな国は、合衆国のように、地方時間がないと不便ですが、それを感じるのは、都会人だけ。。。遊牧民には、時計は、不要のようでした。
ニックネーム りぼん。パパ at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

キリ番、申告メールについて。(お願い)

25000番を踏んだ方からの申し出が、ありません。よって、かねてお知らせのとおり、ニアピン賞で、24996番から25005番の10名の方を対象に、キリ番プレゼントをしたいので、トップページの赤い郵便ポスト方メールボックスから、品物の郵送先をメールしてください。お願いします。MOMOKAさん、となりのぶうたさん。当初の記念品より、レベルダウンの粗品ですが、受け取ってやってくださいませ。 メール、お待ちしています。もちろん、自主申告で、該当ナンバーを踏まれた方、是非、ご申告くださいね。よろしくお願いします。
ニックネーム りぼん。パパ at 05:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資源が豊富。しかし、軍事優先の中国。

sioDSC_0406.JPG 茶カ(カラオケのカの字)塩湖で、採取できる塩です。塩の結晶の大きいことが、解かりますか?味は、マイルドで、とても良いです。ちょっと甘みを感じるような、良い塩でした。 gyoraiDSC_0346.JPG 青海湖は、現在は、観光地ですが、数年前までは、中国人民解放軍の訓練所でした。琵琶湖の8倍ある湖(塩水の湖です。)には、魚雷の実験基地がまだ、残っていました。現在は、使っていないので、もうすぐ、取り壊すと思われます。町の至るところに、看板は、ありませんが、軍事施設は、いっぱいあります。中国の軍事国家予算は、世界一、増大しているのです。
ニックネーム りぼん。パパ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

25,000番を、踏んだ方は、ご面倒でも、メールくださいね。

25,000番を、踏んだ方は、ご面倒でも、メールくださいね。 数日経っても、申し出が、無い場合は、ニアピン賞として、24996から25005番の10人の人に、何か、送ろうかと考えています。 数日待っても、キリ番申告が無く、ここで、締め切りを宣言したら、前後ニアピンの10人の方、粗品をお送りしますので、メールで申し出くださいませ。(あくまで、粗品です。期待しないでね。)
ニックネーム りぼん。パパ at 02:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

キリ番。ようやく、なりました。

2007.9.12.12:33現在25001番でした。25,000番の人。メールくださいね。待ってます。
ニックネーム りぼん。パパ at 12:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベット、いろいろ。

usiDSC_0327.JPG チベットでは、車も、人も、牛も、道路を自由に、歩いています。 patoDSC_0337.JPG 中国公安警察のパトカーです。公安警察は、とても、怖いです。民主警察では、ありませんから。。。 ennkoDSC_0416.JPG 古びた機関車、これ現役で、動いています。塩を運ぶのです。塩湖(チャカ塩湖を始めとして、大小約30箇所あります。)と言って、湖が、塩水どころか、塩、そのものなんです。砂のような塩が、深さ4mにわたり、湖を埋め尽くしています。これが、地中に入って、圧力がかかると、岩塩になりますが、地上なので、砂のようです。 sioDSC_0411.JPG 奥に見える白い山が、全部、塩です。海水を、集めて蒸発させる行為が、ヒマラヤ山脈の隆起運動と同時に、太古の時代に、起きたのでしょうね。チベットは、あまり知られていませんが、ガス田、石油、塩、貴金属など、資源がとても豊富です。まだ、未開発なんです。 okyouDSC_0384.JPG この5色の旗に、チベット語で、お経が印刷されています。風にたなびくと、お経を読んだことになるそうです。 この5色の旗は、日本仏教にも、ちゃんと、伝わっていて、般若心経の「五うん皆空」。。。。って、出てきますし、日本のお寺の幕もこの、5色です。庭にある灯篭も、5個の石で、出来ていますね。ちゃんと、伝わっているのが、すごいです。
ニックネーム りぼん。パパ at 00:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

高山病って?

高山病.bmp 高山病.xls 日本で、生活する限り、無縁の病気?ですよね。実際、現地では、毎日、観光客が、病院に、搬送されています。60歳以上の方は、高地順応が、遅いので、よく高山病になってしまいます。心肺トレーニングが、必要ですよね。
ニックネーム りぼん。パパ at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急性高山病を避けるには。。SpO2って?

SpO2_recommendation.jpg SpO2って、動脈の血中酸素飽和度のこと。平地では、90%以上あるのですが、チベットなど、高地へ、平地で生活順応している人間が、突然行くと、70%以下になってしまう。これを、急性高山病と言います。 これを、避けるには、高地の酸素濃度に、自分の体が慣れること。順応するには、3日間は、かかるでしょう。 急性高山病の特徴は、呼吸困難になること。すなわち、体がほしがる呼吸数と、いつも自分がしている呼吸数とが、合わなくて、脳が、適正呼吸数をコントロールできなくなり、呼吸器運動が麻痺する状態です。 突然、鼻血を噴出したり、意識不明になったり、計算など、脳の回転が悪くて出来なくなったりと、パニックになります。 地上で、出来ることは、負荷をかけ、心拍数を上げて運動して、元に、戻してと言うような、心臓や肺の機能を、フレキシブルに、順応しやすく訓練しておくことでしょう。 やはり、一気に高地へ行くことは、避け、時間を掛けて、その高地毎の呼吸法に合わせることですね。地上で、ラジオ体操の深呼吸を練習しておいて、現地で苦しくなったら、深呼吸を、体全体で運動するように、してみること。そのとき、充分、水分を採って、血液が、どろどろでないようにすること。夜は、短時間に、ぐっと、睡眠が取れるように、また、呼吸タイミングに、意識が強く入らないように、睡眠薬を使う方法もあります。
ニックネーム りぼん。パパ at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベット、その後。

massuguDSC_0237.JPG 沙漠の国道です。ほんとうに、ずっと、まっすぐなんです。何時間走っても。。。 kikannsyaDSC_0477.JPG 僕たちを、運んだ機関車です。 109DSC_0341.JPG チベット鉄道と平行して、走っている国道109号線です。8月だけど、雪です。もちろん、吹雪です。中国人は、たくましい!。吹雪でも、たくさんのトラックが、走ってます。うーん。8月で、吹雪ってすごいと思いませんか? nakutyuDSC_0491.JPG ナクチュと言う駅に、着きました。寒いです。ジャンパーを持って行きました。正解です。 yuubokuDSC_0370.JPG モンゴル族の遊牧民です。歩いて羊に、餌をやって、誘導していました。 yakuDSC_0483.JPG ナクチュから、山を降りてくると、吹雪から草原に変わり、ヤクが、放牧されていました。 gotaitoutiDSC_0616.JPG チベット仏教の特徴は、五体投地と言う礼拝方法にあります。子供たちも、聖地に向かい、五体投地をして、前進するのです。 kukouDSC_0677.JPG ラサの空港から、飛び立つ民間飛行機です。この次の飛行機が、僕たちの乗る飛行機でしたが、突然、ミグ戦闘機が、2機、スクランブルに飛び立ち、空港閉鎖され、1時間、民間機は、1機も離着陸できませんでした。ラサ空港は、軍事空港なんです。インドと中国との国境の空港ですから、中国空軍の拠点空港なんです。軍事施設が、たくさんあります。 menuDSC_0800.JPG ようやく、ラサを飛び立ち、ラサから、中国本土のハブ空港、西都へ。。1時間遅れなので、慌てて、上海便へ乗り換え。ギリギリセーフ。搭乗できました。危なかったです。上海へついて、ホテルへ。 ホテルのディナーです。特別メニューです。メニューに日にちが印刷してあります。結構、豪華です。上海は、都会ですね。 kinnkeikoDSC_0730.JPG ここが、泊まったホテルです。蘇州の金鶏湖と言う湖のほとりの金鶏大酒店と言う国賓館です。部屋は、広いです。我が家、1軒より、広いです。どれくらい、広いか? hotelDSC_0726.JPG この建物の右半分の2階全部が、僕1人の部屋でした。めちゃ、広すぎ。。。落ち着いて、とても寝られないよ。僕に、2泊用に用意された部屋は、1人なのに、4部屋続きの部屋でした。執務室とか、メイドさんの部屋とか、応接間とか、リビングが付いた部屋です。ベットだって、大人3人は、寝れます。そこに、一人寂しく寝ました。 魚釣台迎賓館より、広くて、りっぱです。このホテルは、ホテルの部屋をキープすると言うより、建物をキープする感じです。ですから、食事は、ルームサービスか、本館に、運転手付きゴルフカートで、食べに行くかしか、ありません。もちろん、ホテル内に、27ホールのゴルフ場付きなんです。馬鹿でかいホテルです。フロントで、ICカードキーを貰うと、部屋番号何番?ではなく、何号棟が、りぼん。パパさんのゲストハウスです。って、ビル1棟ごと、部屋割りと言うか、ビル割というか??中国って、スケールが、でかいねえ。。 kinnkeikoDSC_0730.JPG
ニックネーム りぼん。パパ at 05:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

チベット鉄道の後半。

chizuDSC_0386.JPG チベット鉄道の地図です。駅は、あるだけ。誰も、降りません。無人駅ばかりです。多分、降りても、生きていけないでしょうけど。。 kougenDSC_0456.JPG まわりは、8月、1ヶ月だけ、高原の緑があり、動物が集まります。9月からは、冬の始まりです。吹雪の毎日になるでしょう。 ressyaDSC_0273.JPG チベット鉄道の寝台車の列車です。途中の駅で、ホームから撮影しました。ドイツ製の車両で、広軌道ですから、新幹線と同じサイズです。ほとんど、揺れません。中国内陸の列車は、すごく揺れますけど。 kouroDSC_0682.JPG 中国の航空路の地図です。国内線のハブ空港は、成都です。中国のど真ん中。北京でも上海でもありません。成都で、乗り換えなんですね。 kusuriDSC_0550.JPG 高山病の薬です。医者の処方薬で、市販されていないようです。中国空軍で、戦闘機パイロットのために、開発された薬のようです。空軍軍医さんから、貰いました。 日本では、高山病の薬は、売ってません。 sanmyakuDSC_0493.JPG 万年雪や氷河のある山脈を、いくつも、越えて、列車は、ヒマラヤのふもとに向かって、走って行きます。 終点、ラサの駅に、到着です。夜の11時すぎです。長い列車の旅でした。 rasaDSC_0514.JPG ラサに、着いた途端、空気が薄くて、心臓が、あぶちます。
ニックネーム りぼん。パパ at 03:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴビ沙漠からチベット鉄道に乗る。

チベット鉄道に乗る駅まで、ゴビ沙漠を、600km、バスで走行しました。ゴビ沙漠は、地面が、硬い砂利です。砂漠では、ありません。 竜巻が、10本ほど、立ってました。1本だけ、写真に撮りました。 tatumakiDSC_0173.JPG ゴビ沙漠、南端で、唯一の道路脇の公衆トイレです。 toireDSC_0185.JPG 中国の青海省からチベット自治区に、入っていく、唯一の列車。青海・西蔵高原鉄道。中国の南端、蘭州から西寧、ゴルムドを越え、峠を越えるため、登って行きます。標高5,000mを走る高山列車です。1昼夜乗ってますので、食事は、食堂車です。 syokudousyaDSC_0434.JPG 気圧が、列車内でも低いので、日本から持ってきた、カップラーメンも、お菓子の真空パックも、はじけそうに膨らんでいます。 kiatuDSC_0360.JPG チベットでの、ごちそうは、チョウザメです。ロシアから輸入されているようです。ロシアとの交流も盛んです。地理的に、ロシア、アラブは、お隣の国ですから。。。 sameDSC_0247.JPG
ニックネーム りぼん。パパ at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

金の豚の年だから???

butahana001_edited0001.JPG 中国の蘇州国賓館の売店で売られていた、ブタさんの花束(造花)です。かわいかったけど、飛行機で、持って帰るのも。。。。一緒に旅行した人は、EMSで、別送品で、自宅送りしていたけど。。日本には、あまり、ぶたさんの花束って、見ませんよね。
ニックネーム りぼん。パパ at 20:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベットの着飾ったヤク。

ヤク.JPG 観光客相手に、モデルとして、着飾ったヤクを、貸してくれる。5中国元が、借り賃です。100円くらいでしょうか。月収1万円から3万円とのこと。観光料金は、高めですね。その他、貸し衣裳も5元。子羊も5元ですが、それぞれ、ひとり経営者なので、おつりは期待できません。ある人に、全部で15元なんて、支払ったら、10元は、チップになってしまいます。それぞれ、5元づつ支払わないとね。ただ、中国語は、もはや、通じません。チベット語の世界です。中国でも、異次元と言う感じです。
ニックネーム りぼん。パパ at 19:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国全土から蘭州を系由して、チベットラサへ。

DSC_02720001.JPG 蘭州からラサまでの列車に乗りました。コンロン山脈を越えるためです。標高5,000mから6,000mの山脈です。この列車は、航空機同様に、気圧を保つ、加圧装置と、酸素吸入設備が、乗客の人数分、ついています。ガイドさんの話ですと、ラサに着いてから、高山病にならないためにも、酸素に頼らず、低酸素状態に体を、慣らしてくださいとのことでした。鼻血が、出やすいので、鼻を強くかまないこと。鼻つまりが、起きるが、水をつけてやさしく掃除すること。できるだけ、大きな動き、過激な動きは、避けること、ただし、適当に、話をするなど、心臓を適宜動かすことなど、教えられました。 標高5,000mというのは、富士山より高い訳で、初めての経験です。 この、列車のサイドの看板は、途中、ホームに降りて撮影したものです。5,000mの高地では、撮影したら、さっさと、1気圧の車内に戻ってこないと、心臓の鼓動が、だんだん大きくなって来ます。結局、鼓動をたくさんにして、薄い酸素を何回も取り組み、体が、酸素を要求している感じです。 私は、中国とネパールの間に、大きな山脈や盆地が、3箇所もあるとは、ここに来るまで知りませんでした。また、盆地も、ゴビ沙漠の延長で、絶えず竜巻が、舞っていると言う風景でした。現在、平地の75%程度の酸素だそうですが、真冬は35%程度まで、下がるそうです。地吹雪状態のようで、地吹雪よけの柵が、あちこちにありました。
ニックネーム りぼん。パパ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベットのひとこま。

チベットの遊牧の様子。ヤク、羊、ばかりで、イスラム教の回族や、遊牧民族のモンゴル族が多いので、移動に不向きな豚は、居ない。また、回族は、豚を食べない。 DSC_0278.JPG チベット自治区、ラサの世界遺産、ポタラ宮。ダライ・ラマ6世以降のお墓を建物で覆ったもの。お墓は、金箔が貼られている。チベット仏教は、中国語の蔑称で、ラマ教とも呼ばれる。活仏(ミイラ化した僧=ラマ)を崇拝することから、こう言われる。原始仏教の資料が少ない今、もっとも、サンスクリット語(原始仏教経典)を最初に翻訳したチベット語の経典は、釈迦の思想を勉強するのに、役立つ。現在も、チベット語の経典の版木が残っている。ポタラ.JPG
ニックネーム りぼん。パパ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする